鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カルガモとペアになったオシドリ♪

水の張られた水田に、2羽のカルガモと一緒に♂のオシドリが入っているという情報を
あかはらさんからいただいたのは4月の中頃でした。
飛んでいくときもカルガモと一緒だったそうです。

その話を聞いて、とっさに思ったのは、

『あの子』に違いない!


初めは2羽いたカルガモが1羽になり、このところはオシドリとカルガモがペアで行動しているそうです。
昨日はオシドリがカルガモを追いかけているところを目撃したとか。

期待して出かけても、タイミングが悪く、なかなか会えなかったのですが…
今朝、2羽寄り添って、仲良く餌をついばんでいる姿を
やっと確認することができました♪


オシドリとカルガモ

オシドリとカルガモ

オシドリとカルガモ

オシドリとカルガモ



このあとの展開が非常に気になりますね~~~!
<`~´>
うまいことヒナが生まれたりするのだろうか。。。。?
確認のしようもないけれど。

ともあれ、貴重な情報をお寄せくださったあかはらさんに感謝!





★おまけ★

私が『あの子』に違いないと思ったわけは。

   ↓  ↓  ↓


“オシドリの恋”(2007,3/12)⇒ http://blogs.dion.ne.jp/akasyo/archives/5247810.html


“カルガモの仲間になった(?)オシドリ”(2007,12/28)⇒http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-246.html

“カルガモの仲間になったオシドリに再会”(2008,9/28)⇒http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-455.html

  

スポンサーサイト

PageTop

久しぶりの鳥見♪

しばらく更新をさぼっていました(^_^;)
というか・・・

朝、鳥見の時間をとることがまったくできなくなってしまいました(涙)


今日は午後からちょっとだけ時間を取ることができたので、
久しぶりに近場をまわって、タゲリやケリを見てきました♪

タゲリ

タゲリ

タゲリ


ゲリ


まだ当分の間は、バタバタした日が続く予定なので…
次に鳥見に行けるのはいつになることやら・・・(;_;)

PageTop

ハヤブサの朝ごはん

鉄塔の棚部分になにやら黒いかたまり。。。
車の中から双眼鏡で覗いてみる…なんとなくハヤブサっぽいなぁ。

車から降りてスコープで覗いたら…やっぱりハヤブサ。
しかも、後ろ向きでよくは見えないけれど、なにやら獲物を抑え込んでいて、
さかんに羽をむしっているようでした。

ハヤブサ

獲物の黒い尾羽が見えていて…なんだかカラスのようでもあるし…それとも、やっぱりドバトか?
下からでは見えないのでどうしようもないけれど…

なにはともあれ、お食事中のハヤブサを見られたのはかなりラッキーでした♪

ハヤブサ

ハヤブサ

ハヤブサ

ハヤブサ

ハヤブサ

PageTop

波と戯れるミユビシギ♪

波打ち際近くの細い杭でミサゴが魚を食べていました。
もう残りも少なくなっていたので、飛ばれてしまうのを覚悟で少しずつ距離を詰めていたら…

ミサゴ

やはり100メートルほどで飛ばれてしまいました。


どこかにミユビシギの群れでもいないかと、スコープで海岸線をチェックしてみたら……ビンゴ。

30羽ほどのミユビシギの群れが
波と戯れるように走り回っているのを見つけました。ラッキー♪

ミユビシギ


少しでも近付こうとするのですが…
群れは波間を縫うように駆ける駆ける。
とてもじゃないけど追いつけません(^_^;)


ミユビシギ

群れは見る間に遠ざかってしまって…

ミユビシギ

数分後には、一斉に飛びたち、そのまま沖へ飛んでしまったようです。
うーん、、、ちょっと残念。。。

PageTop

シロチドリの群れ

魚を探して海岸線に沿って飛んでいるミサゴを眺めていました。
同時に3羽も飛んでいると、あっちこっちへ目が行くし、
飛び込む態勢をとるミサゴがいれば、そちらに集中するのですが…

今朝のミサゴは海面寸前で飛び込むのをやめたり、飛び込んでも空振りだったりと成果はいまいち。
結局そのまま1羽は沖合に、あとの2羽は北と南へ飛び去ってしまい…

一応見える範囲の海岸ををチェックしてからフィールドを変えることにして…
スコープで丁寧に砂浜を探してみました。

と、70メートルほど先にシロチドリを1羽発見。数メートル離れたところにもう1羽♪
だいたいの位置を頭に入れて砂浜を歩き、
目印にした防砂ネットの先まで歩いてみたら、体を丸めた片足立ちのシロチドリを見つけました♪

砂浜を目でたどれば…今歩いてきた途中にも点々と片足立ちのシロチドリが。。。
まったく見えてなかった(^_^;)

数えてみたら全部で11羽の群れでした。

みんなが片足ケンケンで一斉に動きだしたり、
翼を伸ばしてくつろいだ様子の子が、突進してきた別のシロチドリをぴょんとジャンプしてやりすごしたり、
小さなつぶやき声で鳴き交わしていたり、とびっきりにキュートです♪

シロチドリ♂

シロチドリ♀

あんまり可愛いので、そのまましばらく眺めていたのですが…
そのとき、沖合から1羽のミサゴが近づいてきたのです。

どうやら餌場を変えるつもりらしく、砂浜に向かって飛んできたのですが…
ミサゴが砂浜の上にさしかかったと思った瞬間に、シロチドリの群れは、
パニックを起こしたように左右にに分かれて慌ただしく飛び去ってしまいました(^_^;)

相手が魚しか食べないミサゴでも…やはり、猛禽にはすばやく反応するのですね~

PageTop

整列したトビ

当地は海に近いので、群れになったトビを見かけることはよくあるのですが…

こんなふうに整然と並んでいるってのは…(?_?)


トビ


確かに壮観ではあるのだけど…

なんだかねぇ~~~(;一_一)

PageTop

オオタカ若鳥

堰の後ろの山にオオタカ若鳥が止まっていました♪
対岸のオオタカからは私の姿は丸見えで…
隠れるところもまったくない状態なので…飛ばれてしまうのは必至と思いつつ、

それでも少しでも近くから撮りたいと思ったのですけれど…


オオタカ若

このあたりで限界。
やっぱり逃げられてしまいました(^_^;)

それも…悔しいことに…ほんの数メートル飛んだだけで…
木の奥に入り込んで身を隠してしまうのですから…(いかにもオオタカらしいです)

トリミングで。。。(^_^;)

オオタカ若

PageTop

イカルチドリ

せっかく見つけたケリに飛ばれてしまったので、あきらめて川沿いを歩いていました。
河原にはイカルチドリが1羽入っていました。

イカルチドリ

イカルチドリ

もしかしてまだいるかも?と、
葦の間をチェックしながらタマシギを探していたら…
久しぶりにクサシギを近くで見ることができました。

タマシギはどうしても見つからず…(^_^;)

PageTop

チョウゲンボウ

田園地帯の中の広い道路を走っているとき、
田んぼの上をヒラヒラ飛ぶチョウゲンボウが目に入りました♪

車を止めてチョウゲンボウの姿を双眼鏡で追いかけていたら、
300メートルほど離れたあたりで木の枝に止まるのを確認。
わーい、ラッキーとばかりにUターンして近くまで移動して…

生け垣に身を隠しながらかなり近づくことができたのですが…
相手に気付かれないということは、私からもいまいち見えにくいわけなのでした(^_^;)

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

肝心の顔が隠れてしまうので…
せめてもう少し、と身を乗り出した途端に飛ばれてしまいました(>_<)

PageTop

ハヤブサ

車を止めて鉄塔をチェックしても、ハヤブサは見えず…
ちょっとがっかりしつつも一応そばまで行って、もう一度チェックと思い…

車からおりたところで、なんともタイミングよく前方からハヤブサが飛んできました♪
建物の陰に入って見えなくなってしまったけれど、きっと鉄塔のどこかに止ったはず。

果たして。。。。

肉眼ではただのでっぱりにしか見えなかったけれど、確かにハヤブサは止まっていました。
でも・・・これではねぇ~(^_^;)

ハヤブサ


もしかして餌を捕まえてきた?…と思っていると、
ひらりと止まり場を変えて、もっと奥の方へ。餌を食べにきたのではなかったようです。

ハヤブサ


道路側へ回って行こうか、ここで見ていようかとしばし迷いましたが…
(100メートル以上も迂回していかなければならないので)
横着を決め込み、そのまま鉄塔の下に潜り込むように草地を入ってみました。

うふふ、けっこう近~~い♪

が・・・いくら近くても、
ほぼ真下からなので、仰角がめいっぱい、スコープもふらふらと安定しません。(^_^;)

ハヤブサ


そこでハヤブサはさらに数メートル移動して、もう頭と尾羽しか見えない状態になってしまいました。

ハヤブサ

そのままここに止まっていてくれることを願いつつ、道路の方に行こうとしたとき…

ハヤブサをかすめるように飛んできたハシボソガラスに反応して、飛んでしまいました(涙)

あきらめきれないので、道路側に廻り、ハヤブサが戻るのをしばらく待ったけれど…
ボソが1羽、また1羽と集まり始め、鉄塔の上にはついに6羽のボソが集合。
やかましく鳴き始めるに至って、もう戻ってくる可能性はなくなりました。うーん、残念。(>_<)

PageTop

セグロセキレイ

たっぷりと雨が降ったあとの草地が湿地のようになっていて、
その中でセグロセキレイが餌を採っていました。

ハクセキレイとツーショットを狙ってみたけれど、うまくいきませんでした(^_^;)

セグロセキレイ

セグロセキレイ


近くの枝にアオジ♂が止まりました。
地面にいるときはかなり地味なアオジが、とてもきれいに見える瞬間♪

アオジ♂

PageTop

アカハラ

落葉樹の枝にアカハラが止まっているのを見つけました。
どう動いても、ちょうど目のあたりが枝かぶり。(^_^;)

アカハラ

顔を動かしたときにかろうじて目が見えたのだけれど…

アカハラ


なかなか思うようにはいかないものです。

見えそうで見えないルリビタキに、今朝も翻弄されていると…
またも、どこからかアオバトの声が聞こえてくるのでした。 なんともどかしいこと…(^_^;)

PageTop

オオタカ見つけた♪

国道から脇道に入り、猛禽の止まりそうな木に注意しながらそろそろ走っていました。
しばらく走ったけれどあんまり期待できそうもないなぁと、途中でUターンしたとき…
ふと見上げた山の上に…なにやら黒い鳥影が……ん??

猛禽のような気がするので双眼鏡を向けてみると…
なんと、オオタカが止まっているではないですか~♪ 

オオタカ成鳥

民家の裏山という感じのところで、ちょっと距離はあったのですが光線がよかったのでラッキーでした。
それでも、少しでも近くから撮りたくて道を回りこんだり坂道を上がってみたりじたばたしたけれど…

どうしても死角になってしまって、、、これ以上近づくのは無理でした。


オオタカ成鳥

オオタカ成鳥

飛んでいってしまうまで、至福の時間は30分あまりも続いたのでした。ヽ(^。^)ノ


★おまけ★

伸びをしたところをちょっと拡大してみました。

オオタカ成鳥

PageTop

タゲリ

農道を車でゆっくりと流しながらタゲリを探していました。
10分ほどで運よくタゲリを見つけることができて…
今朝は5羽のタゲリが田んぼに散らばって採餌中でした。

うっかり車を降りてまた飛ばれてしまってはかなわないので…
車の中から。

タゲリ

タゲリ

タゲリ

先月見つけたときには3羽、一昨日は1羽だけ見ていたのですが…
今シーズンはいったい何羽のタゲリが来ているのでしょう。

次は、もう少したくさんの“貴婦人”に逢えるとよいのですけれど。

PageTop

トラツグミ

薄暗い林道の落ち葉の上に1羽の鳥が降りているのに気が付いて立ち止まったけれど…
ひょいと道の脇に飛んでしまった…と、思ったら、切られた太い枝に止まったのです。

せっかくそこに止まってくれたのだからと、急いでスコープを向けてみたら…
思いがけずそれがトラツグミだったので思わずにんまり♪
かろうじてシャッターを押したところで森の中に姿を消してしまいました。

トラツグミ



今朝は青いルリビタキをスコープではっきりと確認できたのが嬉しくて♪
いつも囀っていたのはこの方のようですが、次々と枝移りしてしまって撮ることはできませんでした。
別のポイントでは、『ヒッヒッヒ!』と鳴いているルリビタキの手前から『ゲゲッ…』と別のルリビタキが鳴くし、
そのすぐ近くで、さらに『ゲゲッ…』と別のルリビタキ。

けっこう個体数が多いようなので期待できそうな気が・・・



★おまけ★

サクラの枝でじっともの思う(?)コゲラ
こんなときでないと撮ることはできません。
 
コゲラ


バックの紅葉したハゼノキがアオサギの引き立て役になってくれたような…?

アオサギ

PageTop

クロジ

林道の、両側が杉林に囲まれて、道の両側に杉落ち葉が散り積もっていて…
当然実もたくさん落ちているのですが…
いつもここにさしかかる手前から、注意してスコープで確認するのを習慣にしています。

もちろん道路に出てきて採餌するクロジが目的で…
暗いし、せっかく出てきても、すぐに脇の草むらに入ってしまうことが多いのですが…


今朝はなんとかじっくりと見ることができました♪
大量のブレボケ画像の中に、かろうじて証拠写真になりそうなものが1枚だけ(^_^;)

かなりトホホな画像だけれど…
左がクロジ♂、右がアオジ♂

クロジとアオジ


おわかりでしょうか?

え、さっぱりわからん?・・・・・・こんな画像でスミマセ~~ン(^^ゞ



★今朝もルリビタキが囀っていました♪(姿は見えず…)

PageTop

バン幼鳥

しばらく通い詰めるつもりで、今朝もおなじフィールドへ行ったはいいけれど・・・
なんだか昨日とは打って変わって鳥の出がいまいち。。。(^_^;)

ルリビタキの声は2回ほど聞こえてきたものの・・・
やはり姿を現すことはないままで。。。なかなか思うようにはいかないものです・・・(>_<)


なんにも収穫がないままではいかにも悲しいので、川の方へ行ってみると・・・

河口にはコガモ、イカルチドリ、コサギ、アオサギ、イソシギ、ハクセキレイにセグロセキレイ。
海にはウミネコとセグロカモメ・・・またもちょっと寂しいかぎりで・・・


道路を渡ってみたら、葦の陰にバンの幼鳥がいました♪

バン幼鳥

PageTop

アオジ

家を出て、角を曲がった瞬間に、左前方から飛んで来る猛禽の姿をみとめ、
一時停止して注目していると・・・
それは、力強く素早い羽ばたきで餌場に向かう(?)ハヤブサでした♪

とても幸先がよい気がして、期待満々でフィールドに向かったのでしたが・・・


声は何度も聞こえてくるのだけれど、見えそうで見えないルリビタキ・・・(^_^;)
アオバトの声も聞こえてきたりして・・・
行きつ戻りつ、ルリビタキの声を追いかけて粘ってみたものの・・・

ついに時間切れになってしまいました。
しばらくは通いつめてみることにしましょうか。。。。


というわけで、、、
引き返す途中で出会った採餌中のアオジ♂

アオジ♂

PageTop

ミサゴの朝ごはん

隣の海岸から見たときにはミサゴの姿は見えず・・・
あーあ、今日も振られてしまったか、残念。。。

と思いつつ、駐車場に車を入れて杭の見える位置までくると・・・

たった今魚を運んできたばかりと思われるミサゴが、
体をバタつかせる魚を抑え込んでいるところでした。 ナイスタイミング♪

ミサゴ


うっかり近づいて飛ばれてしまっては元も子もないので、
海岸まで降りるのはやめて・・・ちょっと遠いけれどがまんがまん。

食べ始める前から観察ができたのは久しぶりかも~

魚の口先からガシガシとものすごい勢いで食べ始め・・・

ミサゴ

ほんの5分ほどで頭の部分を食べてしまい・・・

この分だと今日は完食するまで見届けることができるかもしれない(♪)と、
期待満々で観察を続けていました・・・

ミサゴ


30分ほど経ち、すでに魚の3分の2くらいまで食べ進んでいたのですが・・・
間の悪いことに、犬を連れた人が二人、海岸線をこちらに歩いてくるのです。。。(^_^;)

あ~~、やばっ・・・飛んでしまうなぁ・・・と思っていると、
やはりミサゴも食べるのをやめて視線をそちらに送っています。

ミサゴ


犬と人が100メートルくらいまで近づいたところで、
やっぱり飛んでいってしまいました(>_<)
(三脚を持ったまま歩いて近づいたら200メートルでも飛ばれてしまうけれど。。。)

なかなか完食まで見届けることはできないものですね~(^_^;)

ミサゴ

PageTop

ルリビタキの囀り

今シーズンはまだルリビタキに遭っていなかったので、久々のフィールドへ行ってみました…
毎年ルリビタキの声が聞こえてくるポイントあたりでしばらく立ち止まり耳を澄ませてみる。。。

やがて約束していたかのように『ヒッヒッヒッ・・・ゲゲッゲゲッ・・・』と声が聞こえてきて、
木立の間を移動している姿がちらりと見えるのですが・・・
やはりなかなか道路側へは出てきてくれません。

反対側の斜面林の中からは別のルリビタキの囀りが聞こえてきました♪
『チョリチョリチョ~ロリチョロリ♪・・・』

どこにいるのやらさっぱり把握できないものの、久しぶりに囀りを聞けたのが嬉しかった♪


そのうちに出てくることを期待して20分あまり粘ってみたけれど、
ついに目の前に出てくることはないまま、声は聞こえなくなってしまいました(涙)



撮れたのは遠くのミサゴと、やはり遠くのノスリだけでした・・・(^_^;)


ミサゴ

ノスリ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。