鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アカイロトリノフンダマシ

見つけてうれしいアカイロトリノフンダマシ。
今年もなんとか見つけることができました♪

毎年ほぼ同じ場所で、
ぜーったいいるはずだー、と目を皿のようにしてススキの葉裏を探してみると、
なぜかお約束のように付近にいるのです。
すっかり恒例になってしまいましたが。。。(^^ゞ

5ミリほどしかない、お気に入りの、小さな美しい蜘蛛♪

アカイロトリノフンダマシ

アカイロトリノフンダマシ

スポンサーサイト

PageTop

クモの子を散らす

雨がフィールドに出られない日が続きました(^_^;)
そろそろ孵る頃ではないかと気になるコチドリの様子を見に行ってみたら、
まだ・・・でした。
 
ヒナが孵るまでは、他のフィールドに行かれなくて。。。(^_^;)
ネタがないのも困りものなので、車はそのままに、海岸と反対側の道に入ってみました。

草の裏側に、灰色のボワーっとした綿のような塊がついているのに目を留めて、
これはいったいなんだろうと葉っぱに触れた瞬間、
ひゃぁ~~~!

クモの子を散らしちゃった(^_^;)
小さなクモの子が一斉にパーッと広がったではないですか。あぁ、びっくりしたー!

クモの子の広がりが一段落して、ふと少し奥まったところに見つけたずんぐりむっくりさん。
ふっふっふっ。。。オジロアシナガゾウムシ見っけ~♪

オジロアシナガゾウムシ

(死んだ振りが得意なゾウムシなので)いつものように遊んじゃおうかな、と思った瞬間、
ポロリと身投げされてしまいました。。。(^^ゞ
 

PageTop

林道散歩

久しぶりの林道散歩…
冬鳥はだいぶ数が減ってきたようでしたが、
まだ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、アオジ、シメなどは残っていました。

シメの嘴はすっかり夏の装いで、鉛色に変化していましたし、
キセキレイの喉も黒くなっていました♪

鳥の写真がまったく撮れなかったので、
途中で見かけた花をいくつかアップしてみました。


クロモジ

サルトリイバラ

ミツバアケビ

ツルカノコソウ

キブシ

ニワトコ

PageTop

陽だまりの赤とんぼ

里山の陽だまりを歩いていて、トンボを見つけました♪

赤とんぼ

降りてくるときにも、ほぼ同じ場所に、また赤とんぼ。
さっきのよりも全体が真っ赤です…種類が違うのか、雌雄の違いなのか・・・?
ご存知の方は教えてくださ~~い!

赤とんぼ


日陰の道で・・この道は以前来たような気がして。。もっと奥にはイズセンリョウがあったはず。
定かではなかったけれど、、、しばらく歩くと、やっぱりありました♪ 

イズセンリョウ(やぶこうじ科) 雌雄異株
イズセンリョウ

滝の上のモミジ。色づきはまだいまいちだけど・・・(^_^;) 
地蔵堂の滝

PageTop

ビンズイ

林道を歩いていると・・・
降り敷いた落ち葉の中から、ひょいと脇の崖に小鳥が飛んだのを見つけ…
てっきりアオジだと思ってスコープを向けてみたらビンズイでした♪
とっさに1枚だけ撮れたので、すごくわかりにくいのですが。。。
眉斑の後ろの白いパッチが写っていたので無理やりアップしてみました(^_^;)

ビンズイ

シーズン初のビンズイだったので少々気をよくしていたのですが…
それから数時間後の我が家で・・・
外からアオジの声が聞こえてきたので、ガラス越しにちょっと庭をのぞいて見ると…

その鳥は・・・芝生の上を・・・歩いていました(!)
アオジが歩いてるわけないじゃん・・・と思いつつよく見たら・・・ビンズイだったのです。
我が家の初記録~♪

ビンズイは芝生の上を歩きながらミミズをつまみ出して食べていました。
正体がわかってから注意深く聞けば、アオジの声とは微妙に声質が違うような気がするけれど、
とてもよく似た地鳴きをするものだと思いました。


林道脇に咲いていたアズマヤマアザミに、なにやら幼虫らしきものがついていました。

アズマヤマアザミ

どうやらアカイラガの幼虫らしいのですが・・・はて。。。?

アカイラガ幼虫

美味フユイチゴ♪

フユイチゴ

PageTop

アサギマダラ

林道を車で移動中、アサギマダラがひらひら飛んでくるのを見つけました♪
あ、久しぶり~!
車を止めて眺めていると・・・止まり場所を物色しているような様子です。

どこから来て、どこへ行くのか…高いところでしばし翅を休めていました。

アサギマダラ

オトコエシが咲いていました。
ホトトギスは、まだやっと咲き始めたばかりです~
オトコエシホトトギス

メイゲツソウ(赤い花のイタドリ)の実とイタドリの実が仲良く並んでいました。
メイゲツソウの実イタドリの実

PageTop

ヘクソカズラツボミマルフシ

ヘクソカズラの虫こぶを見つけました♪
蕾がそのままふくらんで、先っぽのぽっちがなんともキュートです♪

ヘクソカズラツボミマルフシ

拡大したヘクソカズラツボミマルフシ

花もあるにはあったけれど、虫こぶのほうが多そうで・・・(^_^;)
いびつな形になってしまったものもありました。

いびつなものもあった

花冠は5裂のものばかりでしたが、縁に口紅を刷いたおしゃれな花もあった♪

普通のヘクソカズラおしゃれなヘクソカズラ(ちょっと拡大)


4裂から7裂まで、とっておきのヘクソカズラコレクションは⇒ここ


★おまけ★

突然そばの茂みでガサガサッ!と怪しい音・・・ん?? 音のするほうに目をやると・・・
カマキリの幼虫がバッタの幼虫にかぶりついていました。

カマキリお食事中

写真を撮っていると…カメラに気がついて食べるのをやめ、警戒し始めたみたい。
横取りなんかしませんってば(^m^)
前脚の内側に模様が見えました、、、この子はコカマキリの幼虫なのでしょうか?

カマキリ幼虫

PageTop

巨大な巻き物

野鳥の森の、探鳥道の入り口に巨大な巻き物が落ちていました。
長さは約9,5cm、画像はほぼ実物大です。葉っぱの種類は不明。

ひだを寄せて巻いてはいないので、オトシブミの仲間のものではなさそうですが…
くるくると丸めたうえで、両端と巻き終わりはきちんと糸で止めてありました。
蛾などの幼虫が、よく葉っぱを丸めた中に潜んでいたりしますけれど、
こんなにきっちりと巻いてあって、しかも巨大なものは初めて見ました。

開くのはちょっと気の毒だし、恐い気もするし。。。(^_^;)
中にいるのはいったい誰のお子様なんでしょう?
お心当たりのある方はぜひ教えてくださいねー!

巨大な巻き物

←階段を登りかけたところで久しぶりにヒバカリに遭遇しました♪
ここで会ったが100年目。逃げられないように尻尾を押さえ込んで。。。(^m^)
クリックで拡大します。
苦手な方はくれぐれもご注意を~(^^ゞ


頭上から、ハシブトガラスのヒナのなさけない声が聞こえてきました。
見上げた大木の上のほうに巣らしきものが見えたのでスコープを覗いてみると、
1羽のヒナの姿が見えました。ほぼ真下からなので見難いですが・・・(^_^;)
すぐ近くで鳴いていたホトトギスの♀の声に反応してきょろきょろしていました。

ハシブトガラスのヒナ

オオルリがよく囀っていたけれど、視界を遮られて姿が見えません(涙)

早くもマヤランが咲いていました♪

マヤラン

PageTop

待てば海路の日和あり

今朝もサンコウチョウを期待してゆっくりと林道を歩きました。
30分経ち、40分経ってもいっこうに声は聞こえてこない…
ヤブサメはどこで鳴いているのやらわからないし、時々聞こえるオオルリは遠いし…

うーん(;_;)今日はダメかも?と耳はダンボにしたまま虫探しモードで歩いていると…
道の脇の葉っぱになにげに鎮座していたハンミョウを発見♪
カメラを近づけて4センチでシャッターを切ってもまったく動かないのです。(??)

翅を多少動かすそぶりはするけれど…なぜか飛ばない。
横から撮ったり真上から撮ったり、もうちょっと下からと葉っぱを動かしてみたり…
今朝はけっこう寒かったので、それで飛べなかったのかもしれませんが、
面白がってハンミョウと遊んでいる私の耳に、突然サンコウチョウの囀りが飛び込んできました♪

声は沢の反対側、杉の斜面林の間から聞こえてきます。
その場でじっと目を凝らしていると…ひらりと身を翻して梢近くに一瞬止まった姿が見えました。
肉眼ではシルエットにしか見えなかったけれど紛れもなくサンコウチョウの♀。
双眼鏡を向ける暇も有らばこそ、声を頼りに目で追うのがせいいっぱいで、
やがて視界から消え…声は遠ざかっていきました。
結局姿を見られたのはたったの3回だけでしたが…

まぁ、今日のところは目視できただけ良しとしましょう。
ちょうど雨も降りだしてきたので、次に期待しつつ引き上げてきたのでした。


画像は、ひょうきんで…カラフルで…毛深いハンミョウ…(^m^)

ハンミョウ

ハンミョウ

ハンミョウ

ハンミョウ

PageTop

サンコウチョウとトラツグミのセッション♪

林道を歩き始めて数分、沢の流れの音に混じってサンコウチョウの明るい囀りが聞こえてきました♪
足を止めて耳を澄ます・・・次のカーブのあたりか・・・?
声はけっこう狭い範囲を飛び回っている感じで、沢を挟んだ杉の斜面林の間を縫って移動している様子がよくわかり、思わずドキドキしてしまいます。

いくら声が近くても…木々に遮られて、どうしてもその姿を見ることができないのはなんとももどかしいけれど…
少し遠ざかったと思うと、今度は反対側の斜面林から聞こえてくるのです。
うん、今度はあのあたりか…と声のするほうに目を凝らしていると…

手前の斜面の奥から、ひそやかなトラツグミの囀りが聞こえてくるではないですか(嬉)
去年トラツグミの囀りを別のフィールドで聞いたのは4月21日でしたから、渡去前に囀っているのだと思いましたが、
まさか、5月の末近くなってから囀りを聞けるとは思ってもいなかったのでびっくり。

しかも、遠くなったり近くなったりしながらもサンコウチョウはずーっと囀っていて、
その間トラツグミの声も断続的に聞こえていたのです。
両者のセッションは約30分も続き、私はその場に立ちつくして至福の時間を過ごしたのでした。
何年も通っているフィールドですが、こんなことは初めてです♪ヽ(^。^)ノ

満ち足りた気分で林道を引き返す途中、前方のモミジイチゴの枝にメジロが入るのが見えました。
スコープを向けてみたけれど葉っぱに隠れてさっぱり見えない(>_<)
そのうちに飛び去ってしまったので、結局イチゴを食べるところは見られませんでした。
が…その木の下の地面にはメジロが食べた痕跡がいっぱい♪

直径1センチ以上もあるモミジイチゴの実は、
メジロが一口食べた拍子に粒ごとほろりとこぼれてしまうようで…
あたりにはちぎれて落ちた粒がいっぱい落ちていたのでした。

こぼれたモミジイチゴ

ウツギの花が咲き始めていました♪
ウツギ

ウツギの花を(デジスコで)撮っていると、ヒラヒラ飛んできたアゲハチョウが、近くの木の葉に止まり翅を広げて日光浴の体勢になりました。
なにげなくスコープを向けて、ピントを合わせながら、このアゲハに尾状突起がないことに気づいたのです。 ナガサキアゲハでした♪ 

ナガサキアゲハ♂

目立った斑紋もないので♂と思いましたが、前翅の付け根近くに細く赤い斑紋が見えていました。ん??
帰ってから調べてみたら、『ときに♂にも赤い斑紋が出ることがある』という記述があって納得♪
ナガサキアゲハを見たのは2年ぶり2回目のことでした(嬉)

  ↓はナガサキアゲハ♀  2006年5月撮影

ナガサキアゲハ♀
   

PageTop

☆ピッカピッカの・・♪

毎年サンコウチョウが渡ってくるフィールドです…
まだ姿を見るのは無理だろうとは思いましたが、結局囀りも聞くことができなくて残念。

時折頭上から降ってくるオオルリの囀りと、
沢から湧き上がるヤブサメの囀りやカジカガエルのトレモロを聞きながら沢沿いの林道を往復。

葉っぱの上にピカピカのハンミョウ見っけ~♪

ハンミョウ

ハンミョウ

アジサイの葉っぱにいたアリがどうも怪しい・・・脚が8本あるような気がするがよく見えない(^_^;)
写真を撮ってみたら……やっぱりアリグモでした♪

美味しそうなモミジイチゴを見つけて食べてみる。。。じゅる。。♪  

アリグモ♂モミジイチゴ


サルナシの蕾がとても可愛かったので花が咲くのを待たずにアップしてみました。
この実も美味しいらしいですが、手の届くところにあったためしがないのです(^_^;)

サルナシの蕾

PageTop

カワラヒワ幼鳥♪

しばらくぶりにオオルリを見に行ったのですが…
遠くに囀りを聞くばかりで、なかなか姿を見ることができなかったので、
今朝のフィールドでの見つけものいろいろとアップしてみようと思います。

まずはカワラヒワの幼鳥。
竹のてっぺんで囀っているヤマガラ(遠くて写真はいまいちなので却下)を撮っていたとき
隣りにカワラヒワが止まりました。
スコープで見てみると、これが胸にまだ縦斑のある幼鳥だったのです♪
ついで、6~7羽のカワラヒワがバラバラと手前に飛んできて、2羽が柿の木に止まりました。
やったー、と急いで撮った1枚。すぐに飛んでしまったのでラッキーな1枚になりました♪

カワラヒワ幼鳥

田圃の端のほうにイチョウウキゴケがかたまっていて、今まではさほど注意もはらわなかったのですが、
近寄って覗き込んでみたら、なかなかきれいなものだったのちょっとびっくり。
千葉県のレッドデータでは、以前は最重要保護生物だったそうですが、
2004年版で、保護を要する植物に改定されたとか。水に浮く苔なんて変ってますね~

イチョウウキゴケ

よくわからないけど、もしかしたらシュレーゲルアオガエルのおたまじゃくしでしょうか??
2004年に見つけた幼体がこんな色で、噂ではおたまじゃくしも金色とか。。。
お気に入りのハンショウヅル(キンポウゲ科)も咲いていました♪

おたまじゃくしハンショウヅル


林道を少し先へ行くと、毎年オトシブミの揺籃が落ちているポイントがあります。今年もきれいな“落とし文”♪

オトシブミの揺籃

ヒメウズの実がぱかっと開いて種が飛び散ったあとのドライになったものをたくさん見かけました。
草の間を探してみたら、まだ青い風車のような実を見つけた~♪
千両小屋の脇にカラスビシャク(サトイモ科)が咲いていました。

ヒメウズの実カラスビシャク


今年は正統派のフタリシズカ(センリョウ科)を~・・・いつもは3人4人と探すのですけどね(笑)

フタリシズカ

キツネアザミ(キク科)
アザミに似ているがよく見るとどこかアザミと違うため、狐にだまされたようだという意味の名前だとか。

キツネアザミ

PageTop

ヤブサメ

沢沿いの林道を歩いていると、4~5メートル先の葉っぱが小さく揺れました。
ん?と見れば…横枝に小鳥が1羽。
薄暗いところでしたが、小さくてちょん切れたような短い尾羽とくっきり眉斑。
あ、ヤブサメ・・・♪
数秒間その枝に止まっていたヤブサメが、土手に下りてちょんちょんと移動してゆくのを目で追っていると、
あらら、そばにもう1羽いるではないですか~♪

聞きなれない地鳴きを初めて聞いたのですが、、、よく覚えていなくて再現ができません(>_<)
声が少し遠くなったかなぁと思うと同時に、かなり強い調子で『シシシシシシシシ』と一声囀って、
そのあと気配が消えました。もしかしてヤブサメの夫婦だったのかしらん?

杉の梢からはオオルリの囀り、沢からはカジカガエルの美声も響いてきます。
林道を往復したあとは、見通しのよいところから、サシバの姿を探してみたけれど…はずれ。。

画像は、ヒメウツギ(ユキノシタ科)とタニギキョウ(キキョウ科)
ヒメウツギタニギキョウ

ヒメコウゾ(クワ科)の花が咲いていました。
ヒメコウゾ

コナラの葉にオトシブミの揺籃ができていました。
細い枝の中ほどには、直径2センチほどの青りんご♪ ナラメリンゴフシ…かな?

オトシブミの揺籃ナラメリンゴフシ

PageTop

野鳥の森

アカハラの囀りを聞きながら探鳥道を登り、富士見展望台から平砂浦海岸を見下ろすと…
サーファーが8人海面に浮かんでいるのを見つけてびっくり。時計は6時をまわったばかりです~
波打ち際には釣り人も点々と…こちらは普通ですね~

帰り際の8時近くになると、すでにサーファーの数は100人ほどに増えていました。
6時のときにはベタ凪ぎだった海も、そこそこに波が立っていたみたいです。

去年はオオルリの初認日が12日だったので、ちょっとばかり期待もしていたのですが見つからず。
サシバにも会えなくて残念でしたが。。。
アカハラ、クロジ、アオジ、ツグミなどの冬鳥はまだ残っています。
さかんに囀っていたシジュウカラを撮ろうとするまで、カメラを忘れたことに気付かなくて…(>_<)

今日は携帯で撮った画像をアップしました(^_^;)



ニリンソウ
(キンポウゲ科)
シロバナタチツボスミレ
(スミレ科)
ホタルカズラ
(ムラサキ科)
キランソウ
(シソ科)

PageTop

野鳥の森で

久しぶりに歩いた野鳥の森で、早くもキブシの花が咲いていました♪
葉っぱはまだほとんどロゼットの状態でしたが、カントウタンポポも咲きかけていました。
朝はまだ開いていないことが多いのでちょっと残念。。。

キブシ

ヤマネコノメの絨毯の間には、可愛いヒメウズの花が風に揺れていました。
もう少しすると、おままごとの道具みたいな(ヤマネコノメの)種が見られるでしょう。(←これが楽しみなんですよね)

ヤマネコノメ

いつもの沢を見てみると・・・
バナナ型のトウキョウサンショウウオの卵のうが、すでに10個以上も産み付けられていました。

トウキョウサンショウウオの卵のう

緑の広場では、マヒワの群れが賑やかに鳴きかわす声が聞こえていましたが…
小さいので、なかなか姿を捉えることができなくて・・・
待って待って・・・・やっと♂がゲットできました♪

マヒワ♂

PageTop

山里のお散歩で…

車を止めたところの、土手にアキノキリンソウがたくさん生えているのにびっくり!
白いノギク(sp.)と黄色いアキノキリンソウが交じり合って咲く様は、なかなかでした。
2時間近くうろうろしていたけれど、アキノキリンソウがあったのはここだけでした。
めったに見かけない花になってしまいましたね。

ハダカホオズキ(ナス科)とツルウメモドキ(ニシキギ科)
ハダカホオズキツルウメモドキ
それぞれクリックで引いた画像に飛びます

サネカズラ
サネカズラ(マツブサ科)

オオタカやノスリが飛ぶのをよく見かけたり、この3月にはハギマシコに遭ったりした道なのですが、
鳥はちょっと期待はずれで…やっと見つけたジョウビタキ♀
昨シーズン♂を見かけたところでは、声はすれども姿は見えず。


ジョウビタキ♀

季節外れのホトケノザ(シソ科)に小さなアブが寄っていました。
ヒラタアブの仲間?

PageTop

野鳥の森で

ジョウビタキ、シロハラ、アオジ、クロジ、ノスリなどの冬鳥が渡ってきて…
まだオールメンバーが揃ったわけではないけれど、
森の中はけっこうにぎやかになってきました。


キビタキやアマツバメなど渡り途中の鳥たちも見られたし、久しぶりにイカルの声も聞けてちょっと嬉しいお散歩でした♪
水辺の森から天神山の斜面林に次々移動していたサルの群れを見かけました。
カクレミノの枝先を手元に引っ張って食べているサルがいたのですが、実を食べていたのかな…?

杉の梢に止まるノスリ
ノスリ

アキノキリンソウ(キク科)
アキノキリンソウ

コウヤボウキ
コウヤボウキ(キク科)
キッコウハグマ
キッコウハグマ(キク科)


飛んできたのを見なければ枯れ葉にしか見えないクロコノマチョウ。
翅がボロボロでした。
クロコノマチョウ

シシャモの卵のような胞子葉をいっぱいつけたフユノハナワラビ(ハナヤスリ科)
フユノハナワラビ胞子葉


PageTop

野鳥の森で

渡り途中のヒタキ類に会いたくて、ピーヒョロ展望台でしばらく待っていましたが…
カラスザンショウに寄ってくるのはメジロばかり(^_^;)
曇りだったせいか、比較的低いところを飛んでいたアマツバメが、ときおり頭の上を掠めるように飛ぶのが印象的だったものの、期待したヒタキ類はさっぱり出なくてがっくり。

どうもタイミングが悪そうなので、さっさと展望台を後にして探鳥道を一周。
池のところで、マヒワの群れに出会えたのが収穫だったと言えるかも~(^_^;)

鳥の写真がまったく撮れなかったので、探鳥道で見かけた花をいくつかアップしました。


ノササゲ

ノササゲの豆

ナンテンハギ

ヤブマメ

ノダケ

ホトトギス

PageTop

寄生バチに喰われたジャコウアゲハのサナギ

オオバウマノスズクサの実を見つけたフィールドで、道の反対側の笹の葉にジャコウアゲハのサナギを見つけていたのですが…
このサナギが待てど暮らせど羽化しないのです。
普通なら2週間程度で羽化するのに…すでに見つけてから一ヶ月(!)
いくらなんでもおかしいと思って、サナギをひっくり返してみたら…
ありゃりゃ!サナギは寄生バチに喰われてしまったようで、裏側には穴があいていて、アリが出入りしておりました(^_^;)
羽化した様子のないサナギ裏側に穴が~~!

実は、寄生バチの被害にあったジャコウアゲハのサナギを見たのは二度目なのです…
↓は、2004年7月25日の朝
テーブルに置いてあったジャコウアゲハのサナギの腹に穴があいていて、そばにこのハチがいたので身柄を確保しました。
アゲハヒメバチではないかと教えていただきましたが…今回も同じハチにやられたのかもしれません。
ビンに確保したハチテラスに放したところ


お目当てのオオバウマノスズクサの実は、まだ割れていなかったです。いったいいつになるやら・・・?


★おまけ★
流木に寄り添って・・・オブジェになりきり君のキアシシギ
キアシシギ


PageTop

オオケマイマイ

今年もオオケマイマイが見つかりました♪
ちょうど葉っぱを移動していたところを見つけたので、重みで垂れ下がった葉っぱをそっと持ち上げたら…
パッと身を投げて草むらに落下してしまいました(汗)

慌てて落ちたあたりを探して無事見つけたのですが、この子は去年見つけたオオケマイマイよりもだいぶ『薄毛』です。大きさは去年とほぼ同じく2センチほどですが…
裏側にはほとんど毛がありませんでした。
去年の子は裏側まで毛がフサフサしていたのですが…
単なる個体差なのか、それともなにか理由があってのことなのかはわかりません。

オオケマイマイ

オオケマイマイ

葉っぱの上に乗せて動き出すのを待ってみましたが…15分待っても動かず…
しからばと、そのまま放置して30分ほどたってから戻ってみたのですが…てこでも動かない頑固者でした(笑)


脇の藪から、聞いたことのない地鳴きが聞こえてきます。
カナで書けば『チャッチャッチャッ…』なのですが、ウグイスよりも澄んだかろやかな声でした。
しばらく声のする方を眺めていると、枝や草の茎が揺れる様子で場所がわかりました♪

あ、見えた~! 6メートルほど先の横枝に止まったのが見えたのでスコープを向けると…
薄い色の長く伸びた眉斑と、ちょん切れたように短い尾羽。
ヤブサメのような体型でしたが…眉斑が白くは見えなかったので、もしかしたらウグイスの幼鳥?? それともヤブサメの幼鳥??? うーむ。。。。??
結局正体がわからないまま、声も遠ざかってしまいました(^_^;)

コンクリートのベンチの上で・・・
腹をすっかり喰われてしまったカブトムシの♀が、残った前足をゆっくり左右に動かしているのを見てギョッとしました。
あたりには、クワガタの頭部が4個、大きなシロスジカミキリの翅、長い触角、さらに、カナブンの翅やら、甲虫の脚やらが散乱しています。
ベンチのそばには、たった一基だけ街路灯があります。
もしかして、ここはアオバズクのレストランだったりして…



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。