鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小雨の中のケリ

今シーズンはまだ出会えていないタゲリを探して、農道を流していました。
1時間ほど走り回って、結局タゲリは見つからなかったけれど…
7羽のケリを見つけました。車の中から無理やりです~(^_^;)

ケリ

ケリ

ケリ

スポンサーサイト

PageTop

伸び伸びチョウゲンボウ

鉄塔に止まったメスのチョウゲンボウ
ググ~~~っと伸びをしました。 あぁ、気持ち良さそ~~!
ほぼ真下から撮っている私は…かなり苦しい体勢でした(^_^;)

チョウゲンボウ♀

足まで伸ばして・・

雲の切れ目から一瞬朝陽が♪

チョウゲンボウ♀

チョウゲンボウ♀

PageTop

マテバシイとサルの群れ

サルの群れが近くにいるのは、その喧騒で把握していましたが…
マテバシイの樹間に出来た空間に陽があたっていて、
そこに赤ちゃんを抱いたママザルがいるのを見つけました。

子ザルもお食事

赤ちゃんの毛繕いをしていたようですが、どうも私の視線に気がついたらしくて枝の奥の方へ隠れてしまいました。

距離は80メートルほどでしょうか、かなり見上げる位置だったのですが…
日当たりのよい枝に代わる代わる違うサルが姿を見せるので面白くてそのままスコープで観察を続けていました。



子ザルも集まってきた

ときどきこちらをじーっと見たりもするので…
彼らから見下ろす位置にいる私は、いったい彼らにはどんなふうに見えているのかと、興味津々。

彼らはさっき通ったときからこのあたりにいたのですが…
マテバシイの森に座り込んで、毛繕いしたり、遊んだり、餌を食べたり…
マテバシイの枝先を折り取って口に運びます。
ドングリを食べているのか、細枝の髄の部分を食べているのかよくは見えないのですが、
道の途中に齧りかけのドングリもたくさん落ちていました。

枝先を折って
子ザルもお食事


お食事中の子ザルを撮っていたら…いきなり樹冠に別の子ザルがひょっこり現れました。



マテバシイの込み合った葉に隠れて、群れのほんの一部しか見ることができませんが、
少なくとも20頭はいたと思うのです。
行く先々で、よくサルの群れに遭うのですが、まさかいつも同じ群れとも思えないし…
いったいどのくらいいるものなのでしょうね。。。

なお、当地でよく見かけるサルは、尾の長いアカゲザルがほとんどで、
尻尾の長さが少し短い、ニホンザルとの交雑個体もいるようなのですが…
なかなか全身を確認するのが難しいですし、
果たして見てわかるものなのか定かではないのです(^_^;)

PageTop

初霜

霜の降りた草地にツグミがたたずんでいました。
ちょっとよい感じだったのでスコープを向けてみたら…
霜が融け出しているせいなのか、草を覆った白い部分がちりちりと動いていているように見えて思わず目をパチクリ(!)
ツグミがぼやけているのはそのせいです~もちろんウソです…(^m^)

ツグミ

畑の隅に下りていた小鳥がさかんに尾を上下に振っていて…
スコープで確認すると、シーズン初のビンズイでした♪
かろうじて撮れたと思ったら…あっと言う間に隣りのナシ畑を越えて姿を消してしまいました(^_^;)

ビンズイ

PageTop

ハゼノキとアオジ

ルリビタキの声が聞こえてくるので、その場に立ち止まってしばらく待っていたけれど…
なかなか近くまで来ないなぁとじりじりしているうちに遠ざかってしまいました(^_^;)

道路脇の木立の奥に、真っ赤に色づいたハゼノキがあって、
その枝にアオジが止まりました。
なぜか次々にアオジがやってきて、スコープの視界に5羽。当然間に合いませんが。。。。

残念なことに、アオジが止まった枝は、すでにほとんどの葉が落ちてしまっていて。
せめて真ん中に紅葉の画像を入れてみたりして……(爆)

アオジ

ハゼノキ

アオジ


★おまけ★
通りかかったポニー牧場で…
私の行くほうへくっついてくる人懐っこい子でした。おかっぱ頭がキュート♪

おかっぱ頭のポニー

PageTop

ノスリ

山に囲まれた畑の間の道。
あたりには、やたらにシメが飛び交っていて、今日はシメと遊ぶことにしようかと思った矢先、
200メートルほど先の木の枝先に止まったノスリを見つけてしまいました。
ラッキ~♪ もうここからは完全にノスリモードです。

ノスリ

ノスリ

藪の陰に隠れながら少しずつ距離を詰めていくのですが…
枝が込み合ったところなのでいまいちだなぁと思っていると、
突然飛び立ちました。ありゃ、見つかってしまったのか??
それにしては下に向かったような気もするけど…?

数分後、ふわりと飛び上がってきたノスリが、今度はもっと手前の杉の梢に止まりました♪
どうやら、何か獲物を見つけて飛び降りたはよいけれど、狩りは失敗に終わったようです。
梢に止まったノスリは、胸はこちらを向いているのに、顔は後ろ向きでしかも下を見ています。
獲物を探しているのでしょうが、すごく首が廻ることに改めて感心してしまいます。

ノスリ

ノスリ

いくら近くても、仰角がありすぎて上半身しか見えないし、引き揚げることにして戻る道すがら…
道の脇の藪が途切れ、見通しのよくなったところでした。
道沿いの畑の奥、山際のマテバシイの枝にノスリが止まっているではないですかー!
距離はほんの30メートルほどでしょうか・・・
慌ててきびすを返したのは言うまでもありません。

案の定すぐに飛ばれてしまったけれど…かろうじて間に合った1枚でした。

ノスリ

PageTop

ジョウビタキ

今朝は野鳥の森をぐるりと歩いてきました。
ウソ、ルリビタキ、シメ、ツグミなど、前回よりも冬鳥のメンバーが増えています。

布良の山から、野鳥の森方面へ飛ぶハヤブサを何度も見ていたのですが、
先週はペアで・・・
たぶん同じ番と思われるハヤブサが天神山上空から現れ、北の方へ飛んでゆくのを見ました。
同じ方向に飛ぶということは、どこかに止まり場があるはずと思うのですが…


ジョウビタキは、緑の広場の餌木展示林で・・

ジョウビタキ♀

PageTop

ウラギンシジミ

(昨日の画像から)
陽だまりで日光浴のウラギンシジミを見つけました。
今までは、斑紋が赤い♂しか見たことがなかったので、♀はお初でした。

秋型の♀の斑紋は白いのだそうで、これはこれで美しいのですが…
来年は、斑紋の青いのをぜひ見たいものです。

ウラギンシジミ♀

ウラギンシジミ♀

PageTop

アカネにとまるアカネ

まるで冗談みたいなタイトルですが…
アカネの実にとまったアキアカネ(?)の眼の色が、実とまったく同じ色だったのです。

『こっちの眼のほうが大きくていいかなぁ~』 なんて
物色しているようにも見えたりして、なんだか笑えました。

アキアカネ?

PageTop

畑のツグミ

農道をとろとろ走っていると、脇の畑のずーっと奥の方にじっとたたずむ鳥の姿。
遠くて黒くしか見えないけれど、どうも姿勢がツグミっぽい。
双眼鏡で確認したら、やっぱりツグミでした。
昨日林道で声だけは聞いていたけれど、、、
姿を確認したのは今シーズン初になります。  お帰り~~~♪

仲間たちはまだ山で群れをなしているころなのに…
この子はまたずいぶん早くから農耕地にやってきたものですね。

しばらくホッピングしながら青虫などを食べていましたが…
ふいに『ケケケッ!』と鳴いたと思うとどこかに姿を消してしまいました。

ツグミ

ツグミ

ツグミ

もうしばらくすれば、休耕田や畑の、あっちでもこっちでも、いやというほど見られるようになりますね。

PageTop

センブリ

林道で見つけたリンドウ科のセンブリ。なんだかゴロがいいですね~(^m^)
垂直に近い崖の、上のほうに生えているので撮るのが大変。

さほど高くはないところに2株ばかりあって、かろうじて開いた花が数個だけありました。
ずり落ちそうになりながらなんとか撮れましたが…
花が開く時間帯までフィールドにいられないのが辛いところです(^_^;)

センブリ

センブリ

センブリ



★おまけ★
真っ赤な鞘から艶やかな黒い豆
葉っぱの感じからトキリマメではないかと思います。

トキリマメトキリマメ

PageTop

空腹ミサゴ

杭に止まったミサゴをしばらくぶりに見ました。

ミサゴ

背中側から見ても食事の前か後かはわからないのですが、
前回のときも背中側でした)
今朝は途中から体の向きを変えてくれたので、
まだ食事前だというのがよくわかりました。

ミサゴ


胃のあたりがぺちゃんこで…
さかんに頭をぐるぐる回しながら水面を見つめていました。

やがて飛び去りますが、このミサゴは沖合いで魚を捕ってきたらしく
数分後には魚を掴んで戻ってきたのですが…

近くに釣り人が二人いたせいか(ミサゴが飛んだすぐあとにここに来た)
そのまま山の方へ運んでいってしまいました。ちょっと残念。。。

↓は2月の画像ですが、胃のあたりがぷっくりと膨らんでいて
いかにも食後の雰囲気です。ずいぶん違うものですね~

ミサゴ

PageTop

白浜ダム

オシドリを期待して今朝は久しぶりに白浜ダムへ…
何度か遭遇しているのでついつい期待してしまうのですが、
キンクロハジロ、マガモ、カルガモしか(見える部分には)いなくて残念。

ダムの付近にはサルの群れがいて、枝を折る音やら吠え声やら叫び声やらでかなりにぎやかでした。
カワセミは遠すぎていまいちだし、近くを飛んだハイタカはすぐに見えなくなってしまいました。

途中でマヒワの群れに遭遇するも、ちょっと遠すぎて…
今日はしょぼい画像のオンパレードです~(^_^;)

遠くのカワセミ
ダムの中ほどに止まったカワセミ

マヒワの群れ
マヒワの群れの一部

ススキを食べるホオジロ
さかんにススキの穂を食べていたホオジロ

若いサル
気配を感じて振り返ったら、5メートルのところで目が会ったまだ若いサル。
逃げないでねー!と話し掛けながら急いで撮ったものは
ぜーんぶ大ボケで使い物になりませんでした(>_<) 

PageTop

ホオアカ

フィールドに向かう途中の農道で、脇の草むらにホオアカが止まったのを見つけました。
車を止めて見やすいところに止まってくれるのを待ちましたが、
あぜ道の一番奥ではいくらなんでも遠すぎて…無理やりの証拠写真にしかならなかったです~(^_^;)

ホオアカ

ホオアカ

遠くに止まったホオアカの姿もやがて見えなくなって、、、、
車に乗ったところで、今度は前方にチョウゲンボウが現れました。
ひらひら飛びとホバリングをくり返しながら、やがて鉄塔のかなり上のほうに止まったチョウゲンボウを
横目で見ながらフィールドに急ぎます。


フィールドの手前の農道で…今度は前方の電線に止まったチョウゲンボウ。
直前で車を止めて、外へ出た瞬間に飛び去ってしまいました(^_^;)

昨日のオオタカが、もしかしたらまた止まっているかも、、と期待しつつ
杉の間をくまなく探してはみたけれど・・・
やっぱりいるわけないですね~(^_^;)
少し先まで行ったときに・・・ふいに近くから猛禽らしき大声が聞こえてきました。
『ケーッケッケー!・・・』
ん??なんだかなぁ、声は近いけれどなんかヘン。

そう思いながら声のするほうを双眼鏡で探してみたら…
怪しいやつを発見。
きっと、このカケスが鳴いていたに違いありません……たぶん。

カケス

PageTop

チョウゲンボウ♂

アオサギのお食事完了を見届けたあと、別のフィールドをまわって帰ろうと車を走らせていると…
行く手の電柱にチョウゲンボウの姿。
双眼鏡で確認すると、♂ではないですかー♪(嬉)

チョウゲンボウ♂

チョウゲンボウ♂

よかったのもここまででした。
じきに飛ばれてしまい、次に止まった電柱は…
向きが逆方向、顔がよく見えないですね~(^_^;)

チョウゲンボウ♂

チョウゲンボウ♂

♂を見つけたのは嬉しかったけれど、このままではちょっと口惜しいじゃん。
また会いに行くからね~~♪
 

PageTop

アオサギの朝ごはん

堰の浅瀬で休んでいたマガモたちが、一瞬引いたように感じて…
何事かとよく見れば、、、
そばにいたアオサギが、大きなカエルを咥えていました。
かなり重いらしく、何度も咥えなおしては飲み込もうとするのですが…

半分飲みこみかけては下に置き、再び咥えなおして…
どうも魚とは勝手が違い、カエルの手足がつかえているみたい。
だいぶ時間をかけてすっかり丸呑み完了です。
首のふくらみが徐々に下に移動していくのを見てしまいました。。。
ひぇ~~~(^_^;)













PageTop

カシラダカ

しばしハシビロガモの輪舞に見とれたあと、山側に目を移します。
目の前に広がる草地でカシラダカを見つけました。
草の陰で半分隠れていたカシラダカが、
ひょいとすぐ上のノイバラの枝に止まったまましばらくじっとしていてくれました。
何枚か撮るうちに、隣りにもう1羽のカシラダカ

もう到着しているだろうとは思っていたけれど・・・
はっきり姿を見られたのは今シーズン初でした♪

カシラダカ

カシラダカ

PageTop

輪になって

近くの堰に行ってみました。
カモはまださほど多くはなかったけれど・・・水面から立ち昇る靄の中に、10数羽のハシビロガモが、
水面にシャベルのような嘴をつけたまま、ぐるぐる回転しながら採餌しているのが見えました。

山の陰で靄っていた湖面も、日が高くなるにつれて靄が次第に晴れてゆき、
ハシビロガモの静かな輪舞で水面に出来た波紋が光ります。
とても美しかったのでしばし見とれてしまいました。

ハシビロガモ

ハシビロガモ

ハシビロガモ

PageTop

山里のお散歩で…

車を止めたところの、土手にアキノキリンソウがたくさん生えているのにびっくり!
白いノギク(sp.)と黄色いアキノキリンソウが交じり合って咲く様は、なかなかでした。
2時間近くうろうろしていたけれど、アキノキリンソウがあったのはここだけでした。
めったに見かけない花になってしまいましたね。

ハダカホオズキ(ナス科)とツルウメモドキ(ニシキギ科)
ハダカホオズキツルウメモドキ
それぞれクリックで引いた画像に飛びます

サネカズラ
サネカズラ(マツブサ科)

オオタカやノスリが飛ぶのをよく見かけたり、この3月にはハギマシコに遭ったりした道なのですが、
鳥はちょっと期待はずれで…やっと見つけたジョウビタキ♀
昨シーズン♂を見かけたところでは、声はすれども姿は見えず。


ジョウビタキ♀

季節外れのホトケノザ(シソ科)に小さなアブが寄っていました。
ヒラタアブの仲間?

PageTop

オオハナワラビ

オオハナワラビ

オオハナワラビ(ハナヤスリ科)
7日にアップしたフユノハナワラビと同じ仲間ですが
このオオハナワラビは、ずっと草丈が高くて目立ちます。
クリックで少し引いた画像に飛びます。

PageTop

キョロ吹くメジロ

横枝にしばらく止まって、さかんにキョロを吹いていたメジロを昨日撮ったのですが…
まるで冠羽に見えるほどに頭の羽を逆立てているのが面白いなぁと思いアップしてみました。
『キョロキョロキョロ・・・』と鳴く声は、警戒の声らしいのですが、
大抵木の枝の中で鳴いていることが多く、
こんなふうに羽毛を逆立てて鳴いているなんてちっとも気がつきませんでした。
けっこう興奮しているのかしらん。。。











PageTop

イソヒヨドリ

よく猛禽が止まるアンテナの、一番てっぺんの部分に止まったイソヒヨドリ
♀ならパスの場所ですけど、きれいな♂だったので撮らせてもらいました。

イソヒヨドリ♂

イソヒヨドリ♂

イソヒヨドリ♂

海に目をやればミサゴが3羽、ゆったりと羽ばたきながら魚を探して飛んでおり…
鉄塔のはるか上空をハヤブサが1羽。
すばやい羽ばたきで海に向かって飛んでゆくのが見えました。

下の道路まで降りて、海岸沿いをぶらぶらしていると
アリスイの声が聞こえてきました。
声のするほうに吸い寄せられて、その姿を探したけれど…
やっぱり声はすれども。。。。でした(^_^;)

PageTop

野鳥の森で

ジョウビタキ、シロハラ、アオジ、クロジ、ノスリなどの冬鳥が渡ってきて…
まだオールメンバーが揃ったわけではないけれど、
森の中はけっこうにぎやかになってきました。


キビタキやアマツバメなど渡り途中の鳥たちも見られたし、久しぶりにイカルの声も聞けてちょっと嬉しいお散歩でした♪
水辺の森から天神山の斜面林に次々移動していたサルの群れを見かけました。
カクレミノの枝先を手元に引っ張って食べているサルがいたのですが、実を食べていたのかな…?

杉の梢に止まるノスリ
ノスリ

アキノキリンソウ(キク科)
アキノキリンソウ

コウヤボウキ
コウヤボウキ(キク科)
キッコウハグマ
キッコウハグマ(キク科)


飛んできたのを見なければ枯れ葉にしか見えないクロコノマチョウ。
翅がボロボロでした。
クロコノマチョウ

シシャモの卵のような胞子葉をいっぱいつけたフユノハナワラビ(ハナヤスリ科)
フユノハナワラビ胞子葉


PageTop

今日もチョウゲンボウ(^_^;)

海岸沿いの道路を走っていたら、電線に止まっていたチョウゲンボウ(初対面の♀)がひらりと脇の草むらに降りるのが見えました。
すぐにブレーキをかけて様子を見ていると…
何か獲物を捕まえたらしく…電柱の上でお食事です。
左足でしっかり押さえ込んでいるみたいで、昆虫の脚だけが見えていました。



数分後には再びひらりと飛び降りて…獲物を掴んで少し先の電線に止まりました。
スコープで獲物がオオカマキリだと確認できたのですが…
2枚目の画像にはカマキリの翅らしきもの(?)が飛んでいるのが見えていました。
翅は食べないようですね。









気付かれないように…丸見えなんですけどね(^_^;)
『だるまさんが転んだ作戦』大成功~~♪



PageTop

チョウゲンボウ@お食事中

先日と同じ♀のチョウゲンボウですが、どうもこの鉄塔ががお気に入りのようで…
初めはかなり上のほうに止まっていましたが、周辺の畑に降りて餌を捕り、
戻る度に低い位置に止まってくれたのでラッキー♪

何度目かには餌を持って戻り、鉄塔でお食事を始めたので連写してみました。
バッタかなにかだと思いますが…はっきり見えないですね~(^_^;)

1

2

3

4

5

6





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。