鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヤブサメ

沢沿いの林道を歩いていると、4~5メートル先の葉っぱが小さく揺れました。
ん?と見れば…横枝に小鳥が1羽。
薄暗いところでしたが、小さくてちょん切れたような短い尾羽とくっきり眉斑。
あ、ヤブサメ・・・♪
数秒間その枝に止まっていたヤブサメが、土手に下りてちょんちょんと移動してゆくのを目で追っていると、
あらら、そばにもう1羽いるではないですか~♪

聞きなれない地鳴きを初めて聞いたのですが、、、よく覚えていなくて再現ができません(>_<)
声が少し遠くなったかなぁと思うと同時に、かなり強い調子で『シシシシシシシシ』と一声囀って、
そのあと気配が消えました。もしかしてヤブサメの夫婦だったのかしらん?

杉の梢からはオオルリの囀り、沢からはカジカガエルの美声も響いてきます。
林道を往復したあとは、見通しのよいところから、サシバの姿を探してみたけれど…はずれ。。

画像は、ヒメウツギ(ユキノシタ科)とタニギキョウ(キキョウ科)
ヒメウツギタニギキョウ

ヒメコウゾ(クワ科)の花が咲いていました。
ヒメコウゾ

コナラの葉にオトシブミの揺籃ができていました。
細い枝の中ほどには、直径2センチほどの青りんご♪ ナラメリンゴフシ…かな?

オトシブミの揺籃ナラメリンゴフシ

スポンサーサイト

PageTop

キョウジョシギ

今朝はキョウジョシギが来ていました。
打ち上げられた海藻やゴミの間にいると、あの派手な模様が,完全に保護色になってしまい
肉眼ではほとんど見えなくなってしまいます(^_^;)

キョウジョシギキョウジョシギ

キョウジョシギ

砂浜や岩場に、やけにたくさんのチュウシャクシギが見えたので、
数えてみたらなんと30羽もいるのでちょっとびっくり。
そこへ1羽のキョウジョシギがちょっと仲間入り♪

チュウシャクシギとキョウジョシギ

やがて、砂浜に点々といるメダイチドリ、コチドリ、ハマシギの間に移動して…
ついには砂浜に座り込んでしまいました。

キョウジョシギ

PageTop

カルガモの置き物

岩の上に、カルガモのデコイがひとつ。

カルガモ

なーんてね(^m^)

あんまり動かないので…そのまま砂浜を歩いていたら…
沖合いに飛んで逃げました。 

カルガモ


★おまけ★
地味だけど今が花盛りのマルバアキグミ

マルバアキグミ

PageTop

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ(イチヤクソウ科)
まるで青い目をした妖精みたいですね。
オオルリが渡ってくるころのもうひとつの楽しみが、この花を見つけること♪

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

PageTop

オオルリ三昧♪

今朝はたっぷり1時間、いつものオオルリを堪能することができました♪
これで晴れていたら言うことないですけどね~…

オオルリ

オオルリ

オオルリ

オオルリ

PageTop

チュウシャクシギの群れ

海岸を歩き始めてしばらくすると、かなたの波打ち際にシギの群れが見えました。
チュウシャクシギが・・・全部で11羽♪

なかなか近寄らせてはくれなかったけれど…
打ち寄せる白波と、大型のシギの群れがとてもよく似合っていると思いました。

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

PageTop

オオルリ

今朝は、毎年オオルリが来るころに通うフィールドへ久々に行ってみました。
歩き始めて程なくして、朗々とオオルリの囀りが聞こえてきました♪
次々に止まり場を変えながら囀っているようで、声は遠くなったり近くなったり…
林道を行ったり来たりしながら、一生懸命探して…やーっと見っけ♪
ちょっと遠いけれど、まだシーズン初撮りなので贅沢は言えません。

オオルリ

飛んだ瞬間にシャッターを押したら、頭の瑠璃色だけ撮れていました(^_^;)

オオルリ

もう少し近くで撮れたのは別の別の子で…
後ろ向きに止まっていたので、ほとんど顔が見えないものばかり。。。(^_^;)
そのうちに谷の向こう側に移動してしまい、囀りを聞きながらひたすらここに戻るのを待ったけれど…
結局時間切れになってしまいました(;゜゜)(。。;)..

オオルリ

PageTop

ねじり鉢巻

海岸へ行ってみると…
一昨日のチュウシャクシギは、すでに抜けてしまったらしく姿はありませんでしたが、
2羽のムナグロはまだ滞在中、散らばっていたメダイチドリは、30羽以上がまとまっていて、
ハマシギも5羽になっていました。

小さい子達にはなかなか近づかせてもらえないので、ムナグロと遊んでいました♪
夏羽の子を前から見たら…まるでねじり鉢巻をしているみたい(^m^)

ムナグロ

ムナグロ

ムナグロ

PageTop

電線で囀るウグイス

鋸南町の里山で…
メボソムシクイとキビタキの囀りを聞きました♪
姿は見えなかったけれど、渡りの途中なのでしょう。

久しぶりに電線で囀るウグイスを見つけました。
空抜けでシルエットになってしまった。。。(^_^;)

ウグイス

PageTop

リベンジ、カンムリカイツブリ♪

3度目の正直(?)
今朝のカンムリカイツブリは、漁港の隣りの大きなタイドプールのようなところでくつろいでいました。
低い堤防で仕切られているので、波が静かで助かりました♪

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリカンムリカイツブリ

正面顔

PageTop

夏羽のムナグロ

チュウシャクシギが来ていたので、今朝はちょっと期待しながら海岸を歩きました。
先日のメダイチドリにハマシギに、シロチドリ…
あ、今日は夏羽のムナグロが1羽いました♪まだ冬羽の残っている子も1羽。

秋の渡りで見かけるのは、9月でも中間羽なので、マイフィールドでの夏羽は初めてです♪

夏羽のムナグロ

冬羽と夏羽のムナグロ

夏羽のハマシギ

PageTop

ウミネコの、好奇心?それとも海賊行為?

岩の隙間に嘴を突っこんでカニを探しているチュウシャクシギを見つけました♪
去年は25羽+の群れが来ましたが…今朝はまだ2羽しかいませんでした。

スコープで観察していると…
ちょうど捕まえたカニを落としてしまい、再び拾い上げた…と思った瞬間
ちょっと前まで、20メートルくらい離れた岩にいた2羽のウミネコのうちの1羽が、
突然チュウシャクシギのそばに飛びこんできました。えぇ~~~!?
ウミネコに視界を遮られてしまったので、カニがどうなったかは見えなかったし、

果たしてウミネコがカニを食べるかどうかさだかではないけれど、もしや、これって海賊行為? 
それとも、ただの好奇心でちょっとじゃましてみただけ?
 
ウミネコにじゃまされたチュウシャクシギは、しばらくすると河口まで飛んでしまって、
今度は波打ち際で餌を探し始めたのですが…

なんとこのウミネコは、またしてもチュウシャクシギにつきまとっているではないですか。
このストーカーぶり…なんだかカラスといい勝負だなぁ…(^_^;)
もしかしたら、一昨日セイタカシギを飛ばしたのもこの子だったかもしれないと思ったのでした(^_^;)


チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

ウミネコとチュウシャクシギ

PageTop

セイタカシギ

★昨日の続き・・・
海岸を引き返して、河口近くまで戻ってきたとき、
先日の夏羽のカンムリカイツブリがまだいるのが見えたのです。
すでにお食事タイムは終了したらしく、
波間にぷかぷか浮かびながら羽繕いしたり、丸まってお休みモードになったり…
潜ってしまわないので助かったけれど、波に揺られて動くのでやはり撮るのはタイヘン(^_^;)

ふと、前方の岩の上に、異様に脚の長い子がいるのに気がつきました(昨日アップした画像)
お~~っ! また会っちゃった♪ セイタカシギではないですか。o(^-^)o
思いがけない出会いに感謝しつつ少しずつ距離を詰めていくと、
数メートル横の岩の間にもう1羽のセイタカシギ

無粋なウミネコによって飛ばされてしまうまでのわずか10分あまりではありましたが…
ちょうど時間切れになったことだし……まさに土壇場の幸運…だったのでした♪
飛んだセイタカシギはそのまま国道を越えて、北東の方向に消えていきました。。。

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

PageTop

ハマシギ

長尾川河口から海岸に下りて、そのまま海岸線をずーっと歩いてみましたが、
2羽のシロチドリの他はだーれも見つからず…
そろそろ引き返すかなぁと思いながら、一応前方の岩場にスコープを向けてみると…

5~6羽の鳥が岩場で採餌中で、その中にお腹が黒い子が1羽見えたのです♪
あまりに遠すぎていまいち確認できないので、そのまま浜辺をどんどん歩いていき…
やっと、メダイチドリと一緒にハマシギが3羽いることを確認できました♪

が…先へ先へと少しずつ移動するので、とうとう砂取漁港の手前まで来てしまいました(^_^;)
もうちょっとのところで、今度はいきなり反対側に飛ばれてしまった…(>_<)
戻る途中にまた会えるつもりでいたら、こちらが見つける前にまた反対方向に飛んじゃった…(涙)

結局証拠写真しか撮ることはできませんでしたが、マイフィールドでのハマシギは初めてです♪

ハマシギとメダイチドリ

ハマシギとメダイチドリ

★そして・・・土壇場の幸運は・・・(続きは明日に)

セイタカシギ

PageTop

婚姻色のゴイサギ

沢沿いの林道を歩いていると、待ち望んでいたオオルリの囀りが聞こえてきました♪
10分ほどで囀りはやんでしまったので、どうしても姿が見られず…
アケビの枝の間を動き回っていたエナガが、口にいっぱい虫をぶらさげているのを見ました。
どこかにある巣の中では、きっと、もうヒナが孵っているのですね~

帰りがけに、川沿いにあるサギのコロニーに立ち寄ってみました。
対岸の竹薮の、さらに向こう側にあるコロニーの様子は見えないけれど…
サギたちの賑やかな鳴き声が聞こえていました。

点々と枝に止まるゴイサギの中に、婚姻色のゴイサギ見っけ~♪(嬉)
足が、きれいなピンク色に変っています。 なんだか色っぽいですね~♪

ゴイサギ婚姻色

こちらは、まだ婚姻色が出ていない普通のゴイサギ。

ゴイサギ


★おまけ★
枝に止まったカワウの、エメラルドグリーンの瞳がきれいでした。
カワウもここで繁殖しているのかどうかは定かではありませんが、
以前にも、ここにカワウがいるのをなんどか見たことがありました。。。

カワウ

PageTop

夏羽のカンムリカイツブリ

夏羽のカンムリカイツブリが、潮の引いた海岸の浅瀬でさかんに餌をとっていました。
岩場の間を縫うように泳ぎながら、右へ左へ・・・

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ

冠羽とほっぺのふさふさの飾り羽とが・・・まるでライオンの鬣みたいで愉快です。

カンムリカイツブリカンムリカイツブリ


★おまけ★
すぐ近くにいたコサギも、目先がピンクの婚姻色に染まっていました♪

コサギ

PageTop

野鳥の森

アカハラの囀りを聞きながら探鳥道を登り、富士見展望台から平砂浦海岸を見下ろすと…
サーファーが8人海面に浮かんでいるのを見つけてびっくり。時計は6時をまわったばかりです~
波打ち際には釣り人も点々と…こちらは普通ですね~

帰り際の8時近くになると、すでにサーファーの数は100人ほどに増えていました。
6時のときにはベタ凪ぎだった海も、そこそこに波が立っていたみたいです。

去年はオオルリの初認日が12日だったので、ちょっとばかり期待もしていたのですが見つからず。
サシバにも会えなくて残念でしたが。。。
アカハラ、クロジ、アオジ、ツグミなどの冬鳥はまだ残っています。
さかんに囀っていたシジュウカラを撮ろうとするまで、カメラを忘れたことに気付かなくて…(>_<)

今日は携帯で撮った画像をアップしました(^_^;)



ニリンソウ
(キンポウゲ科)
シロバナタチツボスミレ
(スミレ科)
ホタルカズラ
(ムラサキ科)
キランソウ
(シソ科)

PageTop

きれいになったタヒバリ

海岸で見つけたタヒバリが、とてもきれいになっていました♪
完全な夏羽ではないようですが、胸から腹にかけてのサーモンピンクが目立っていました。

せっかくきれいになったのに、ちゃんと撮れなくて。。。とほほ。。。(>_<)

タヒバリ

タヒバリ


★海岸のオブジェ♪★

イソヒヨドリ♀

PageTop

シロチドリ

石の陰に身を寄せるようにしているシロチドリを見つけました。
上空を窺っているように見えたので、ふと空を見上げたらトビが旋回していて…
トビを気にしていたのでしょうか?  左が♀、右が♂のようです~

シロチドリ

トットットットットと千鳥足で波打ち際近くまで行き、ピタッと止まる。。。
今朝のシロチドリはわりと落ち着いていて、けっこう近くから撮らせてもらえました♪

シロチドリ♂

付き合いがよかったのも10分ほどで、やっぱり2羽揃って先へ先へと飛んでしまいます。
シロチドリの後を追って砂浜をどんどん歩いていたら・・・
打ちあがった海藻の間にいたらしい10羽ほどの群れが、
あっ!と思った瞬間には一斉に飛び立って海に出てしまいました(>_<)
まったく見えていなかったので、いったい誰だったのやらわからずじまい。。。(;゜゜)(。。;)..

PageTop

ハマエンドウ

昨日の画像から…
ダイゼンを追いかけて海岸を歩いていたら、思いがけずハマエンドウの群落を見つけました♪
バックに海を入れて撮ってみました。

ハマエンドウ

ハマエンドウ


★おまけ★
ハマダイコンの大きな群生も~♪
ハマダイコン

PageTop

ダイゼン

仲良く並んだムナグロとダイゼンを見つけました♪
左がムナグロ、右がダイゼン。ムナグロは毎年越冬個体を見るのですが、
マイフィールドでダイゼンを見たのは初めてです。それにしてもよく似ていること…
ダイゼンのほうが大きくて、嘴も太めです。

ムナグロとダイゼン

ダイゼン

ひと目でダイゼンとわかる画像が欲しいなぁ。。。翼でも伸ばしてくれたらよいのに。。。
脇が黒いので飛べばすぐにわかるけれど写真は撮れないし。。。(^_^;)
そんなことを思いながら追いかけていたら、岩場で羽繕いを始めてくれました。ラッキ~♪

羽繕いするダイゼン羽繕いするダイゼン

はっきりと足が見えないのですが…カキカキも~。。。間接頭カキのようですね♪

頭カキ

PageTop

泥つきハンミョウ

鋸南町の山里で…
花の写真を撮っていたら、小さな虫がすぐ先の地面に飛んできました。
近づこうとするとスーッと飛んで数メートル先に止まる…
どう見ても動きはハンミョウのそれなのですが…鈍い色で、後ろ側の一部分だけ青みがあります。
うーむぅ。。。なんかへんなやつだ。。。

帰ってから、拡大した画像を見ながら図鑑としばしにらめっこ。。。
なるほど、そういうことだったのねーと合点がいきました♪

ハンミョウの成虫は、地面の中で越冬するのだそうで…今年の初ハンミョウは泥つき~(笑)

この子は地面からはい出てきたばかりで、まだ体に泥がついている状態だったらしいです。
しばらくして泥がすっかり落ちれば、ピカピカのハンミョウになるのでしょうね。

初ハンミョウ

初ハンミョウ


★おまけ★
釣り糸を長く伸ばしたウラシマソウが群生していました。

ウラシマソウ

PageTop

オバシギ

今朝はあまり時間がなかったので近場の平久里川へ行ってみました。
河口付近の川の真ん中にユリカモメが10羽ほどかたまっていて、
真っ黒頭の夏羽の子が1羽。 黒くなりかけた子も2~3羽いたみたい。

ユリカモメ

ふと100メートルほど離れた対岸に、白く見えるものが動きました。
そのあたりをスコープで丹念に探したら…ヤッホー♪ オバシギ見っけ~!
急いで道路に引き返し、橋を渡って対岸へ・・・
オバシギは1羽だけでしたが…コチドリが3羽ほどいて、にぎやかに鳴きかわしていました。

オバシギ

オバシギ

★おまけ★
オバシギと格闘していて、ふと気がつくとミサゴが頭の上でホバリングしていました♪
クリークに向かって突っ込み始めたのでえいやっとデジしたけれど…
直前で断念したらしく、水面ぎりぎりのところで上昇していました。。。残念だったね!

ミサゴ

ダイブをとりやめて上昇するミサゴ

PageTop

ミサゴ

昨日の続き・・・その2

大きな声に思わず振り返ると、先日の杭に魚を掴んだミサゴが止まっていたのです。
50メートルほどの距離なのに、スコープを向けてもなぜか飛ばない!

さかんに羽を広げてバランスをとるのに一生懸命だったからかもしれません…?
せっかくのチャンスなので、パシャパシャとシャッターを切り続けました。
逆光なのでほぼシルエットなのですが。。。(^_^;)
しばらくは我慢していましたが、やっぱり向こう側まで行きたい!

杭は、波打ち際から20メートルほど(?)の岩場にあるので、
逆光を避けようと思えばいったんは近づくことになります。
歩き出したらきっと飛んでしまうだろうなぁと思いつつ、一歩踏み出した瞬間に飛ばれてしまいました(^_^;)

ミサゴ

ミサゴ

ミサゴ

ミサゴ

やっぱりなぁ、仕方ないよねーと、飛んでいくミサゴを目で追って、
山の方へ向かうのを確認してから、再びメダイチドリを撮りに砂浜を戻ったのですが…
チドリたちはどんどん遠くへ移動してしまい、近寄ることができません。
ついにあきらめて引き返すことになるのですが…
ん?!…またさっきのミサゴが杭に戻っているでないですか。

見ると、すでに魚の頭の部分は食べてありました。
…もしかして食事中に邪魔が入って、それでここに戻ってきたのかしら?
残り時間が少なくなっていたので、車に戻るつもりで心持ち大回りしながら歩いたのです。
当然ミサゴは飛びたちます…が、なんと、大きく何度か旋回して…また杭に止まるのです。
え!? 私が見てますけど…?? けっこう近いし~♪

ミサゴ

今度は光線もばっちりでしたが…じきに時間切れになってしまいました。
嬉しくもあり。。。悲しくもあり。。。(;_;)

PageTop

メダイチドリ

昨日の続き…その1

海岸線をチェックしていたら、遠くにメダイチドリの群れを見つけました♪
胸のオレンジが鮮やかな夏羽になっていました。
一緒にいたムナグロはまだ換羽途中で、胸はところどころが黒くなっているだけでしたが…
春のシギチのシーズンですね♪

ムナグロ

メダイチドリ

シロチドリとコチドリのツーショットが撮れました♪
手前がコチドリ、奥がシロチドリです~

コチドリとシロチドリ


ところで、チドリたちと格闘していると、いきなりすぐ後ろから『ピョピョピョピョ・・・』
とミサゴの大きな声が・・・

★次の記事に続く★

PageTop

コウボウムギ

まるで仲良く寄り添った感じのするコウボウムギ(カヤツリグサ科)の雌株と雄株。
ちょうど今の時期は、花粉をいっぱいつけて、ぬいぐるみのような雄株がとても目立ちます。
賑やかな雄株も、数日すればしょぼくれたボロ雑巾になって、やがて消滅してしまいます。

コウボウムギ

コウボウムギ

★おまけ★
海をバックにハマダイコン。この花はけっこう色の濃いタイプです~

ハマダイコン

PageTop

里山のウグイス

里山を歩くとやたらにウグイスの囀りが聞こえてきますが、なかなか姿を見せてはくれません。
たまたま見つけた枝の間で囀るウグイス♪ 

ウグイス

あ、消えた!…と思ったら、歩いていく先の枝に止まってふたたびホーホケキョ♪
後ろ姿もこんなに膨らんで・・・力が入っているのですね~!

ウグイス

もう一声囀ってほしかったけれど、飛び去ってしまいました(>_<)

ウグイス

のんびりした巻き舌の、アオジのさえずりも聞こえてくるけれど…
こちらはどこで囀っているのやら、どうしても姿が見えなくて。。。(^_^;)



★おまけ★
やっと撮ることができたヒメウズ(キンポウゲ科)の花。
小さくて下向きに咲くのでなかなか撮れませんでした。

ヒメウズ

写真を撮っているときに、フクロウの声が二声三声♪ しばらく間をおいてまた一声♪
いったいどこで鳴いているのやら。。。。。春ですね~♪

PageTop

ミサゴの朝ごはん

石杭に止まって魚を食べ始めたミサゴを見つけました♪

ミサゴ

ちょっと拡大

隠れるところもないのですが、とりあえず身を低くして砂浜に下りて・・・
しゃがんだまま、ミサゴの様子を窺いつつ一歩ずつ接近を試みました。
でも、、、100メートルくらいが限界、飛ばれてしまったらアウトですもんね。

時間切れで、完食するまで見届けられなかったけれど、
30分以上もしゃがんだままだったので、すっかり足が痺れてしまいました。。。(^_^;)

ミサゴ
この姿勢・(!)・・飛ばしたはずなのになぜか見えなかった(>_<)

ミサゴ
波しぶきがザッパ~~~ン!

PageTop

チョウゲンボウ

フィールドの帰り道に通りかかった農道で、田圃の上でホバリングするチョウゲンボウを見かけました。
あ、久しぶり~♪
すっかり嬉しくなって、車を止めてしばし眺めていたのです・・・

やがて電柱に止まった彼女は、ひたすら田圃を見つめておりました。
途中でひらりと田圃に降りたけれど、失敗だったのか再び飛び上がって電柱に止まり、
またまた田圃を凝視しはじめました。

尾羽がばらけて見えますが、強風に煽られてぱたぱたしていただけです。
時間切れだったので、最後まで付き合えなくて残念無念。。。

チョウゲンボウ♀

チョウゲンボウ♀

PageTop

森の一つ目小僧

森の一つ目小僧は、もう何日かすれば、成長して親父になりますよ♪

タマゴケ

タマゴケ

って・・・エイプリルフールネタですけれど(^m^)
真ん中の蓋のような部分が茶色くなると、目玉親父そっくりになるというわけです~♪

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。