鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シロチドリ

海岸でシロチドリの群れを見つけました。
10羽ほどが、砂浜に転がった石に寄り添うようにしゃがみこんだり、砂のくぼみに座ったり…
完全に保護色になってしまって、まるで『ウォーリーを探せ』みたいですが、どこにいるかわかるでしょうか(^_^;)

4羽揃って前向きのシロチドリ

シロチドリ

シロチドリ

岩場のほうにはメダイチドリの群れ。
こちらは三つの群れごとにかたまっていて…総勢は30羽ほどでしょうか。
早くも渡りが始まっているのですね~

メダイチドリ

波がいい具合に撮れていたので、ちょっと遠くのキアシシギもアップしてみました。

キアシシギ

スポンサーサイト

PageTop

ギンヤンマの産卵

昨日チョウトンボを見ているときのこと・・・
ほんの7メートルほど先のヒシの葉に止まり、産卵しているギンヤンマを見つけました♪

産卵するギンヤンマ

産卵するギンヤンマ



   ★26日に書いたダイミョウセセリは、無事に羽化することができました♪
  ( 画像を追加しておきました。)


PageTop

チョウトンボ

今朝は近くの堰にチョウトンボを探しに行ってきました。
飛んでいるチョウトンボを目で追いながら、ひたすら『止まれ~止まれ~!』と念じていました(^_^;)

あまり近くに止まることはなかったけれど、
光線の具合で翅がきらりと輝いた瞬間は、はっとするほどきれいでした♪

チョウトンボ

チョウトンボ

チョウトンボ

PageTop

もしかしてウワミズザクラ?

斜面の途中の大木がびっしりと黄橙に覆われているのを見つけ…
あら、いったいなんの花? と思いつつスコープを向けてみたら…
それは、先端がちょっと尖り気味の小さな丸い実で、その実が、それこそびっしりと鈴なりになっていたのでした(^_^;)

初めて見る実だったし、あんまりきれいなので、いったいなんだろうと眺めていました…
この実は鳥たちに絶大な人気があるらしく、入れ替わり立ち代わりヒヨドリがやってきては
真っ赤に熟した実をパクパク食べていきます。

メジロは赤い実をひとつ咥えては、枝の上でつつきながら食べていました。
カケスもよく入って来たりするもので、そのまま30分以上も見とれてしまいました(^_^;)
赤い実を咥えたところを撮ろうと四苦八苦しましたが、私の撮り方ではどうしても間に合わず…

この実の正体が気になるので、帰ってから図鑑で調べたり、ネットで検索したりして、
どうもウワミズザクラではないかと思ったのですが、いまいち自信がありません(^_^;)
   だれか教えて~~!

ウワミズザクラ?

実を食べに来たヒヨドリ

実を食べにきたヒヨドリ

PageTop

ダイミョウセセリの運命はいかに??

    ダイミョウセセリ

フィールドでダイミョウセセリを見つけたのは先週のことでした。
そして、そのすぐ近くにはヤマイモの葉を閉じた、幼虫の巣があったのです。
なので、てっきりこの成虫がここから出たのではないかと思い込んで、(抜け殻があるはず)葉を開いてみたのですが…
予想に反して中は空っぽでした。

もぬけの空ということは・・・この巣にいた幼虫は、『幼虫のうちに喰われてしまった』ということなのでしょう。
そんなことがあったので、フィールドでヤマイモの葉を見ると、どこかに巣ができていないか気にしていたのですが…

今週の初めにようやく見つけることができました♪
ところが…三つ見つけたうちの二つは中が空っぽだったもので、
へぇー、巣をつくっていてもけっこう喰われてしまうのねー、と思い…
閉じた葉のすき間から前蛹らしきものが見えた一つを持ち帰ってみることにしました。

幼虫の巣中に前蛹らしきものがいる


翌朝、葉の隙間から見える前蛹がグリングリンと体をよじっているのに気がついて、
脱皮してサナギになるところを撮ろうとしたけれど…
隙間からでは、どうやってもちゃんと撮ることができないので、葉を開いてみることに…

ハサミを持ち出して…糸を全部切って…巣を開いた瞬間・・・・・・

  げげっ、なんじゃこれはーー!!
 

前蛹から脱皮した…

黒いお面の脱皮殻が転がっているのはいいのですが…
開いた反対側の葉にヘンなものが並んでくっついているではないですか。
それは、とても小さな繭のようなもので、よく見ればみんな穴があいているのです。
ってことはすでに羽化しちゃったということなのでしょうが。。。。はて?

寄生バチならば、幼虫の体に卵を産み付けると思うのですが・・・
ダイミョウセセリの幼虫の巣の中にわざわざ卵を生むなんて・・・なんでー?
いったいぜんたい、この空っぽの繭の正体はだれなのでしょうか?

だんだん色が変わってゆく…

そうこうするうちにも、だんだん色と模様がついてきて、翌日にはすっかりサナギらしくなりましたが…
果たして、このサナギが無事に羽化できるものかどうか・・・ちょっと心配(^_^;)

ダイミョウセセリのサナギ

もしかして、ある日突然、気がついたらサナギに穴が開いていて、
見たこともない虫が部屋にいた。。。なんてことが、あるかもしれない!! (ひぇ~~~!)
と思いつつも、恐いもの見たさにサナギを部屋の隅に放置しているのです。。。

★追記(7月29日)

今朝起きたときにはすでに羽化を終えていました。
まぁ、恐ろしいことにはならず、メデタシメデタシ♪だったのですが…
それにしても、あの空の繭はいったい何者だったのかという謎は残ったまま。。。(^_^;)

↓は携帯のカメラで撮ったもの
羽化したダイミョウセセリ

PageTop

幼鳥対決

道路脇の低い電線にハクセキレイの幼鳥が止まっていました♪



そして、すぐ脇の常緑樹の中からはヒヨドリの幼鳥の声が聞こえていました。
どこにいるのかなぁと、なんとなく繁みのほうに注目していたら…
次々に3羽のヒヨドリの幼鳥が飛び出して、同じ電線に止まりました。

2羽はすぐに飛んでしまいましたが…
1羽だけがしばらく電線にじっとしています。

ヒヨドリ幼鳥

尾羽はずいぶん伸びていましたが、頭部はまだ綿羽がポヨポヨしていていかにも幼い感じだし、
藪の中にいたせいか、クモの糸やら小さなゴミやらを体にいっぱいくっつけていました(^m^)

ヒヨドリ幼鳥

幼鳥は顔も可愛いけれど、しぐさもさらに可愛くて・・・
電線の上をピョン…ピョン…と跳ねながら、次第にハクセキレイに近づいていくのです。
やっぱり幼鳥は好奇心が旺盛なんですね。
あんまり近づかれたので、さすがにハクセキレイは飛んでしまいましたが…
かろうじて1枚だけツーショットを撮ることができました♪ヽ(^。^)ノ

ツーショット♪

PageTop

オジロアシナガゾウムシ

久しぶりにオジロアシナガゾウムシを見つけました♪
この人を見つけるとすぐに遊んでみたくなるのですが・・・
思いがけずすぐ隣りにカマキリがいたのでツーショット♪
カマキリはじろりと私を睨んですぐに逃げてしまいました(^_^;)

カマキリの幼虫とツーショット

ショウジョウバエ(?)のような小さな虫が、近寄ってきたと思ったら…
なんとオジロアシナガゾウムシの背中によじ登り始めたではないですか。

ん??ちょ、ちょっと君~


これはさすがにいやがったらしく、どっこいしょという感じで立ち上がりました。
どうやら葉っぱの裏側に逃げようとしたみたいです。

げ。。。なんか気色悪いね。。。


せっかく2年ぶりに見つけたのに逃がすわけにはいきません。
左手を下に添えて、そーっと触ってみた瞬間に・・・ポロリ

危険を感じると死んだふり

得意の死んだふりです(^m^)
そのままそっと葉っぱの上に乗せて・・・・待つこと2分。
モゾッ・・・モゾッ・・・手足をばたつかせて・・・

起き上がるのがたいへんなんだよねじたばたじたばた


えいやっという感じで起き上がりました。やれやれ、、、

ふぅ・・やれやれ。。。

この人の死んだふりが面白いので、見つけるたびに遊んでしまいます。
2年前に見つけたときには交尾中だったせいか、死んだふりの時間はけっこう長かったのです。
見つけるたびにこんなことをして遊んでしまいますが…
もしかして私は…オジロアシナガゾウムシの、(ある意味)天敵と言えるかもしれない(…爆)

PageTop

またヒヨドリの巣立ちビナ見っけ♪

18日にヒヨドリの巣立ちビナがいたエノキに、また巣立ちビナがいるのを見つけました。
あれから5日もたっていることだし、初めは2羽だけだったのでまったく別の子たちと思っていましたが…
最後になって突然別の2羽が現れたので、自信がなくなりました。
もしかしたらあのときと同じ子たちかもしれません。。。(^_^;)

それにしても、かなり尾羽は短いし。。。。どうなんでしょうね?(・・・悩)
お天気がよかったので、今朝はキュートなヒナたちをたっぷり眺めることができました♪

給餌を受けるヒナ

餌をねだるヒナ

まだおねだり?

ツーショット

ヒヨドリ巣立ちビナ

ヒヨドリ巣立ちビナ

ヒヨドリ巣立ちビナ

PageTop

アオサギの日光浴

杉の梢に止まったアオサギが、翼を半分たたんだままぐぃーっと左右に広げていました。
これは、以前にも一度だけ見たことがあって、たぶん日光浴のポーズだと思のですが・・・

あのときと同じように喉をひくひくと小刻みに震わせていて、犬が舌を出してハーハーするのと同じなのかしら?と思ったり。。。
肉眼で見てただ梢に止まっているだけに見えても、スコープで観察すると思いがけない表情が見えるのでなかなか面白いものですね♪

アオサギ

正面を向くとよけいに面白いポーズに見えるし。。。

アオサギ

ここまでやってしまったらあなた、、なりきりカワウじゃないのさ~(…爆)

あんたはカワウかー!?


コナラにヤマガラの家族が来ており、小さな実を枝の上で押さえ込んでつついて食べていました。
コナラのドングリ(まだ青いし)のようには見えないけれど、メニューはなんでしょうね(^_^;)
この子は幼鳥ですが、つついているところはブレボケ全滅でした(>_<)

ヤマガラ幼鳥

こちらは後ろ向きですが、成鳥も1枚。。。

ヤマガラ成鳥

こんなに近くでコゲラが撮れたらちょっとうれしいかも♪(^_^;)

コゲラ

PageTop

キュートなツバメの幼鳥♪

電線にツバメの幼鳥が10羽あまり止まってにぎやかに鳴いていました。
そのうちの1羽にスコープを向けて見ていると・・・なんだか不適な面構え(^m^)

ツバメ幼鳥

ツバメ幼鳥

カキカキしたり…伸びをしたり…片時もじっとしていなくて、
じつに可愛い動作を見せてくれるのです♪

ツバメ幼鳥ツバメ幼鳥


ツバメ幼鳥

ツバメ幼鳥ツバメ幼鳥

飛び去るまで、この子に夢中になってしまいました(^_^;)

PageTop

ヘクソカズラツボミマルフシ

ヘクソカズラの虫こぶを見つけました♪
蕾がそのままふくらんで、先っぽのぽっちがなんともキュートです♪

ヘクソカズラツボミマルフシ

拡大したヘクソカズラツボミマルフシ

花もあるにはあったけれど、虫こぶのほうが多そうで・・・(^_^;)
いびつな形になってしまったものもありました。

いびつなものもあった

花冠は5裂のものばかりでしたが、縁に口紅を刷いたおしゃれな花もあった♪

普通のヘクソカズラおしゃれなヘクソカズラ(ちょっと拡大)


4裂から7裂まで、とっておきのヘクソカズラコレクションは⇒ここ


★おまけ★

突然そばの茂みでガサガサッ!と怪しい音・・・ん?? 音のするほうに目をやると・・・
カマキリの幼虫がバッタの幼虫にかぶりついていました。

カマキリお食事中

写真を撮っていると…カメラに気がついて食べるのをやめ、警戒し始めたみたい。
横取りなんかしませんってば(^m^)
前脚の内側に模様が見えました、、、この子はコカマキリの幼虫なのでしょうか?

カマキリ幼虫

PageTop

ホトトギスの羽繕いなど

まずは昨日の続きのホトトギスとほほ画像を。。。
♂が羽繕いをしているものと、鳴いたところ(このあと飛び去ってしまった)

羽繕い中

トッキョキョカキョク!

こちらは木の反対側に止まった♀
さかんに羽繕いをしているようですが…見えるのは尾羽と翼だけでした(^_^;)

羽繕い中

途中で反対向きに止まりなおしてくれたので顔が見えるようになりました♪
ピピピピピ!と鳴いた瞬間。

ピピピピピ!

昨日は小雨が降ってしまったので、今朝もまた懲りずにリベンジを狙ってみたのです。
が・・・待てど暮らせど声は近づいてこなくて・・・

時間切れ間近になって、突然♀がすぐ前の電線に止まって鳴き始めました。
あまりに近いので動いたら飛ばれてしまいそう。。。眩しいけれどめげずにそのまま。。。

★抜けてしまった空の色を入れてみました。
少し不自然な色ですけれど…(^_^;)
首の縞模様もはっきり見えて、画像が見やすくなりました。

ホトトギス♀

ホトトギス♀

ホトトギス♀

ホトトギス♀

ホトトギス♀

PageTop

ヒヨドリの巣立ちビナ

一昨日ホトトギスが止まっていたあたりで待っていました。
昨日も1時間ほど待ってみたけれど振られてしまって・・・(^_^;)
今日もダメならもう行くのはやめにしようかと思っていたのです。

二日続けて、餌を咥えたヒヨドリが飛んでゆくのを見ていたので…
今朝もまた虫を咥えたヒヨドリが目の前を通ったとき、何気なしに目で追っていたら…
20メートルほど先のエノキの中ほどにヒナのシルエットが見えるではないですか~♪

まだ口角が黄色いヒナが4羽、きっと巣立ったばかりなのでしょう。
羽を震わせながら餌をねだって大騒ぎしていました。

親が餌を運んできたときは4羽かたまっていたのが、次第に枝伝いに移動してバラけ、
少し近寄って撮ろうとするうちに、雨が降り始めて後退せざるを得ませんでした(^_^;)

ヒヨドリ巣立ちビナ

ヒヨドリ巣立ちビナ

ヒヨドリ巣立ちビナ

ヒヨドリ巣立ちビナ

雨宿りできるあたりまで後退して、ふと反対側に向き直ったとき、
先日と同じハリエンジュ(?)の枝に、いつの間に来ていたのかホトトギスが止まっているではないですかー!(鳴いてくれなきゃわからんです~!)

この♂が丁寧に羽繕いをしてから飛び去っていき、さらに数分間たったころ
突然すぐ近くから『ピピピピピ!』と♀の一声。
え?今度はどこよー!と探していると・・・
やはり同じ木の・・・今度は反対側に止まっているではないですか。

うーむぅ。。。このハリエンジュは、もしかしてホトトギスのお気に入りの止まり場なのかしら?
♀も丁寧に羽繕いをしていたようですが・・・(体は半分しか見えていないし・・)
大量のボケ画像の整理がつかないのでとりあえず♂の画像を2枚だけアップしてみました。
続きは明日にでも。。。(^_^;)

ホトトギス♂

ホトトギス♂

PageTop

ホトトギス♀

鳴きながら飛んでいたホトトギスの♀を目で追っていたら、
いきなり近くの電線に止まったので慌てました(^_^;)
頭や背中あたりは茶色っぽくて、喉や首のあたりにも縞々模様があるのですねー!

はっきりと♀の姿を見たのは初めてだったので、♂の印象とはちょっと違っていることにびっくり。
空抜けで色がはっきりとはわからないのですが。。。(^_^;)

ホトトギス♀

ホトトギス♀

『ピピピピピピ!』と鋭く鳴いています。

ホトトギス♀

↓こちらは『ホトトギス!』と鳴いている♂
近くの木の中に入ったけど見えない!…やっと見つけたと思ったら葉かぶりで…(^_^;)

ホトトギス♂

もちょっと横、横…と動けるだけ動いて、やっと撮れたと思ったら飛んでしまいました。

ホトトギス♂

なかなかうまいこといかない・・です・・・(;゜゜)(。。;)..

PageTop

キジダンゴ

ダンゴになったキジ♂

キジがお団子になっていました。。。。なーんてね!(^m^)
実は、キジの羽づくろいを見ていたのです。
尾羽はけっこうボロボロになって、途中で折れたりもしていたのですが…

キジ♂

その尾羽の手入れをするために、回り込ませてしまい、見えなくなってしまったというわけです(^_^;)
↓これもなんだかよくわからない姿勢になっておりますが~(笑)

キジ♂

しばらーくお団子状態が続いたあと…ひょっこり頭が出てきました。

キジ♂

隣りの休耕田では、相変わらず数羽のオオヨシキリが追いかけあっていました。
先週には虫を咥えたオオヨシキリを見たので、もうヒナも育っていると思うのに…
どうして未だに張り合っているのだろうと…思わず素朴なギモンが。。。(^_^;)

オオヨシキリ

PageTop

アカイロトリノフンダマシ

今年もアカイロトリノフンダマシを見つけることができました♪
小さくて(5ミリほど)、一見するとテントウムシのようで、とても可愛いクモですね~

アカイロトリノフンダマシ

アカイロトリノフンダマシ

アカイロトリノフンダマシ

シロオビトリノフンダマシは、人面グモ…なんとなく金太郎さんみたいな顔が見えました。(^m^)
残念ながら、今朝はトリノフンダマシとオオトリノフンダマシはみつかりませんでした(^_^;)

シロオビトリノフンダマシ

★おまけ★

フィールドに向かう途中で、道路にハクビシンが倒れていました。車にぶつかったのでしょうか。。。

以前我が家の前で車とぶつかったハクビシンは、よろよろしてうずくまっていたものの、
致命傷は負わずにすんだようで、どこかに姿を消しましたが…
この子は、外傷はなかったけれどすでに冷たくなっていました。

センターラインの近くだったので、脇の草むらに移動して。。。(合掌)
ずっしりと重かったものの、もしかしたらまだ子供なのかもしれません。

画像はサムネイル、クリックで拡大します。
ハクビシン

PageTop

赤い目の・・・

川沿いの歩道を歩いていると、ゴイサギが3羽川の中にじっと佇んでいました。
対岸近くに成鳥、川の真ん中あたりに若鳥、そして手前の眼下に成鳥。
そっとスコープを向けた瞬間に2羽は飛び立ってしまったけれど…
一番近くの成鳥は、歩道脇のイタドリの葉のおかげで私に気づいていないようです。

葉のすき間からスコープで見ていました。
あまりにも近い…これであくびでもしてくれたらかなり面白い写真が撮れそう~
正面向いてくれてもよし。。。期待してじっと待っていましたが。。。
そうそううまいこといかず、ちょっと横に動いた瞬間に気づかれてしまいました(^_^;)

ゴイサギ

イソシギが20羽もまとまっているのを見ました。
2~3羽とか、せいぜい5~6羽程度のことが多いので…ちょっと珍しい気が。。。

イソシギ

カワセミに振られたので場所を移動して…
7日と同じ電線にまたもホトトギスが止まっていました。。。が。。。

ホトトギス

残念。。。もう一息だった。。。(>_<)

PageTop

ヒゲのセッカ(!)

取り込んだセッカの画像を見てなんとなーく違和感を感じたのです・・・
あれれー? このセッカ・・・ヒゲがあるみたい・・・(^_^;)

ヒゲのセッカ

トリミングしてみたらもっとはっきりヒゲ面で・・・
ヒゲのセッカ。。。。。。あはっ!まるで髭の閣下じゃん~(^m^)
そんなことを考えていたら、ほんとにヒゲにしか見えなくなるし(・・・爆)
しかも付け髭みたいで愉快だし。。。r(^-^;)

ヒゲのセッカ

ヒゲのセッカ


こちら↓は普通のセッカ。

普通のセッカ

PageTop

巨大な巻き物

野鳥の森の、探鳥道の入り口に巨大な巻き物が落ちていました。
長さは約9,5cm、画像はほぼ実物大です。葉っぱの種類は不明。

ひだを寄せて巻いてはいないので、オトシブミの仲間のものではなさそうですが…
くるくると丸めたうえで、両端と巻き終わりはきちんと糸で止めてありました。
蛾などの幼虫が、よく葉っぱを丸めた中に潜んでいたりしますけれど、
こんなにきっちりと巻いてあって、しかも巨大なものは初めて見ました。

開くのはちょっと気の毒だし、恐い気もするし。。。(^_^;)
中にいるのはいったい誰のお子様なんでしょう?
お心当たりのある方はぜひ教えてくださいねー!

巨大な巻き物

←階段を登りかけたところで久しぶりにヒバカリに遭遇しました♪
ここで会ったが100年目。逃げられないように尻尾を押さえ込んで。。。(^m^)
クリックで拡大します。
苦手な方はくれぐれもご注意を~(^^ゞ


頭上から、ハシブトガラスのヒナのなさけない声が聞こえてきました。
見上げた大木の上のほうに巣らしきものが見えたのでスコープを覗いてみると、
1羽のヒナの姿が見えました。ほぼ真下からなので見難いですが・・・(^_^;)
すぐ近くで鳴いていたホトトギスの♀の声に反応してきょろきょろしていました。

ハシブトガラスのヒナ

オオルリがよく囀っていたけれど、視界を遮られて姿が見えません(涙)

早くもマヤランが咲いていました♪

マヤラン

PageTop

ホトトギス

先月、ホトトギスがやたらに近くを飛び交っていたフィールドへ行ってみると…
今朝もまた賑やかによく鳴いていて、
やたらに近くを飛ぶし、見えないけれど、枝に止まった♀の声がすぐ近くから聞こえてきたりして…

ついつい、そのまま迷路のような道に入り込んでしまい…あっちへうろうろこっちへうろうろ。
ふと気がつくと、前方の電線にホトトギスが止まっていたのです♪
雨こそやんではいたけれど…少しずつ距離を詰めてはみたけれど…(^_^;)

ホトトギス

ホトトギス

ホトトギス

次に見たときには、すでにその姿は消えていました。。。(>_<)
ふぅぅ。。。なかなかうまいこといかないものですね~

PageTop

サシバ

林道を下って、田圃を見下ろせる開けたところにさしかかりました。
100メートルほど先の杉の梢に猛禽らしき鳥が止まっているのが見えたのであわててブレーキ。
双眼鏡を向けてみると、やっぱりサシバでした♪

梢に止まった成鳥に会えたのはとっても久しぶりだったのでチョーうれしい♪
道幅の少し広いところまでバックしたり、スコープを出したりと手間取ってしまったので、
3枚ほどシャッターを押すのが精一杯でした(^_^;)

サシバ

ちょっと遠いのでトリミング。。。

サシバ

ボケますが、さらにもう少しトリミング。。。(^_^;)
白くふわふわしたものがいったい何なのかちょっと気になっています。。。

サシバ

PageTop

電線で谷渡りも聞かせてくれたウグイス♪

ひょいと電線に出てきたと思ったら、じーっくりと囀りを聞かせてくれたウグイス
近いし、さほど高い位置ではなかったし、光線もよかったし、けっこうラッキーだったかも?

ウグイス

ウグイス

途中でひょいと反対向きに止まりなおして、こんどは谷渡りが始まりました。
『ケケケケケッキョッキョケッキョッキョ・・・』
大抵は移動しながらこんなふうに鳴くのですけれど…

止まったままでも『谷渡り』とはこれいかに。。。なんちゃって(^m^)

ウグイス

ウグイス

ウグイス

面白いことに、しばらく谷渡りを聞かせてくれたあと…
またもとの向きに止まりなおして、再び『ホ~~~ホケキョ!』

ウグイス

なんだか、、、彼なりのこだわりがあるのかもしれないと思ったことでした(^^)

PageTop

お見合いの季節がやってきた

アブラギリの葉にオオキンカメムシが集まってくる季節になりました。
今朝は5頭見つけましたが…

   オオキンカメムシ

   オオキンカメムシ

葉の裏では2頭のオオキンカメムシがお見合い中でした。
同じ葉の先端部分にカメムシの幼虫らしきものがかたまっていましたが、
これはオオキンカメムシではなくて、誰だかはわからないけれど、成虫がそばにいたみたいです。
スコープの倍率をあげてもよくわからなかったのですが。。(^_^;)

右上の♂がさかんに体を小刻みに震わせていました。
以前にもこんなシーンを観察したことがあって、このあとどうなるか興味津々なのですが…
7時を廻ったころ…雨が降り出してしまい、またもや途中で撤退するはめに。。。(>_<)

   オオキンカメムシ

一昨年に見たお見合いの様子はこちら
    ↓
http://blogs.dion.ne.jp/akasyo/archives/3707829.html

実はこのときも雨に降られて観察は途中まで…
未だに交尾シーンが見られません。。。(T_T)

PageTop

オオルリの古巣

林道脇の崖斜面を何気なく見ながら歩いていて、ふとある場所に目が止まりました。
なんだか苔玉のような塊りが。。。
近づいて触ってみると、まるでスポンジのようにふわふわしていました。

オオルリの古巣

なんだか鳥の巣のような~?と思いつつちょいと背伸びして覗き込んでみた。
あら、やっぱり・・・♪
ほぼ苔でできていること。岩の窪んだところに作られていること。
オオルリの巣に違いありません。

ただし、苔は完全に乾燥して茶色くなっているし、クモの巣があるし、今年の巣ではなさそうです。
毎年オオルリのシーズンには何度も通っているのに…
ギンリョウソウが出たり、ツクツクボウシタケを見つけたり…
この崖はいつも注目しながら歩いていたのにね~(^_^;)
こんなところに巣があったなんて。。。、まったく気づかなかった。。。

オオルリの古巣"

手を伸ばして中を撮ってみました。
中に小さな白いものが見えたのでつまみ出してみたら・・・カタツムリの殻だった。。。

    オオルリの古巣

PageTop

タシロラン

5月に、たくさんのキンランを見つけたところでちょこっと宝探しをしてきました。
マテバシイの林床を歩き回ったけれど結局、目指す“宝”は見つからず。。。(謎)
あきらめて林道に戻ったところで、思いがけずタシロランを見つけました♪
まだ頭を出したばかりのものもあったので、これから・・・なのかも。

タシロラン

タシロラン

タシロラン
(ラン科トラキチラン属)葉緑素を持たない腐生植物。
千葉県レッドデータ
カテゴリーC:重要保護生物


★おまけ★

美味しそうなブリオッシュがありました♪

ノウタケ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。