鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キジの母子

農道を歩いているとき、脇の田圃の畔に、なにやら盛り上がった茶色い塊りが見えました。
土や枯れ草の塊りが鳥に見えるのは常のことなので、いちおう立ち止まって確認。
あらま、双眼鏡で確認すれば、じっとたたずむキジの母さんではないですか。

キジ母さん

すぐ脇には、母さんと同じくらいまで育った3羽の幼鳥がいました。
幼鳥たちは草の実を食んだり稲をついばんだり・・・
母さんはそれとなく子供たちを見守っている様子でした。

一番右端が母さん

キジ母子

稲を食べる幼鳥

稲を食べる幼鳥

そろそろケリが渡ってくるころだと思うのですが今年はまだ会えていません。
(去年の初認日は8月30日だった)

黄色い稲穂を掠めるように、コバルトブルーの背を見せてカワセミが飛んでいきました♪

スポンサーサイト

PageTop

クサシギ

田圃の間を流れる3面コンクリートの小さな川…
こんな水路でも毎年クサシギが渡ってきます。
そろそろ・・・来ている・・かなぁ・・・?と様子を見に行ってみたら1羽だけいました♪

ちょっと遠くて証拠写真にしかならないけれど、
今シーズン初なのでとりあえずアップしておくことにしました。(^_^;)

クサシギ

クサシギ

草むらを少し歩き、ほんの数メートルは近くなったかな・・・と思ったら
やっぱり飛ばれてしまいました(>_<)
飛んだときに、上尾筒と尾羽の真っ白な部分がよく目立ってきれいでした。

PageTop

トビの羽繕いフルコース

電線に止まったトビの幼鳥が、羽繕いを始めました。
尾羽を1本ずつていねいにていねいに・・・・

頭を掻いて、大きなあくびをして・・・・

トビ

トビ

トビ

トビ

トビ

頭掻き

大あくび

PageTop

爆笑換羽

え・・・!?

え…?

ええ~~~!?

ちょ、ちょっと…?

と、かなりびっくりしたのです・・・
体の羽はあきらかに換羽中でぼさぼさしていましたが…
後頭部の羽がごっそり抜け落ちていて、地肌が見えているのです。

以前まったく尾羽のないホオジロが囀っているのを見て驚いたことがありましたが…
ハゲのカワラヒワにはびっくり。

こんなにも激しく換羽することもあるのでしょうか・・・?? それとも病気とか?(謎)

 
そ、そういうわけか…(^_^;)

カワラヒワ

カワラヒワ

PageTop

ドロタ島のミサゴ

海岸から1キロほど沖合いに浮かぶ岩に、いつも釣り人がいるのは把握していました。
こんなに小さな岩に、多いときには5~6人もの人が釣竿を垂らしているのです。
きっとよいポイントなんだろうなぁ・・・と思っていたのですが・・・

今朝は、その遠くの岩に立つ棒のようなものの先にミサゴが止まっているのを見つけました。
で、ミサゴの写真を撮ろうと、スコープで真剣に見てみると…
ただの棒のように見えたものは、ちゃんと土台ごと岩に取り付けてあり、
なにやらコンクリートの杭のようなものも見えていて、思わず『へぇ~~~!』

で、この岩のことがあらためて気になってきたのです。
調べてみると、25000分の1の地形図に、ちゃんとこの島は出ていて、
名前は『ドロタ島』とありました。

ミサゴが止まっている棒は『チャランボ』というらしいです。『荷かけ棒』のことみたい。。。
釣りをする方にはおなじみなのでしょうが、まったく知りませんでした(^_^;)


私『ミサゴが止まっているこの棒はなにかしらね?』
夫『避雷針じゃないの?』
私『ふーん、雷が鳴っているようなときにここで釣りする人もいないと思うけどねぇ…?』

などと朝食後の間抜けな会話があったのでした。。。ははは。。。(^^ゞ



ミサゴ

ミサゴの後ろのほうにはミズナギドリの仲間がけっこう飛び交っていました。

ミサゴ

ミサゴ

PageTop

夏羽のアカエリカイツブリ♪

またなーんにいなかったわー、がっくり。。。(;゜゜)(。。;)..
と、海岸沿いの歩道を引き返す道すがら、
ふと、海面に1羽の水鳥が浮かんでいることに気付いたのです。ん?

カルガモではなさそうなのでスコープを向けてみると…
なんとアカエリカイツブリではないですかー。もう来ていたの?・・・びっくり!

しかもまだ夏羽だったし~♪(夏羽は初めて見た)
波間にぷかぷか浮かびながら、しだいに沖合いに遠ざかってしまいましたが…
思いがけぬ出会いに、思わずにんまり♪・・・・でしたヽ(^。^)ノ

アカエリカイツブリ

アカエリカイツブリ

アカエリカイツブリ

PageTop

抜き足差し足

堰の遊歩道を歩いていたら、
ヒシの葉を踏み分けながら、餌を探して抜き足差し足で歩くチュウサギが見えました。

チュウサギ

蓑羽のなごりらしきものが1本だけ飛び出しています。
そのうち抜けるのでしょうけど…なんかヘンな感じ(^m^)
餌を見つけて嘴を深く突っこんだときは、瞬膜を閉じていました。(白目のファイルに使える♪)

チュウサギ

チュウサギ

チュウサギ

  何を捕まえたのかはわからないけれど、口をもごもごさせていました。

チュウサギ

以前別の堰で、うなぎのような大物を捕えたのを見たことがあって…
カエルでも捕まえてくれたら…と、しばらく観察していたけれど、、、残念でした。(^_^;)

PageTop

はざ架け風景

しばらくフィールド散歩ができなかったので久しぶりに平砂浦の海岸を散歩してみました。
が・・・1時間半ほど歩いても、、、だーれもいなくてがっくり。。。(>_<)
しかたなく岩に砕ける波などを眺めて・・・(^_^;)

画像はサムネイル
クリックで拡大

砂浜に足跡が残っているので、そのうちだれか見つかるだろうと思っていたけれど…
かろうじてメダイチドリ3羽、キョウジョシギ1羽、それにイソシギ2羽とキアシシギが1羽。。。だけ(涙)
キョウジョシギが海藻の根っこをひっくり返すのをしばらく眺めて、引き上げることに。(^_^;)

キョウジョシギ

来るときにはまったく気づかなかったけれど
もうすでに稲刈りが終わっている田圃がちらほらありました。
ちょうどはざ賭け作業をしているところに出くわしたので、撮らせていただきました。

画像はサムネイル
クリックで拡大

クリックで拡大

PageTop

前、横、後ろ、ママ♪

砂浜を白いおだんごが転がっているように見えて思わず目を凝らしてみると・・・
それはシロチドリでした。

幼鳥が可愛くて可愛くて~♪

シロチドリ幼鳥

シロチドリ幼鳥

シロチドリ幼鳥

シロチドリママ

PageTop

ミユビシギ

先日のトウネンは抜けてしまったようでしたが、今朝はミユビシギが1羽だけいました。
群れでいるときほどには駆け回っていなかったけれど…
とにかくじっとしていないので振り回されてしまいました。。。(^_^;)

(必ずいるメンバーの他は)だれもいないように見えても、
じっくり探してみると誰かしら来ている季節です。。。
この秋には、マイフィールドで新顔に会えることを期待して。。。

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

PageTop

カラーリングつきコサギ

野鳥の森の展望台から、下に見える堰にスコープを向けていたときのこと。
カルガモ、カイツブリ、アオサギ、ゴイサギ、コサギ…と確認していると…
コサギの脚になにかついているような気がしたのです。

通常の20倍で見てもいまいちはっきりしないので、倍率を45倍にしてみると…
やっぱりー!左脚に青いカラーリングをつけていました。
白抜きの番号だか文字だかが見えるのですが、
遠すぎるし餌を狙って歩き回るのでどうしても読み取ることができません。

写真を撮って拡大してみたらなんとか読めるかな?と思ったけれど…
無理でした(;゜゜)(。。;)..

カラーリングつきコサギ

カラーリングつきコサギ

どうもアルファベット3文字が書かれているようなのですが…さらに拡大してみてもやっぱり読めないです~(涙)。。。。


★おまけ★

帰り道に田圃の畦で見つけた羽は、キジ♀の尾羽・・・かな?
キジ♀尾羽

PageTop

キツネノカミソリ

一昨年偶然に終わりかけた花を見つけ…
去年は8月の上旬にちょうどよいタイミングで見ることができたキツネノカミソリ(ヒガンバナ科)。

今年はずいぶん数が少なくて、あちらに1本、こちらに1本という具合に…かなり寂しい咲き方でした。
もしかして、草刈のタイミングとかがあるのかしら。。。(^_^;)

春にカミソリのような葉を伸ばし、夏草が繁る頃には枯れてしまい…
そのあとに花茎を伸ばすのだそうです。
当然のことながら・・・まだ葉を見たことがありません。

キツネノカミソリ

キツネノカミソリ

PageTop

トウネン

河口の橋の橋脚のところにカワセミが止まっていました。
頭頂部や腹部はまだ茶色っぽくて全体に汚れたような印象。
足もまだくすんだ色、今年生まれの若鳥♂でした。

今まで会えなかったけれど…今年もここのカワセミ夫婦は無事子育てを終了したようですね♪

カワセミ♂若

タカブシギはすでに抜けてしまったのか見あたらず。。。
海岸の方へ移動してしばらく歩いてみると、小さなクリークのところにトウネンが1羽いました♪
スズメサイズの小さなシギなので…?(←サイズのせいにするなー!)
大量のボケ画像ばかりでしたが、無理やりアップ。。。とほほでございます。。(;゜゜)(。。;)..)

トウネン

トウネン

トウネン

他にトウネンは見当たらず…遠くにミユビシギが2羽いましたが、近づく前に飛んでしまいました。
メダイチドリ、シロチドリ、キョウジョシギ、キアシシギの群れはまだ滞在中でした。

PageTop

トリノフンダマシと遊ぶ

フィールドに向かう途中ラジオを聞いていると、アナウンサーが『今日は立秋です・・・・』と言っている。
そうかー、暦の上ではもう秋なのね~♪
見上げた空にはうろこ雲が浮かんでいました。

モズの高鳴き、ツクツクボウシの声……なるほど~。。。それでも暑~~~い!

うろこ雲

クワの葉裏にお行儀よくかしこまったトリノフンダマシを見つけました。
手を伸ばして枝先を折り取り、いろんな角度から撮ってみる。。。
縦にしても横にしても、葉っぱを丸めても…てこでも動かない人。。。

それにしても・・・この顔は面白すぎ~!(…爆)


にゃんこ宇宙人
夢見る瞳?カエルみたい
おまんじゅうまるでタコ

PageTop

クロサギ

今朝は河口にクロサギが来ていました。
魚を狙うポーズなどがなかなか面白かったのでアップしてみました。

クロサギ

クロサギ

クロサギ

クロサギ

クロサギ

クロサギ

去年見たちょっと変わった餌狙いポーズもなかなか面白いので興味のある方はどうぞ♪
  ↓
http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-138.html"

↑はどちらも魚を狙っているところなのですが…

道路を迂回して海岸におりてみると、クロサギの姿が見えなくなっていて、
てっきり飛んでしまったと思いきや、彼(彼女)は川岸のヨシのそばに移動していました。

川の中を歩きながら、今度は魚ではなく、さかんにヨシの葉をパクっと咥えたり、つんつんしたりして
虫を食べている様子…
へぇー、こんなふうに餌を捕ることもあったのね~(初めて見た。。。)

ヨシの葉にいるものを狙って…

何か捕まえたらしい…

PageTop

タカブシギ

河口近くにタカブシギが1羽…さかんに餌をついばんでいました。
初めはあたりにはこの子だけしかいなかったのでのんびり自由に動いていたのですが…

波打ち際にたまっていたキアシシギが近くに飛んできてから様子は一変しました。

『見慣れないやつだなおまえ、目障りだからあっちへ行け・・・』とばかりに、
キアシシギがさかんに追い立てているのです。
キアシよりひとまわり小さいタカブシギは、キアシシギが突っかかってくるたびに、ひょいとかわして
少し離れたところでまた採餌を始めるのですが…しばらくするとまたキアシがじゃまをする。。。

いったいなにが気に入らないのか、あまりに頻繁にキアシシギが攻撃をしかけるので
見ている私は思わずキアシに向かって、あんた性格悪いわねー!と言いたくなってしまいました。
メダイチドリやキョウジョシギとは平和に共存しているのに…
なんでだろう。。。やっぱり新顔だから・・・?
田圃では何度か見ていましたが、ここでタカブシギを見るのは初めてです。

1時間ほどしたころ…3羽のキアシにいっせいに追いかけられて、海岸のほうへ飛んでしまいました。

タカブシギ

タカブシギ

あくび

嘴にご注目

餌を食べている少し開いた嘴が、波打っているように見えました。
シギの上嘴は柔らかくて自在に動かせるのだそうですが…拡大してみたら…こんな感じでした♪

PageTop

あ、飛んだ~♪

海岸で休憩するメダイチドリを見ていました。
(何かの拍子に)一斉に飛び立つ瞬間が撮れて嬉しかったのです♪
飛んだときのパターンは図鑑で確認できても、なかなか頭に入っていかないですが…(^_^;)
自分で写真が撮れると、ふんふん、なるほど、こうなっているのねぇ~…と
なんとなく記憶に残っていくような気がしますが。。。。果たして。。。??

休憩するメダイチドリ

飛んだ~

ちょっと大きく・・・

PageTop

ヒメアマツバメに乗っ取られたコシアカツバメの巣

コシアカツバメの巣に白いものが見えたので近づいてみると…
入り口にはたくさんの羽毛がつけられていました。
これはヒメアマツバメが巣を使ったという印。







この巣を占領したヒメアマツバメは、すでに繁殖を終えたはずで、現在は空家ですが…
壊れた別の巣ではスズメが繁殖中で、さかんに餌を運んでいました。

残念ながらあたりにコシアカツバメの姿は見えませんでした。。。(>_<)
去年の8月に見にきたときの様子は、、、

http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-137.html

今日見つけたのは、↑のときにはなかった(気づかなかった?)巣のような気が…
ヒメアマツバメのコロニーもすでに消滅してしまったので、羽毛つきの巣はなかったと思うのです。

この春に、新たにヒメアマツバメが利用したのかもしれません。
だとすると、今年コシアカツバメが渡ってきたときには…
またもや巣は占領されてしまっていて、(;゜゜)(。。;)..まったく気の毒なことですね~(T_T)


残念なので、以前にここで繁殖したコシアカツバメの画像をアップしてみました。

細々と繁殖していたころ
2005年7月

巣立ちビナ
翼を震わせて餌をねだる巣立ちビナ(2005年8月)

PageTop

砂浜の足跡

砂浜にメダイチドリの可愛い足跡がいっぱいついていました。
海岸を歩くにつれ、先へ先へと飛んでしまうので…まるで、足跡を辿っているみたい。(^_^;)

クリックで足跡がいっぱい♪

いつも同じメンバーばかりではいまいち面白くないなぁと思いつつ…
行ってみなけりゃわからないわ。。。とダメ元で。。。
とりあえず今朝はキョウジョシギが到着していました。

メダイチドリ

メダイチドリとキアシシギ

キョウジョシギ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。