鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神経質なケリの群れ

今朝出会ったケリの群れは、なんだか落ち着きがなくて…
16羽ほどの群れがさかんに鳴き交わしながら、ここと思えばまたあちら…
おかげで、ケリを追いかけてかなり歩く羽目になってしまいました(^_^;)

もしかしたら渡ってきたばかりだったのでしょうか・・・?
なかなか一箇所に留まらず、降りたと思うと数分後には飛び立ってしまい、
かろうじて2羽だけ遠くから撮ることができました。

胸と腹の境目の、黒い帯がないのは幼鳥のようです。

ケリ

ケリ


車に戻る途中、畦にひょっこり姿を見せたキジの♀

キジ♀

スポンサーサイト

PageTop

大小黒蒼

しばらくぶりに河口に行ってみると・・・
ダイサギ、コサギ、アオサギが、仲良く(?)近くに並んでいました。

そこへ、なんともタイミングよくクロサギが飛んできて・・・
期せずして4種のサギの揃い踏みになりました♪

ダイサギ

コサギ

アオサギ

クロサギ

PageTop

めげないノスリに思わず拍手♪

車で移動中、前方の杉の梢に止まったノスリを見つけました♪
後ろ姿だったので、首を回すのを待って。。。

ノスリ

せっかくゆっくりしていたのに・・・突然じゃまが入ります。
カラスがノスリめがけてモビングを開始したのです。
こんな場面になると、大抵はノスリがあっさりと飛び去ってしまうのですが…

繰り返し攻撃をしかけるカラスに向かって、翼を広げ大きな声で威嚇します。
何度突っかかってもひるまぬノスリに、
気をそがれたのかそれとも興味をなくしたのか、ついにカラスは飛び去ってしまったようで…

大声で威嚇するノスリ

ノスリを攻撃するカラス

ノスリを攻撃するカラス

ノスリ

やったね!ノスリ!☆.。.:*‥°☆.。.:*‥°☆.。.:*‥°☆.。.:*‥°☆.。.:*‥

今度は正面向きに止まった♪

PageTop

定着するか?ハヤブサ幼鳥

稜線の直下あたりの岩場にハヤブサの幼鳥が止まっているのを見つけました。
16日に見つけた幼鳥と、たぶん同じ個体ではないかと思われますが・・・

あの数日後には、ずっと上のほうの木の枝に止まっているのを見かけましたが、すぐに飛んでしまい…
その次には、山の上の鉄塔の天辺にじっと止まっていたけれど(カラスにも動じなかった)
ほぼ真下からでは撮りようもなかったのです。

以前この岩棚を利用していたハヤブサ夫婦が姿を見せなくなって数年経ち・・・
昨シーズンは一度もこのあたりに止まった姿を見ることができなかったので・・・
(いつも稜線を越えて飛んでいく姿を見送るばかりでした。。。)

この若いハヤブサが、シーズン中ここに定着していてくれたらいいなぁ~~
と、切に思うのです。。。。パンパン!!

ハヤブサ幼鳥

ハヤブサ幼鳥

ハヤブサ幼鳥

PageTop

ホオアカとオオジュリンのツーショット♪

セイタカアワダチソウに止まったホオアカを撮っていたのです。
(左側の草の茎に注目してくださいね)

ホオアカ

次の瞬間に、隣りの草にも・・・ホオアカが・・・と、とっさに思ったのですが・・・
ん?よく似てはいるけど、ちょっとホオアカと違う気がする・・・?

スコープを覗いてはシャッターを押し、またスコープを見ては悩む。いったい君は誰なんだ~?
そんなことを何度も繰り返したあげくに、やっと気がつきました(^_^;)
あーら、オオジュリンだわー♪

というわけで、ホオアカオオジュリンのツーショットが撮れたのですが・・・

画像を確認してみると、2羽のホオアカにしか見えないものが何枚もあって、
かえって悩ましかったです・・・(^_^;)

特徴がよくわかる画像を選んでアップしてみましたが。。。。。
オオジュリンのオス・・ですよね? いまいち自信ナシ・・・(滝汗)

オオジュリンとホオアカ

オオジュリンとホオアカ

オオジュリンとホオアカ

オオジュリンとホオアカ

PageTop

タシギ

今日もまたタマシギに振られてしまったようで、ちょっとがっくりしていたら、
クサシギを見つけました♪
そこへ、タイミングよく降り立ったタシギと仲良くツーショット♪

クサシギとタシギ

土手の草に身を隠しながらすこしずつ近づいてはみたけれど…
クサシギにはあっさりと飛ばれてしまいました(^_^;)
タシギは今シーズン初でした♪

タシギ

タシギ

PageTop

オオタカ

あれ以来、何度も来ているのにいつも空振りだったオオタカ
1時間待って、もう帰ろうかなぁと思い始めたとき、突如としてアンテナに飛来。
いつもは下なのに、、、上の段に止まってしまったのが誤算でした。。。
その分遠くなってしまったけれど・・・(^_^;)

オオタカ

オオタカ

オオタカ

オオタカ

オオタカ

たった5分で飛び去ってしまったので、あたりをぐるりと歩いてみると・・・
カラスザンショウを食べに来たエゾビタキに会えました♪ 

エゾビタキ

PageTop

ホオアカが到着していました♪

川沿いの農道で・・・
対岸のセイタカアワダチソウに止まったホオアカを見つけました♪

ホオアカ

ホオアカ


★おまけ★
すぐ近くのススキに止まったホオジロ

ホオジロ

PageTop

ホオジロの口の中が見えた~♪

ホオジロは、秋にもけっこう囀りを聞かせてくれるのですが、
ちょうど目の高さあたりで囀っているのをスコープで見ていたら…お口の中までよく見えました♪

いまいちタイミングが合わなくて、目いっぱい口を開いたところがなかなか撮れません。。。(^_^;)

ホオジロ♂

ホオジロ♂

ホオジロ♂

ホオジロ♂

ホオジロ♂

PageTop

オシドリの群れ♪

そろそろカモが来ているかも・・・と、久しぶりに吹代堰に行ってみました。
まだほとんどがカルガモでしたが、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、オカヨシガモが数羽ずつ、ヒドリガモは10数羽入っていたようです。

堰の反対側にも回ってみると、やはりカルガモの姿が多かったです…
ところが…手前から順繰りに確認していたのですが、奥にいる群れを一目見てびっくり~!
なんと、オシドリの群れが入っているではないですか♪

まるで水面に花が咲いたかのようにカラフルなオシドリの群れは全部で20羽。
こんなに近くで群れを見たのは初めてだったので感激してしまいました。

オシドリ

オシドリ

カルガモの群れが飛び立ったときではないかと思うのですが、取り込んだ画像の中に、
一斉に首を伸ばしているものがありました。
このときはまだ飛びませんでしたが…は警戒していたようです。

首を伸ばして警戒中

どんどん泳いで遠くなってしまったので、岸辺のセイタカアワダチソウに身を隠しながら
私も少しずつ移動していたのですが・・・
何かの拍子に一斉に飛び立ってしまいました(^_^;)

オシドリ

オシドリの群れが飛んでしまったので、、、帰りがけに別の堰の脇に車を止めて…
車の中から双眼鏡を向けました。。。(この堰にはヨシガモがよく入るのだけど…)
…残念、カルガモばっかじゃん。。。首を伸ばしてさらに奥のほうをチェック。
すると、倒木の低い枝に数羽のカモが。。。枝に止まるといったらオシドリでしょうが。。。

双眼鏡ではよく見えないので、車を降りてスコープで確認、、、やっぱりオシドリでした♪
枝に止まった4羽と、水面にも2羽、死角にはまだいるかもしれないけれど。。。

カルガモとオシドリ

立て続けにオシドリに出会えたラッキーな朝でした。ヽ(^。^)ノ

PageTop

ジョウビタキ♂

鋸南町の佐久間ダムで、ハチクマが渡っていくのを見送りました。

ダムの岸辺の倒れかけた枯れ木に、ミサゴが止まっているのを見つけ…
けっこう遠かったけれど、低い位置だったし…もう少し先まで、と欲をだしたら、
気付かれてしまったようで・・・(^_^;)

飛んだミサゴを見送って、ついでに上空を旋回しているトビに双眼鏡を向けて1羽ずつ見ていたら…
思いがけず、、、6羽ほど飛んでいた中の2羽がハチクマだったのです♪

うぉーっ、ラッキーとばかりにスコープでの観察に切り替えてしばらく追いかけていたのですが…
2羽のハチクマは、次第にトビから離れてぐんぐん上昇し、やがて遠ざかっていくようなので…
どっちに飛んでゆくのか確かめようと、豆粒になるまで双眼鏡で見ていました。

北西の方向に飛んでいったようなので、、、富津岬へ向かったのかもしれないと思いました。

ミサゴ


ダムの周辺でジョウビタキ♂の追っかけをしました♪

ジョウビタキ♂

カラスザンショウに止まるジョウビタキ♂

カラスザンショウに止まるジョウビタキ♂

PageTop

シロバナヤマハッカ

シロバナヤマハッカが咲いていました♪
まだ咲き始めたばかりのようです。
一昨年初めてヤマハッカの群生の中にシロバナヤマハッカを見つけたのですが、
昨年はとうとう見つけることができなくて・・・

刈られた土手の、上のほうを丹念に探してみたら、
一作年見つけたのと同じあたりに何本かありました♪
シソ科の植物なので、こぼれた種から翌年も出てくるはずだし…
去年は探し方が足りなかったのでしょうね~(^_^;)

シロバナヤマハッカ

シロバナヤマハッカ

一作年初めて見つけたシロバナヤマハッカ

http://blogs.dion.ne.jp/akasyo/archives/4387624.html

こちらは普通のヤマハッカ。もう少し淡い色合いのものもありました。

ヤマハッカ


★おまけ★

シロバナコシオガマは、ちょっと遅かったみたい。。。(なので、おまけにしました)
たったひとつだけ残っていた花も、終わりかけてしょぼくなってました。。。(^_^;)

シロバナコシオガマ

去年のシロバナコシオガマは29日だったのですが…↓

http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-202.html

今年は早かったのですね~
ただ、去年まではたった一株だけだったのが、今年は、近くに小さな株が二本あって、
終わった花がひとつだけぶら下がっていました。。。来年に期待してみましょうか。

PageTop

ジョウビタキ

野鳥の森で、ジョウビタキに出会いました。
去年より3日早い初認。
初認日に写真が撮れたのが嬉しかったですね~♪

ジョウビタキ♀

大きなクモの巣が先にあるのですが、なんとなく彼女の視線はクモに行っているような・・・?

ジョウビタキ♀

ジョウビタキ♀

PageTop

ハヤブサ幼鳥

サシバを見送ったあと、山を下って某Fパークの駐車場に車を止めて…
ハヤブサを探してみることにしました。
山の斜面の木とか、鉄塔のあたりとか、猛禽が止まりそうなところをひととおりチェック。

なーんにも見つからないし、海岸沿いの道をしばらく歩いたけれどミサゴも見えません(>_<)
しゃあない、戻ることにしよう・・・・
と、斜面の途中の木に、、猛禽らしき姿がありました。
スコープで確認するとハヤブサだったので、それーっとダッシュです!

ところが・・・
やっと100メートルくらいのところまで来たのに、なぜか急に飛びたってしまいました(>_<)
あーあ、(;゜゜)(。。;)..。。。

ため息をつきながら・・・三脚を縮めてスコープをしまい、お茶を一口飲んで、、、エンジンをかけ、、、
なにげに山の斜面に顔を向けると、
あらまっ、いつの間に戻ったのかまた同じ木に止まっているではないですかヽ(^。^)ノ

どうやら、この幼鳥は、ヒヨドリの狩りに失敗して、すぐに戻ってきたらしいです。
斜面に沿って飛ぶヒヨドリの群れをじーっと目で追っていましたから。。。

ハヤブサ幼鳥

ハヤブサ幼鳥

ハヤブサ幼鳥

ハヤブサ幼鳥

PageTop

5羽のサシバ♪

先週エゾビタキやアトリを見た山で、また何か見られるのを期待して待ちました。
にぎやかに鳴きかわしながら飛び回るヒヨドリの群れを眺めていると…

どこかでアオバトが鳴いています。声を聞くのは久しぶりなので思わず耳ダンボ♪
さほど遠くではなさそうだけど、いったいどこにいるのやら姿の確認はできません・・・(^_^;)
エゾビタキがしばし近くの枝に止まるも、今朝はせわしなくすぐに飛び去ってしまいました。

突然降ってわいたように現れた2羽のサシバを木の枝越しに見ていると…
あれれ、さらに1羽、また1羽・・・4羽のサシバが旋回しながら徐々に上昇していくのです。
思わず時計を見る。。。6時30分。
朝陽がカーッと照りつけていましたから、上昇気流が発生していたのでしょうか。
遅れてさらにもう1羽が合流。

5羽のサシバは、やがて平砂浦の上空から洲崎方向へ飛んで行きました。
三浦半島へ向かったのでしょうか。。。

サシバ

★おまけ★

珍しく、さほど見上げなくてすむ位置からコゲラが撮れました(嬉)

コゲラ

PageTop

ノビタキ

よそ見をしている間に、タマシギが対岸の草むらに走り去って(!)しまったので、
車に戻りながらノビタキを探します。。。

なかなか見つからないなぁ・・・と再び対岸にまわってしばらく歩いたところで、
やっと見っけ~♪ 
2羽のノビタキが、ススキやセイタカアワダチソウやセンダングサに止まりながら…
可愛い姿を楽しませてくれました♪

ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

PageTop

3羽のタマシギ幼鳥♪

時間切れでちゃんと見られなかったタマシギ成鳥を、今日こそ見てやる~!
…と、勇んで探しに行ったのですが…
昨日の場所にはいそうもなくて(^_^;)、次の橋からスコープで丹念に探していたら、
かなり遠いけれど草の根元に2羽のタマシギの姿をかろうじて確認できました。

ぐるりと迂回して対岸に回り、見失わないように場所を確認しながら少しずつ移動…
やっとはっきりと見えるところまで来てみたら、昨日見た3羽の幼鳥でした。

タマシギ幼鳥

私をじっと観察しながら、、、私が草を避けたり、クモの巣を払ったりしている間にささっと動くらしくて、
近づくにつれて、少しづつ姿勢が変わっていきます。
あれ? これって、『ダルマさんが転んだ作戦』の逆バージョンみたいですね~(^m^)

タマシギ幼鳥

タマシギ幼鳥

タマシギ幼鳥

タマシギ幼鳥

残念ながらいくら探しても、成鳥を見つけることはできなかったです。。。今日のところは。。。

PageTop

隠れタマシギ

チョウゲンボウに飛ばれたあと、そのまま川沿いの道を歩きます。
9月に、3年ぶりにタマシギを見つけて以来、、、
何度も来ているのだけど、どうしても見つけることができなかったので、かなり口惜しくて(^_^;)

草むらに潜んで、じっとこちらの様子を窺っているに違いない。絶対にいるはずなんだから。。。
と、かなり強引に決め付けて、双眼鏡で草の間を舐めるように探してみると…
ややや、やっぱり~~!♂の幼鳥がじっとうずくまって私の方を見ていました。

タマシギ

さらに近くを探してみる・・・草の根元になんとなーく怪しい塊り・・・
こちらは双眼鏡で見てもさっぱり見えないのです…でも気になるなぁ~~
スコープを向けたら、ビンゴでした~♪ こちらの草陰には2羽の幼鳥がいました。
幼鳥は3羽いたのですね~ヽ(^。^)ノ

タマシギ

こうなったら、ぜひとも成鳥を探したくなります。
残り時間もあとわずかでしたが、さらに30メートルほど先のヨシのあたりにスコープを向け…
葉の隙間、茎の隙間から何か見えないかとじーっと目を凝らしていると…

採餌中のタマシギの…嘴がちらり、胸側の白線がちらり・・・♪
どうやら2羽いるような気がするのですが、、、、
ヨシの向こう側にいるので、もう少し前に出てきてくれないと見えませ~ん!(涙)
かろうじて1枚だけ撮れていましたが、残念ながらここで時間切れになってしまいました(>_<)

タマシギ

PageTop

連続チョウゲンボウ♪

ミサゴが飛んでいってしまったので、別のフィールドへ向かう途中の田圃道。
前方をひらひら飛んでいたチョウゲンボウが脇の田圃に下りるのを見つけました。
見ていると、200メートルくらいの範囲を飛んでいるようなので、
車をそばの空き地に止めてしばし追っかけをしてみることに…

チョウゲンボウ

この♀とは初対面のはずなのに、フレンドリーというか、警戒心がそれほど強くないのか、
20メートルくらいまで近寄ることができました♪

チョウゲンボウ

しばらく遊んでから、次のフィールドへ…
いつもの橋に車を止めて、三脚を出そうとハッチを開けたときのこと、
ライスセンターの上空でチョウゲンボウがハシボソガラスと空中戦の真っ最中でした。

最初はカラスにモビングされたのでしょうが…
このチョウゲンボウはかなり気が強いのか、空中戦が終わりそうにないので思わず時計を見る私。
3羽ほどだったカラスは次第に増えてきます。
ライスセンターの屋根にずらりと並んだカラスをめがけて突進し蹴散らすチョウゲンボウ

カラスのほうも負けじと突っかかっていきますが、
チョウゲンボウは一瞬きりもみ状態になって身をかわし、カラスを追いかけ。。。
あまりに面白いので双眼鏡でずっと眺めていましたが…

思うに、空中戦の様子から、チョウゲンボウはライスセンターの屋根あたりに止まりたかったらしい。。。
が、しかし、いかんせん、多勢に無勢では・・・ついにその場を明け渡し…飛んでいきました。
それでもたっぷり15分ほど空中戦を楽しませてもらったのでした♪

川沿いの道を歩き出したとき、そのチョウゲンボウが田圃にいるのを見つけたけれど・・・
200メートルくらいのところで飛ばれてしまいました(^_^;)

チョウゲンボウ

PageTop

3羽のミサゴ

丘の上のアンテナに今朝はミサゴが止まっていました。
オオタカを期待して行ったのでちょっとばかり残念な気がしなくもないけれど…

ミサゴ

しばらくすると、別のミサゴが飛んできてアンテナの付近を旋回し始め…
さらにもう1羽のミサゴが姿を現しました♪ 3羽のミサゴはさかんに鳴き交わしているのです。
『ピョッ!ピョッ!ピ~ユ~~!・・・』

この時期、海岸にいると一度に5羽のミサゴを見ることもあるのですが…
山間部で3羽一度に見られるとは思いがけないことでした♪

ミサゴ

しばらくの間、アンテナを中心にしてあたりを飛び回ったり、それぞれに止まってみたり…

ミサゴ

ミサゴ

圧巻だったのが、3羽のミサゴが3段止まり♪
同時に止まっていたのはほんの1分ほどでしたが…
めったに見られないシーンに、思わずにんまりしてしまいました♪

ミサゴ

PageTop

トリカブト

林道で、トリカブト(キンポウゲ科)の花を見つけました♪

トリカブト

トリカブト

淡いブルーの小さな花が行く手に見えて…近づいてみたらホシアサガオでした♪
今まで一度しか見たことがないので、私にとっては、トリカブトよりも珍しい気がするのです。。。

ホシアサガオ

PageTop

渡れないキアシシギ

9月25日に書いた、気の毒なキアシシギにまた会いました。
(記事はこちら)
   ↓
http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-452.html

他のキアシシギたちはもう残っていないので、みんな渡っていってしまったようです。
ちょっと深いところを移動するとき、普通ならひらりと飛んで移動するのに、、、
この子は泳いで(!)いました。ほんの一瞬でしたけれど…
だって飛べないですもんね~(>_<) 
垂直ジャンプはかろうじてできていたようですが。。。

キアシシギ

キアシシギ

かわいそうだけど、どうしようもないですね~
いつまで元気でいられるものやら。。。(T_T)

PageTop

エゾビタキとアトリ♪

高台の駐車場から、下方に望める電線に1羽のエゾビタキが止まっているのを見つけました♪
急いで坂道を下って探してみたけれど・・・どこへ飛んだのか結局見つからないまま、
急坂をハァハァいいながら元の場所へ引き返してきたのです…

すると・・・サクラの枝先にエゾビタキが止まっているではないですか~♪
しかも、同じ木の、少し離れた枝にはもう1羽のエゾビタキ
きゃぁ~~!(嬉)

エゾビタキ

エゾビタキ

しばらくして、1羽が飛んでしまい…(もう1羽はずいぶんゆっくりと止まっていました)
数分後、また同じ木に戻ってきた…と思ったら…
それは、思いがけずアトリでした。ちょっとびっくり♪

アトリ

アトリ

アトリ

アトリエゾビタキも、こんなに近くでゆっくり見られたのは初めてのことで…
とっても贅沢な気分を味わったのでした♪ ヽ(^。^)ノ

PageTop

繁殖を遅らせたコシアカツバメ⇒無事巣立ちました♪

9月9日付けの、巣作り真っ最中のコシアカツバメの記事を覚えておられるでしょうか。
    ↓
http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-442.html

そろそろ巣立つ頃ではないかと思い、確認に行ってみることにしました。
車を止めて、巣の方を見やれば・・・
ちょうど、巣の手前の低い電線に親鳥が止まっているのが見えました。

コシアカツバメ

尾羽の長いほうがたぶんパパだと思いますが・・・
電線で鳴きかわしながら、しきりにすぐ後ろにある巣に飛んでいっては縁に止まり、
再び電線に戻ってくることを何度もくり返しているのをみて、

もしや巣立ちを促しているのではないかしら、と思いました。
ここからでは巣の様子がよく見えないので、少し近づいて建物の脇のほうから見てみると・・・
(メンバーが変わって)右側のコシアカは尾羽が短めで幼鳥のようですが…

コシアカツバメ

巣の中にはまだヒナがいるのが見えました。
コシアカツバメ

頭を外に覗かせて、ときどき身を乗り出すようにしたり・・・
なんだか今にも巣立ちそうな雰囲気だったので注目していました。
数分後、いきなり巣から飛び出したと思うと、そのまま空中をスーイスーイと飛んで、
なんともあっけなく巣立ってしまったのでした。

この子が飛び出すとほぼ同時に、電線にいた夫婦も飛んで・・・
あたりには10数羽のコシアカツバメが飛び交っていました。
どうやら、この子が最後の1羽だったようでした。

それにしても、なんてナイスなタイミング♪ あと5分到着するのが遅れていたら、
たぶんあたりを飛び交っているコシアカツバメを見るばかりだったはずです。。。ラッキ~♪

電線に並んで止まったとき、全部で14羽いることがわかりました。
1羽ずつ確認することができなかったので、巣立ちビナが何羽いたのか定かではないですが…
9月のあのときに、もうひとつ新しくできていた巣から巣立った子たちが一緒だったのかもしれません。

コシアカツバメ幼鳥

ひとり立ちできるまで、しばらくはかかるのでしょうが、
10月に巣立った子供たちが、なんとか無事に越冬地までたどりつけますよーに!
ガンバレ~~! p(^^)q

PageTop

アリスイ

今年もアリスイが到着していました。
畑の間を歩いていると、すぐ近くでアップテンポの鳴き声が聞こえてきましたが…
目の前の藪に視界を遮られて姿はまったく確認できません(^_^;)

急いで迷路のような細い道を回りこみ、ようやく声のしていたところまでたどり着くも…
すでに鳴き声はやんで、どこにいるのやらさっぱり見当もつきませんでした。
やっぱり視界の開けたところで待ち伏せしないとだめかなぁ~。。。

セイタカアワダチソウなどが伸び放題の荒地で、周りの草を少し踏み固め、
三脚を据えて待ってみることにしました。

前方に見える電線にはときどきモズやホオジロやコムクドリが止まります。
200羽あまりのヒヨドリの群れが岬のあちこちを飛びまわっているのですが…
肝心のアリスイの声はさっぱり聞こえてきませんでした(焦…)

コムクドリ

コムクドリ

草むらにじっと立っているので、ヤブカの総攻撃を受けるし、なかなかアリスイは現れないし…
時間が経過するうちに、始めの期待が、次第に後悔に変わっていくのです。。。(;゜゜)(。。;)..
場所変えようか…?いや、もうちょっと粘ってみるか…(悩)

1時間を過ぎて、もうだめかなぁ~~と思い始めたころ、
前方に見える竹の後ろに、鳥らしきもの止まっているような気がして双眼鏡を向けてみたのです。
あらま、いつの間に来たのか止まっていたのはアリスイでした♪

写真を撮るにはいかにも遠すぎでしたが、とりあえず証拠写真。
アリスイ

トリミングしてみればそれとわかるスタイルですけれど・・・(^_^;)
アリスイ

数枚撮ったところで、視界から消えてしまいました(>_<)
声がしないと、いったいどっちに行ったのやらさっぱりわからないですね~

残り時間も少なくなってきたので、これを潮に引き上げることにし、車に戻る道すがら…
電線で激しく高鳴きをくり返すモズを、横目で見ながら畑の脇を通り…
そのまま畑の後ろの藪を見ながらなにげに歩いていると…
ん??ほんの10メートル先の枝にこちら向きに止まっている鳥が目に入りました。

ちょうど日陰になっていたのでシルエットでしたが、、、
大きさといいスタイルといい、とっさにアリスイだと思ったので慌ててスコープを向けました。
急いでカメラを押し付けた瞬間には飛んでしまったのですが・・・
ラッキーなことに電線に止まってくれたのです。しかも、高鳴きをしているモズの脇に~!

モズとの距離は3メートルほどでしょうか。
面白かったのは、アリスイが隣りに止まってからのモズの様子。
まるで、隣りに止まった見慣れない鳥にとまどったみたいに
高鳴きの声のトーンが、あきらかにダウンしてきたのです。

鳴いてはいるのだけど、だんだん力が入らなくなったような・・・
軍配はアリスイに上がったようでした。モズが先に飛んでいき、、、

アリスイも一緒に鳴いていたら面白かったのにね。。。

数分後にアリスイが飛び去ったときに、ちょうど時間切れという。。。
なんだか最後になって、得した気分を味わったのでした。

アリスイ

アリスイ

PageTop

ダムのミサゴ

今日こそは…と、期待満々で丘に向かい、
逆光にならない位置から(オオタカを)待ち伏せしたみたけれど…
あっさり振られてしまいました。がっくし。。。

帰り道、ダムの堰堤をのろのろと車を走らせていると、
遠くの木の枝先にミサゴが止まって、のんびり羽繕いをしていました。

このダムでミサゴに出会ったのは久しぶりかも~
もうちょっと近いところならよかったのに。。。。
遠すぎて証拠写真にしかなりませんでした(^_^;)

ミサゴ



PageTop

アサギマダラ

林道を車で移動中、アサギマダラがひらひら飛んでくるのを見つけました♪
あ、久しぶり~!
車を止めて眺めていると・・・止まり場所を物色しているような様子です。

どこから来て、どこへ行くのか…高いところでしばし翅を休めていました。

アサギマダラ

オトコエシが咲いていました。
ホトトギスは、まだやっと咲き始めたばかりです~
オトコエシホトトギス

メイゲツソウ(赤い花のイタドリ)の実とイタドリの実が仲良く並んでいました。
メイゲツソウの実イタドリの実

PageTop

愉快なハラビロカマキリ

交尾中のハラビロカマキリを見つけました。
…と思ったら、交尾しているわけではないようですが…
前脚を♀の体にまわして動かない♂

交尾した後、オスはメスに喰われてしまうと思っていたのですが…
なんだかやけに仲良くくっついていて、喰われてしまいそうな雰囲気とは程遠い。。。
そっとオスを持ち上げてみても、メスにしがみついたまま離れない。

ハラビロカマキリ

戻そうとしたら下に落ちてしまったんですけどね、、、やっぱりくっついてる~
メスはお腹がぱんぱんに膨らんでいて、もうじき産卵するのでしょうか。
なんだかうらめしそうに見られているような気がして…

ハラビロカマキリ

ゴメンゴメンと、そばの枝切れに乗せて土手の上に置いてやったのです。
いったん前足を放して、もういちどしっかりとメスにしがみつくオス。
いったい何をしようとしているのかしらん。

まさか、、、これから交尾しようとしたところを私が邪魔しちゃった、、とか~~(^_^;)

ハラビロカマキリ

なんだかやけに可愛い♂♪・・・(^m^)

ハラビロカマキリ


★おまけ★

クモの糸に引っかかった落ち葉にしか見えないけれど、、なんとなく怪しい~(左の画像)
裏側を見たらちゃんと膨らみがあって(右の画像)…やっぱりね~♪

久しぶりに見つけたコガネグモの卵のうでした。

コガネグモの卵のうコガネグモの卵のう

PageTop

また会ったオオタカ

日曜日にオオタカが止まっていたアンテナに、
もしかしたら…またいるかもしれないと思いつつ。。。(いなかった。。)
そううまいこと会えるわけないか・・・と、引き返して林道のほうに向かったのです。

途中で車を止め、林道を歩くつもりで・・・
エンジンを切ってふと顔を上げたら、あらら…オオタカがゆっくりと前方の電線の上を飛んでいるではないですか。
もしかしたら、そのあたりに止まっていたものが飛び立ったのかもしれないけれど・・・
ゆっくりと旋回して…反対側の鉄塔に止まるかと思いきや…
結局そのまま通り過ぎて行ってしまいました。がっくし。。。

気を取り直して林道を歩き始めます。
少し見通しのよいところまで来て、丘の方向を向いたら…
いつのまに戻ってきたのか、またあのアンテナに、オオタカが止まっていたのです。

遠すぎるし、木の隙間からなので、どうしてもちゃんと撮れないし・・・(^_^;)

オオタカ

どこかにもっとよく見える位置があるかも、さらに林道を進んでみたけれど、
やっぱり斜面の木がじゃまをしてアンテナが隠れてしまいます。
丘のほうに戻っても完全に逆光だし。。。

最後の手段・・・・土手の法面を途中まで登ってしまいましたとさ(笑)
距離があるのはどうしようもないですけどね、、、よーく見えました♪

オオタカ

オオタカ

PageTop

ツリフネソウ

もうツリフネソウツリフネソウ科)が咲いているはず…と群生地に行ってみました。
ところが…
一面に咲いているはずのツリフネソウがさっぱり見あたらないのです(^_^;)

初夏にハンゲショウを撮りに来たときには以前のままの湿地になってけれど…
その後、刈られてしまったのか、湿地の様子がすっかり様変わりしていました。
畦を山際まで歩いてみたら、小さな沢ぞいにかろうじて細々と咲いているツリフネソウを見ることができました。

ツリフネソウ

去年来たときにはまだたくさん咲いていたのに・・・ちょっとがっくり。。。

↓は2006年10月撮影、初めて大群落を見つけたときの様子
ツリフネソウの大群落

丈の低い草地になっていた湿地帯、ツリガネニンジンが咲いていました。
ツリガネニンジン

もう一箇所、以前ツリフネソウが咲いていたところに立ち寄ってみました。
草深くて入れないような場所なので、近寄ることはできなかったけれど、
手前に咲いていた花をなんとか撮ることができました♪

ツリフネソウ

ツリフネソウ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。