鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミサゴの朝ごはん

杭に止まって魚を食べていたミサゴが、
近づいてくるトビに気がついて食べるのを止めました。
警戒して鳴きだすミサゴ・・・
あ、飛んじゃう~~(^_^;)

ミサゴ

飛び立ったミサゴはなぜか沖合いに向かいます。
遠くに見えるドロタ島には釣り人が二人いるし、沖へ行っても止まるところないのに。
などと思いながら双眼鏡で見ていると・・・

どうやら、一度沖に避難して再び戻ってくる気配。
大きくUターンしてこちらに向かって低く飛んでくるではないですか。
スコープをそのままにしていて大正解~~♪

ミサゴ

ミサゴ

ミサゴ

スポンサーサイト

PageTop

キアシシギ

最も普通に見られるキアシシギが・・・
どうしたことか、今シーズンはなかなか姿を見せなくて気をもんでいたのですが…
やっと到着していました。。。。

キアシシギ

先日のチュウシャクシギは、9羽になっていました。
先日は近かったので岩の陰になったりして見えなかったようです(^_^;)
メダイチドリの群れはまだ滞在中、シロチドリが2羽。。。

今朝はとうとういつものコチドリペアを見つけることができませんでした。

PageTop

今年もキンランがいっぱい♪

秘密の花園(?)に、今年もキンランが咲きはじめていました。
まだ黄色くなっていない小さな蕾のものやら、伸び始めた株やら…
去年よりもさらに増えていて、すっかり嬉しくなってしまいました。

キンランがいっぱい♪

キンラン

キンラン


ギンランも・・・去年見つけたところでは1本しか見つけられなかったけれど、
反対側で2本見つけました♪
小さなギンランはけっこう見落としているかもしれません。(^_^;)

ギンラン

PageTop

チュウサギとダイサギ

チュウサギを見つけました♪ 今シーズン初になります。
チュウサギは主に夏鳥ですが、、、同じく夏鳥のアマサギもまだ見ていないので、、、
もしかしたら、このチュウサギは越冬していた個体なのかも。。。。?

チュウサギ


こちらはダイサギ。
この子の目先は、まだうっすらと緑がかった程度です。
河原に降りていたダイサギの目先は目の覚めるようなエメラルドグリーンで、とても印象的でした♪ 
遠すぎてかなり トホホな画像ですが・・・(^_^;)

ダイサギ

PageTop

チュウシャクシギ

チュウシャクシギが到着していました♪
6羽の群れが、岩場でさかんに採餌しています。

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

岩の隙間に嘴を深く差し入れてはカニを引っ張り出して…

チュウシャクシギ

爪を咥えて振り、爪を落としてから食べていました。
大抵は落ちた部分は見えないのですが、、、
↓は爪をもがれたカニが落ちているのが見えていたのでちょっと拡大してみました。

チュウシャクシギ

PageTop

オオカマキリの孵化

あっ、生まれてる~~!
へぇ~~、こんな姿で卵のうから出てくるのね。



糸で繋がって・・・まるでカマキリダンゴみたい。



しばらくすると・・・チビカマ軍団が枝に勢ぞろいしていました♪



PageTop

腹ペこミサゴ

コチドリを探して海岸沿いの歩道を歩き出したら・・・
いつもの杭にミサゴが止まっていました♪

お腹はぺちゃんこなので、まだ朝ごはんにありつけていないようです。
魚を食べているときなら飛ばれてしまう距離なので、
かなり慎重に移動していたのですが、あまり警戒もされなくてなんだか拍子抜け。

食事中と休憩中では警戒の度合いが違うのかもしれないと思いました。

ミサゴ

ミサゴ

ミサゴ


今朝はさほど時間もかからずにコチドリペアを見つけることができましたが…
つかず離れずといった距離のまま、それぞれに餌をついばみながらのチドリ足。

20分ほどスコープで♀を追いかけてみたけれど、、、怪しいそぶりもみせないし、
結局何事もないまま時間切れになってしまいました。(^_^;)

PageTop

ギンリョウソウ

海岸に行ってはみたけれどあまりにも風が強く、
顔にピシピシと砂粒があたって観察どころではないので早々に撤退することにして…

そろそろギンリョウソウが出ているのではないかと探しに行ってみると、
落ち葉の間から真っ白な頭が見えていました♪
まわりの落ち葉をどかしてみたら、けっこう伸びているのですね。

ギンリョウソウ(イチヤクソウ科)

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

PageTop

コチドリの交尾

先週(17日に)観察したコチドリペアを探して、
あのときディスプレイを見たあたりをスコープで丹念に探してみたけれど、
どうしてもコチドリの姿を見つけることができません・・・(^_^;)

結局、見つけるまでにけっこうな時間がかかってしまったのですが…
(あきらめかけたときにやっと見つかりました♪)
たまたま見つけたのがオスだったので、この子をずっとスコープで追跡していました。

すると・・・先日とはまったく違うところでしたが、
またも、窪みに座り込んだり、スクレイピングディスプレイをしたりするのを数回観察、
しかもメスが下に入り込んだのを2回も見てしまいました。ラッキ~!

近くにはいても、ぴったり寄り添っているわけではなく、
2羽同時に観察するのは無理なので、そのままオスをスコープで追い続けていたのです。

しばらくして、たまたまオスとメスが一緒にスコープの視界に入ったときのこと、
メスの後方にいたオスが、いきなり小刻みに足踏みを始めました。
え…?いったいなにやってんの?

なんだか怪しいので、急いでカメラを押し付けてシャッターを切りました。
そのとき、液晶画面にメスの上に乗るオスが見えたのです。 
『わぁー!交尾だ~!』 とまたシャッターを押して…

何回かシャッターを押したあとに、まだ乗っているのを見て、
再びスコープで見て、、、急いでまたカメラを押し付けてシャッターを何回か押し・・・
それでもまだ乗っているので、またスコープで見て、、、そしてカメラを押し付けて・・・









コチドリの交尾シーンが意外と長かったことにちょっとびっくりしています。
よく電線でスズメの交尾を見ることがありますが、ほんの数秒間で離れてしまうし、
カルガモの交尾シーンを目撃したときだって、とてもじゃないけれど間に合わなかったし、、、

帰ってからカメラの詳細画面で確認してみると…
1枚目の、上に乗ろうとする瞬間から、終了直後の画像まで…
この間の時間は1分半ほどでした。

コチドリの交尾シーンを見たのは初めてなので、
これが長いのか普通なのかはさっぱりかわからないのですけれど。。。

思いがけず交尾シーンが見られて、うまいこと写真も撮れてしまって、
思わずにんまり、大満足の朝のひとときでした♪ ヽ(^。^)ノ

PageTop

オオルリ

このところ海岸ばかり見ていたので、
今朝は渡ってきているはずのオオルリを探しに行ってみました。
いつものポイントに向かうと、なんともタイミングよく囀りが聞こえてきました。ラッキ~♪

オオルリ

オオルリ

オオルリ


頻繁にソングポストを移動しながら囀っていたのですが、
近くにいたモズに対してと思われる、行動が興味深かったです。
手前に止まっていたモズが、ひょいと後ろに飛んで見えなくなったのですが…

左手から突然木の中に飛び込んできたオオルリが、尾羽を広げてヒクッヒクッと動かしながら
大きな舌打ち音を出して威嚇(あるいは牽制?)を始めたのです。
モズの姿は見えてはいませんが、、、たぶん相手はモズではないかと思うのです。
なんとも 『へぇ~~~!』 なシーンにちょっとびっくり。

警戒音を出すオオルリ

PageTop

サシバ

待ち時間ウォッチングで山里をお散歩していてサシバを見つけました♪
今シーズンの初認でした。
同じ場所で去年は4月6日に確認していますが…

センダイムシクイ、メボソムシクイの囀りも聞くことができました。
モズの求愛給餌も見てしまいました♪

鳥の写真がさっぱり撮れなくて・・・(^_^;)
画像はジャコウアゲハとニワハンミョウ。

ジャコウアゲハ

ニワハンミョウ

PageTop

ハマシギ

昨日のコチドリペアは、今朝はかなり遠くで駆け回っていたので観察できず。。。
ミユビシギの群れは抜けてしまったらしくて見あたらず。。。
メダイチドリの群れと一緒にハマシギが2羽、ミユビシギが1羽だけ入っていました。

ハマシギ

ハマシギ

ハマシギ

PageTop

コチドリペア

昨日に続き、コチドリの卵の確認に行ってみましたが…
残念ながら、卵は増えていなくて、まだ一個のまま・・でした(>_<)
じゃあ、いったいなんのためにこの一個を産んだのか?とか疑問は残るものの…
どうやら諦めるしかなさそうです。。。(;゜゜)(。。;)..


気を取り直して隣りの海岸のコチドリペアを観察することにしました。
いつも見かけるあたりを、絶対どこかにいるはず!とスコープで舐めるように探すうち・・・
やっと♂を見つけることができました♪

走り回るオスをスコープで追いかけていると、はたと立ち止まって、、、
おっ、またスクレイピングディスプレイだ、、と急いでカメラを押し付けて連写したのですが…
ちょうど走り寄ってきたメスがオスの下に潜り込んだところが撮れていました♪

ほんの一瞬のことなので、とてつもなくラッキーなことでしたヽ(^。^)ノ

コチドリオス

コチドリペア

コチドリペア

コチドリペア

三日前にもこんなシーンを目撃しているので、
なかなか進展しないのはなぜ?と思わなくもないけれど・・・

オスが歩きながら『ピッピッピッ・・・』と小声で鳴いてメスを呼ぶシーンや、
一瞬交尾しそうな雰囲気になったものの、メスがするりとかわして逃げてしまったり…
いろいろ興味深いシーンを何度も観察できてなかなか面白かったです。

↓は一瞬スクレイピングディスプレイかと思ったのですが、
ズズズズと体を揺すって砂を掘っていたみたいです。
窪みを作ったあと、あたりの小石だか貝殻だかをつまんでポイッと放り出していました。
ここも巣の候補場所なのでしょうか・・・?

コチドリオス

見ていると興味は尽きないのですが、残念ながら時間切れになってしまいました。

PageTop

キョウジョシギとミユビシギ

ミユビシギの群れが来ていました♪
キョウジョシギも1羽見つけたのですが、じきに見失ってしまいました(^_^;)

キョウジョシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ



★ 気になるコチドリの卵 ★


一個増えているのを期待して確認に行ってみたのですが・・・
昨日とまったく同じ状態のままでした。(ハズレだったかなぁ・・・?)
ただ…確認に行ったのは7時半頃なので…その後の様子は不明です。
また明日も確かめに行ってみなくては。。。(^_^;)


PageTop

コチドリの災難

夕べの大荒れの天気に、、、
海岸ではさぞかし強風が吹き荒れているのではないか、抱卵中のコチドリは無事なのかと…
今朝は心配しながら海岸へ行ってみたのです。

ところが・・・
観察位置に立ってスコープを向けてみても・・・
目印にしていた枝や小石もどこかに吹き飛んでしまい、
吹き寄せられた小枝の小さな山があちこちにできていて、
大雑把な位置は把握できても、巣の場所がさっぱり特定できません(^_^;)

うーん、、困った、、と思いながらもスコープで丹念に砂浜を探していたら、
運良くコチドリのメスを見つけることが出来ました。
そのままスコープで追いかけていると、突然ひょいと飛んで…

ちょうど巣があったあたりの、小石の陰にしゃがむのを見ました。
一瞬抱卵か?と思ったけれど、数秒後には飛び去っていきました。
で、急いでそこに駆けつけてあたりを探してみたら。。。

そこには、バラバラに転がった3個の卵。。。(>_<)
そして、近くの小石のそばには第4の卵があるではないですか。
しかも、その卵の下には浅く砂を掘ったと思われる痕跡があります。

もしかして、この卵はたった今産んだばかりとか・・・??

転がってしまった3個の卵と第4の卵

産んだばかりかもしれない卵

巣から転がってしまった卵は、たぶん自分の卵とは認識しないのではないかと思うし、
だとすると、再び卵を生み足していくのかな・・・?
それにしても、軽く掘っただけで貝殻も何も敷き詰めていないのが気にはなるのですが、、、

明日になって、卵が増えていれば、そのあたりもはっきりすると思うのです。

PageTop

ハマシギとメダイチドリ

まず、昨日のコチドリが抱卵を続けているのを確認してきました。
オスが抱卵していたら写真を撮ろうと思ったけれど…今朝もメスが座っていたのです。
そのうちに抱卵交代シーンでも見られたらよいのですけれど。。。

隣りの海岸のコチドリペアは、、、(先週スクレイピングディスプレイを観察したペアですが…)
今朝は、スクレイピングディスプレイをするオスの後ろに、
メスがさっと入り込んだのを目撃して思わず目を瞠りました。

話には聞いていたけれど、、、
オスの、広げた尾羽の下にメスが潜り込むのを初めて見て、
へぇー、なるほど!…これがOKのサインなのね~、と納得したのです。


波打ち際に1羽のハマシギを見つけました。
近くにはメダイチドリが、1、2、3、・・・10数羽はいたと思いますが・・・
近づこうとするとどんどん遠ざかってしまうので、しょぼい証拠写真しか撮れませんでした(^_^;)

ハマシギとメダイチドリ

メダイチドリ

PageTop

抱卵を始めたコチドリ

スコープで、海岸を走り回るコチドリ(♂)を追いかけていたら、
立ち止まったオスの手前にじっと佇むメスがいました。

むむっ、、、(?!)ちょっと閃くものがあって、
私はそのまま、ほとんど動かないメスを観察してみることにしました。

うーむ。。。10数メートルの距離なのですが…目を離すと見失ってしまいそうなので…
じっとしてひたすらスコープを覗いていると・・・
数歩歩いては立ち止まり、しばらくは動かずにいて、また数歩移動しては立ち止まり…

コチドリ♀

もしかして私の様子を窺っているのかしら?と思ったらなおさら動くこともできません。
5分ほど経って、私が歩き出す様子がないとわかって安心したのか、
いきなりトトトと走り、砂浜の石の向こうに座り込んでしまいました。

抱卵中のコチドリ♀

それにしても。。。。
先週の初めに二日間、賑やかなディスプレイを観察したのが始まりで・・・
今朝は、巣にはすでに3個の卵が生みこまれていて・・・

もちろん抱卵を開始したのがいつなのか定かではありませんが、
たった一週間でここまでこなしてしまうとは、、、
なんたる早業かと、ちょっとびっくりしています。

コチドリの卵

PageTop

ハマダイコン

海岸で、一面のハマダイコンの花に圧倒されました。

ハマダイコン

ハマダイコン

ハマダイコンに肥料を与えて栽培するとダイコンができるそうですが・・・はて?

PageTop

クロサギ

岩場で餌を探すクロサギを見かけました。

クロサギ

今年はシギが渡ってくるのが遅いのでしょうか。
先週あたりに、地付きではなさそうなイソシギの群れを見たきりで、
キアシシギさえまだ見かけていません。

先日盛んにディスプレイをしていたコチドリはどうやらペアになったようで・・・
砂浜でスクレイピングディスプレイと思われる動作を観察しました。

トトトトトと揃って駆けていたコチドリが立ち止まったと思うと、
オスが、つんのめるようなしぐさで、胸を地面につけ、尾羽をぱっと広げて上に・・・
ここに巣を作ろうと思うのだけどどお?と聞いているみたいに。

残念ながらここはメスには気に入ってもらえなかったようで…
ちらりと一瞥したきりその場所を離れてしまいました。

しばらくうろうろしていたオスは右手に飛んで姿を見失ってしまいましたが…
メスはオスのあとを追うかのように同じ方向へ飛んでいったのでした。

PageTop

きれいになったタヒバリ

まだけっこう残っているタヒバリが、すっかり美しくなっていました♪

タヒバリ夏羽


★おまけ★

金色のおしべがびっしり・・・コウボウムギ

コウボウムギ

PageTop

姫の大あくび

岩礁で羽を休めるウミウもかなり数が減ってきたようですが・・・
1羽だけいたヒメウをスコープで見てみると、
嘴の根元が赤くなっているのがわかりました。

頭頂部と後頭部の冠羽もだいぶ伸びてきているようで…
そろそろきれいなお姫様になるのねぇ~~~♪
・・・と思っているところに・・・ふぁ~~~~!

ありゃりゃ、ヒメウの口の中は真っ赤だったのね。
少し前に隣りのウミウが大あくびをしていたけれど…口の中は赤くはなかったのです。

ヒメウ

ヒメウ

ヒメウ

PageTop

ムナグロ

今朝はムナグロが到着していました。たった1羽だけでしたが・・・
コチドリは、姿は見えていましたが声は聞こえていません。
もうカップルは成立してしまったのでしょうか。。。?


ムナグロ

ムナグロ

PageTop

コチドリのディスプレイ

今朝は砂浜でコチドリのディスプレイを観察しました。
昨日は橋の上からでちょっと遠かったので・・・
海岸でしばらく見ていると、コチドリは全部で5羽いたのでした。

近くから見ていると雌雄の区別もわかって、いっそう興味深かったです。
♂は脇の羽毛を膨らませて『ピピピピピ!』と鳴きながら砂浜を走り、
立ち止まると尾羽をぱっと広げて上に突き出していました。
昨日ちらっと見た動作はディスプレイのひとつだったようです。

メスのほうはのんびりと砂浜に座り込んだりして、オスほど激しく動いてはいないみたい。
3羽のオスと2羽のメスがいましたが・・・
カップルが成立するのはいつになるのでしょう。



久々にカワセミに会えました♪

カワセミ♂

カワセミ♂

PageTop

恋の駆け引き?

しばらくぶりに河口へ行ってみたら、
あたりはコチドリの鳴き声であふれていました。

3羽のコチドリが、『ピオーピオーピオー!・・・』と鳴きかわしながら
あたりを飛び続けていました。
どうやら3羽というのがミソのようで・・・
ときどき砂の上に降りたりもするのだけれど・・・

1羽が飛び立つとすぐにまたあとを追いかけて一緒に飛び始めます。
どの子がどの子やらさっぱりわからないのですが・・・
たまたま砂の上に降りて『ピッピッピッピ!』と鳴いている子が、
一瞬なにやら不思議な動作をするのを目撃しました。

尾羽を広げて軽く腰を落とすような・・・?(尾羽で砂を掃いたように見えた)
その動作にどんな意味があるのかわかりませんが、
すぐにまた飛び立って再び賑やかに『ピオーピオー!』と鳴き始めました。

で、とっさに“恋のかけひき”という言葉を思い浮かべてしまったのだけれど…
実際のところはどうなんでしょうね~(^_^;)

コチドリ

PageTop

待ってました♪

なすびさんの『原色(非)実用野鳥図鑑』が
日本野鳥の会から出版されることが正式に決まりました。

カラー化の話を聞いたときからとても楽しみにしていたのですが
9月頃の発売になるそうです。

詳しくはこちらをごらんください。
  ↓

http://fujinasu.ld.infoseek.co.jp/genshoku-zukan.htm

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。