鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

電線で囀るメジロ

電線で囀っているメジロを見かけました。
数年前に初めて(電線で囀っているのを)見たときにはかなりびっくりしたものでしたが…
メジロにとっては、電線も木の枝も、、、同じようなもの…なのかしらん(~o~)

メジロ♂

メジロ♂

メジロ♂

スポンサーサイト

PageTop

ホトトギス

今シーズンはまだチェックしていなかった、昨年のホトトギスポイントに行ってみました。
細い道へ入り、ホトトギスの鳴き声の聞こえてくる方向に注意しつつゆっくりと歩いていたのです。

前方から聞こえてくる声が、ほとんど移動していないような気がして、
注意深くあたりを見回していると、、、
後ろの緑に紛れて電線に止まっているホトトギスをうっかり見落としてしまうところでした。
近づいて飛ばれてしまう前に気付いてよかった~~。ホッ。。

ホトトギス♂

ホトトギス♂

しばらくその位置に止まっていたホトトギスは、ひょいと前に飛んで、道路脇の照葉樹の間に入りました。
すぐに見つかったけれど、、、暗くてブレボケです~(^_^;)

ホトトギス♂

しばらく横枝にいて、それからまた飛び立ち、少し先にまた止まったような感じだったので、
急いでそちらに曲がってみると、、、前方の枝の間にシルエットが~~♪

ホトトギス♂

ここはほんの数10秒で飛んでしまったので1回しかシャッターチャンスはなかったのですが、
この♂が飛んだすぐあとに、やはり近くにいたらしい♂が鳴きながらあとを追ったのでちょっとびっくり。

♀の声もけっこう近くから聞こえていましたが姿は発見できませんでした。
今年も、またしばらくはこのフィールドに通ってみることにしましょう♪

PageTop

オオキンカメムシの集団お見合い

アブラギリにオオキンカメムシが集まってくる季節になりました。
葉の上をじっくり探してみると、歩き回るメスのあとを追いかけるオスや、
向かい合っているオスとメス、などがあっちにもこっちにも。。。

スコープで観察していると、メスはいかにもマイペースで歩き回っているように見えるのに、
オスの方は、体を小刻みに震わせたりしていかにも真剣なので、
見ているこちらも思わず応援したくなってしまいます(^m^)

オオキンカメムシ

オオキンカメムシ

体を震わせているオスの前に、じーっと動かないメスを見つけたので、
もしや・・・交尾が始まるのかも?・・・と注目しましたが・・・
よく見れば、メスのほうは、口吻をアブラギリの実に深く突き刺してお食事中で…

いつまでたっても交尾は始まりません(^_^;)
(もしかして食事が済むのを待っているとか??)
オスは、脚を震わせたり、体を伸び上がらせたりしながら少しずつ近寄っているのだけど。。。

時計とにらめっこしながらあと5分、もう5分、、、と20分あまりこのカップルを見ていましたが、
結局時間切れになって、今年もまた交尾を見ることはできませんでした(;_;)

オオキンカメムシ

オオキンカメムシ

PageTop

雨の中のサシバ

ここはマイフィールドではないので、普段行くにはちと遠いのですが・・・
待ち時間の“ついでウォッチング”をするつもりが、生憎の雨になり、
まぁ、様子を見るだけでも、、とダメ元で2週間前に見つけたポイントに行ってみたら…

またしても、サシバに遭うことができたのでラッキーでした♪
この人は後頭部の羽がまとまって白いのがかなり目立っていて…
もしかして7日に見たサシバの相方さんかも・・・?と思います。

雨なのでかなりボサボサした感じですが。。。
車の中から撮ったり、雨やみには外に出て撮ったり・・・
やっぱりあのときのように、狭い範囲にいろいろ止まってくれたのでした♪

サシバ

サシバ

サシバ

サシバ

PageTop

カイツブリ一家

久しぶりに立ち寄ってみた堰で、カイツブリのヒナを見つけました♪
毎年繁殖しているようですが・・・
今年はちょっと子だくさんで、パパとママは5羽のヒナの面倒をみていました。

カイツブリ

カイツブリ

カイツブリ

カイツブリ


★いつものフィールドではいつものサシバの夫婦。
今朝は、何度も姿を見せてくれたし、止まり場を少しずつ変えたり、鳴いたりと、
けっこう楽しませてもらったけれど…やはりちょっと遠いです~(^_^;)

サシバ

サンコウチョウは数分間だけ、囀りも聞けたし姿も見られましたが…
カメラを押し付ける暇もなくどんどん枝移りして、
またも崖の上のほうに姿を消してしまいました。。。(>_<)

PageTop

いつものサシバ

今朝は、いつものピークにまたサシバが止まっていました♪(1羽だけだったけれど…)
6時半を過ぎた頃には飛んでしまったところをみると、、、
昨日はフィールドに到着するのが少し遅かったので見られなかったのかも。。。?

サシバ

オオルリは今日もよく囀っておりました。

突然、崖の上から『ギッ!』と鋭く鳴きながら、10メートルほど前方の大木に
サンコウチョウが飛んだのを見つけたので急いで駆け寄り…
枝の間を必死で探す、、、ほぼ目の高さだったことが幸いし、
一瞬だけその姿を見ることができました。(♀らしかった)
が、すぐに右手の杉林に入ってしまい見えなくなりました。

数秒後、もう1羽の鳥が追いかけるように同じところに飛び込むのが見えて、
これもサンコウチョウのようだったけれど・・・(おそらく9日に見た2羽だと思う)
今日はまったく囀らないのです(^_^;)、、、、囀ってくれなきゃ探しようがないでしょうがー!

結局サンコウチョウはそれっきりで。。。。(;゜゜)(。。;)..


赤いサワガニと青いサワガニ

赤いサワガニ青いサワガニ


サワガニは、生息地によって体色に変異があるようですが、、、
たまたま、赤いのと青いのを見つけたのでアップしてみました。

調べてみたら、サワガニは雌雄で鋏脚の大きさが違うそうです。
♂は右が大きく、♀は左右対称で小さいそうで、
左の赤いサワガニは♀、右の青いサワガニは♂ということらしいです。

PageTop

いつものオオルリ

今朝はサシバの姿も見られず、サンコウチョウの囀りもついに聞くことができず残念でしたが。。。
いつものオオルリが、いつものソングポストのひとつで囀っていました。

オオルリ

PageTop

ミドリリンガ

緑色をした美しい蛾です♪ ミドリリンガ。

ミドリリンガ

10日ほど前にフィールドで、アザミの葉の裏に真っ白な繭のようなものを見つけました。
触ってみると…固くて中に蛹が入っているようだったので、
葉っぱごと持ち帰って部屋の隅に置いていたもの。

真っ白な蛹からはたぶん、美しい蛾が生まれるのではないかと期待して。。。
(以前のビロードハマキほどではなかったけれど…)ビンゴでした♪



PageTop

サシバ夫婦

今朝フィールドに行ってみると、2羽のサシバが、
なんと、それぞれ昨日とまったく同じピークに止まっているではないですか、ちょっとびっくり。
やがて、昨日と同じように左側に止まったサシバがまず飛び立ちました。

しばらくして右側のサシバも飛び立って・・・
数分後、右側のピークに戻ってきた1羽は嘴に餌を咥えていました。
手足が見えたのでカエルであることは一目瞭然、ヒナ用かな?
と思っていたら自分で食べてしまいました。えっ??
(自分で食べるカエルをわざわざピークまで運ぶか?と疑問を感じつつ。。。)

で、カエルを飲み込んでしまったあとに、もう1羽のサシバが同じピークに止まったのです(!)
しばらく向き合っているので、いったい何をしているんだろうと思いつつシャッターを押して・・・

サシバ夫婦

サシバ夫婦



あとで画像を整理してみると、カエルを食べていたサシバの方が少し小さいのですが…(オスかも)
まるで、メスに(カエルを食べてしまったことを)謝っているようにも見えてなんだか笑えました。
吹きだしをつけてみたら面白そうな気がします(^m^)
ほんとうのところはわかりませんけれどね。。。


7時、突然杉木立の奥の方から『ギッ!ギッ!』とイントロが・・・サンコウチョウです~~♪
ここからは、しばしサシバのことは忘れてサンコウチョウの姿を確認すべく
目を凝らして声のするほうを真剣に見つめていました。

初め沢のほうから聞こえてきた声は、道路反対側の斜面林の中に入り、
付近を枝移りしているのは間違いないのだけど、葉の繁った上部にいるらしくどうしても姿が見えません(^_^;)

しばらく遠ざかっていた声が、数分後、今度は沢のほうから聞こえてきたので道を戻りました。
断続的に囀りが聞こえてくるも、またも姿は見られなくてがっかり。。。(^_^;)
オオルリの姿が見えたのでしばらくオオルリを観察⇒いつものソングポストを転々としていました。

オオルリ

再びサシバの観察位置まで戻ってみると、、、、
今度は2羽が隣り合ったピークに止まっておりました♪

サシバ夫婦

で、右側のピークに止まったサシバは何か咥えていて、(←なんでしょうか?)
見ているうちにもしゃもしゃと食べてしまいました。

サシバ

食べ終わったあと、なんだか飛んでいきそうな気配を感じたので
カメラを押し付けたままじっとがまんして。。。
わーい、大成功~♪

飛び立った瞬間

PageTop

2羽のサシバ

今朝は2羽のサシバがピークに止まっていました。

2羽のサシバ

右側のサシバはずっと同じところに、左側のサシバはしばらくして飛び立ち、
再び姿を見せたときにはずっと手前の梢に止まってくれました♪

サシバ

巣にはけっこう大きくなったヒナがいるのでしょうか。

今朝は1時間半あまり、ずーっとサシバを見ていたわけで、それはそれで嬉しかったけれど、
結局サンコウチョウには振られてしまったのでした(^_^;)

PageTop

サシバ

今朝はまた、いつものサンコウチョウフィールドへ・・・
いつも待ちぼうけ覚悟で行くのだけれど、今朝は着いてすぐに声が聞こえてきたのでした♪
数分間ずつ、何度も聞こえてくるので、声のするほうに右往左往して。。。
姿は見えなくても、囀りがたっぷり聞けたのはそれなりに嬉し~~♪

崖の上のほうから囀りが聞こえてそちらに注目していると、近くからサシバの声も…
しばらくして、飛び出したサシバが杉の梢に止まってくれました♪
距離はかなり遠いけれど、時間切れで引き上げるときにもまだ止まったままでした。

サシバ

サシバを撮っている間にも、ときどき崖の上からサンコウチョウの囀りが聞こえてきます。
沢の反対側からはオオルリの囀りがずっと聞こえているし、
すぐ近くからはヤブサメの囀りも聞こえてきて、とてもしあわせ気分♪

さらに、こちらに向かって飛んでくる別のサシバ(番い相手と思われます)を見たので、
頭の上に来るのを待ってデジしてみた←光学3.6倍の“豆粒”の拡大です。。。(^^ゞ

PageTop

思いがけない出会い

3年前の秋にたくさんの実をつけたツチアケビを見つけて以来、
毎年花時期の頃に確認に行くのですけれど、残念ながら今年も目覚めてはくれなかったようで…(^_^;)

でも、フィールドに向かう途中にかなりラッキーな出会いがあったのです。
とある林道への分岐を過ぎて、トンネルの手前まできたとき、
サンコウチョウの声が聞こえた気がして思わずブレーキをかけました。

エンジンを切って耳をダンボにしていると、、、、
あー!やっぱり聞こえます。それも、かなり近くから繰り返し聞こえてくるのです。
急いで車を降りて、声のするほうへ歩いていきました・・・

ちょうど広くなっている道路の、谷側の斜面の、枝を大きく広げた木の中から囀りは聞こえていました。
暗いのでいくら注視しても姿は見えないものの、囀り続けているので、枝移りしながら少しずつ移動しているのがわかります。
あ、黒い影がよぎったー(!)、と双眼鏡を向けると、一瞬だけ、暗い中に鮮やかなブルーのアイリングと嘴が見えました。

姿が見えたのはその一瞬だけで…
囀りは少しずつ遠ざかり2分ほどで聞こえなってしまいましたが…
このあたりでサンコウチョウを見たのは6年ぶりくらいです。思わずにんまり♪

そして、帰り道に同じ場所で・・・
もしかしてまたサンコウチョウの声が聞こえるかもしれないと、車を止めたのです。
外に出ようとドアを開けた、まさにその瞬間。
『アーーオーアオーー!』と今度はアオバトの声が聞こえるではないですか。

声はけっこう近くて、後ろ上方から聞こえていました。
ちょうどトンネルの上の、ひょろっとした針葉樹の上の方に止まっている鳥が見えたので、
スコープを向けようとしたら、なんとも絶妙のタイミングで林道の方に飛んでしまいました(>_<)

双眼鏡を向ける暇もなくて、色の確認は出来ず、シルエットでしたが…
声の主であることは間違いないと思いました。再びにんまり♪


というわけで、、、今朝撮れたのはツバメの幼鳥だけなのでした。(^_^;)
愉快な画像を1枚だけアップしてみました。
カキカキしながら欠伸をしています(^m^)

ツバメ幼鳥

PageTop

コチドリの偽傷

帰りに、先日コチドリが孵化していた海岸へ寄ってみました。
ヒナを見つけるのは難しいと思うけれど、まだ飛べないのだからどこかにいるはず。

それまでは声もしなかったのに・・・砂浜に下りてゆくと、
突然『ピオッ、ピオッ、ピッピッピッ!』と鳴きながらコチドリがスクランブル発進です。(わぉっ!)
すぐ近くに降り立ったパパが、いきなり地べたに伏せたと思うと、
迫真の演技でバタバタと偽傷行動を始めました。

コチドリパパ

コチドリパパ

コチドリパパ

コチドリパパ

コチドリパパ

きっとすぐ近くでヒナがフリーズしているのでしょうね。
しばらく砂浜を歩き回ってみたり、しゃがみこんで視線を低くして眺めたりしたものの、
パパとママがあっちこっちに飛び回って私の気を散らしてくれるので、
どのあたりを探すべきか見当もつかなくなって、、、じきに諦めてしまったのでした(^_^;)

ママの偽傷行動も見ましたが、ちょっと遠かったので1枚だけ。
私とヒナとの距離があったからかもしれないけれど、
パパほどの緊迫感に満ちた行動ではありませんでした。

コチドリママ

PageTop

スクラム組んで…コシアカツバメ夫婦

今シーズンはまだコシアカツバメを見に行っていなかったなぁ、、、と久々に行ってみると、
建物の端のほうに真新しい巣があるではないですか♪

近づいてみると、巣の入り口からコシアカツバメの顔が見えているのです。
ん??抱卵中だったら顔は見えないと思うのだけど、まだ産卵中なのかしら?
スコープでしばらく眺めていると、ややっ、1羽のスズメが巣の入り口までやってきました。

中を覗くそぶりを見せた瞬間、サッと飛び出したコシアカツバメがスズメを追い払うのを目撃。
ははーん、やっぱりスズメに目を付けられているみたい。
スズメを追い払ったコシアカはすぐに巣に入りましたが…
あれれ?今度は入り口から2羽のコシアカが頭を出しているではないですか~!

コシアカツバメ

コシアカツバメ

コシアカツバメ

2羽同時に飛び出したときには1分もしないうちにどちらかが戻ってくるし…
頻繁に交代しているようにも見えるので、まだ抱卵には入っていないのかも。。。?

片時の油断もできないというところなのでしょうか?
少しでも油断したらスズメに乗っ取られてしまうのでしょう。

去年繁殖がかなり遅れたのはそのあたりの理由もあったのかもしれないと思います。

去年は泥集めをしているのを見たのが9月9日。
  ↓
http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-442.html

そして、巣立ちを確認したのが10月9日でした。
  ↓
http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-462.html

今年は順調に繁殖できることを祈って、コシアカツバメの夫婦にエールを送りました。

PageTop

2羽のサンコウチョウ♪

今朝はサンコウチョウの姿をたっぷり見ることができました。
“じっくり”ではないのがちょっと残念ではあるけれど…(^_^;)

1時間あまりの待ちぼうけに業を煮やし、
もう帰ろうかと車まで戻ったときに、やっと囀りが聞こえてきました♪
杉木立の間を鳴き交わしながら2羽のサンコウチョウが飛び回っている姿に目を瞠りました。

行動から見て、たぶん♂♀ではないかと思うのですが、
若い鳥なのか♂と思われる個体も尾羽があまり長くは見えません。

ブルーのアイリングがはっきり見えても、動きが早いので双眼鏡で追うのが精一杯(^_^;)


木の陰になってしまってはっきりとは見えないけれど、
同じところに3回も止まるのを確認したので、そこにスコープを向けて待っていたら…
やっぱりまたやってきたのです。
暗いのでブレボケの証拠写真にしかならなったですが。。。(^^ゞ

サンコウチョウ

サンコウチョウ

サンコウチョウ

PageTop

近場のコチドリも孵化していました♪

近場の海岸で抱卵中だったコチドリの様子を見に行ってみると…

ありゃ!巣はすでにもぬけの空ではありませんか。。。(^_^;)

ただ、コチドリがヒナに呼びかける声がずっと聞こえているので、きっと近くにいるはず♪
ところが、声は近いのに、どうしても見つからないのです。

いくらスコープで探してもさっぱり居場所が特定できなくて焦りました。
10分以上たって、探しあぐねていたころ、カラスが1羽。
ヒナを誘導するような声だったのが、甲高い警戒声に変わっていきます。

しばらくしてから、カラスの後ろを走ってゆくママの姿を見つけ、
ママは鳴いていなかったので、ヒナに呼びかけているのはパパだということがわかりました。
カラスの位置と、ママの走っていった方向の反対側に注意を向けていると…
わぁ、やっとパパの姿を発見することができました♪

大声で鳴きながら、少し歩いては立ち止まり、また歩いては立ち止まりして、
ついに動かなくなってしまいました。
きっと近くにヒナがいるはずなので目を凝らしてじーっと見ていると・・・

あ!今まで見えていなかったのに、突然ヒナの姿が見えてきたのでびっくり。
スコープの視界の中には3羽のヒナが入っていたのでした。あとの1羽はどうしても見つかりません。

ヒナたちは、鳴き続けるパパの周りで、
まるで時間がストップしたかのようにフリーズしていました。賢いですね~~!

コチドリ父子

道路側から見たほうが近いのですが、ヒナが2羽しか入りません(^_^;)

コチドリ父子

他の子はまだフリーズしているのに1羽のヒナがパパのお腹の下に駆け込みました(!)

★ちょっと愉快な画像があったので、拡大してみました。

パパのあくび。ヒナの足がちょこっと見えています。

コチドリ父子

パパのお腹から出てきたヒナが、ずりっと滑ったのかな?ちょっと愉快な瞬間。

コチドリ父子

PageTop

声はすれども…のサンコウチョウ

前回サンコウチョウを探して歩いた5日(金)には、
着いたところで雨が降り出してしまったので、傘をさしての散歩になってしまいましたが…
7時ちょうどに、すぐ近くから4コーラスほど囀りを聞かせてくれました。

今朝行ってみたら、、、囀りが聞こえてきたのはやはり一度だけ、
しかも、今回はたったの2コーラスだけでした。。。(^_^;)

でも、贅沢は言えません。囀りが聞けただけでも良しとしなければね。。。


というわけで、画像はオオルリです。。。(^_^;)

オオルリ

小雨が降ってきたこともあって早めに引き上げ、
抱卵中のコチドリの様子を見に行くことにしました。

(次の記事に続く・・・)

PageTop

サシバ@子育て中?

去年サシバを見つけたあたりで、また遭えたらいいなぁ…と、
適当なところで車を止めて、記憶を頼りにあたりを眺めていると…
なんともタイミングよく、遠くの針葉樹の梢にサシバが止まったのですが、
嘴に何か餌らしきものを咥えているのが確認できました。

サシバ

カエルかと思ったけれど、拡大してみるとカエルには見えなくて、、いったいこれは、なんでしょうね?(^_^;)
サシバは、しばらく餌を咥えたまま、あたりを警戒するように見回し、
ひらりと飛び降りる感じで、少し手前の杉木立に入ったのです。

手前に繁った木がじゃまで、どうしても見えないけれど…
同じ場所に出入りするのを何回も見かけたので、どうやらそのあたりに巣があるようす。


せっかく200メートルほどのところに止まってくれたのに、
顔が日陰になってしまいます~(涙)
移動してもやっぱり逆光気味で・・・

サシバ

サシバ

サシバ

サシバ

サシバ

もたもたしているうちに、飛んでしまい、次に止まったところはちょっと遠すぎ、、、(^_^;)

サシバ

30分ほどして、けっこう近くからサシバの声が聞こえてきました。
あたりをしばらーく探しても見つからなかったのに・・・
数分後、何気なく右手を見たら、、、あら・・・半分隠れていましたね。。。(^^ゞ

サシバ

今朝サシバが止まったところは、巣があるとおぼしきあたりを中心にして、
200~500メートルの範囲でした。(1時間ほどで、どこかに行ってしまったけれど、、)
たぶん、巣の中ではヒナが育っているのでしょうね。
幼鳥に遭えるのを楽しみにして・・・また機会があったら行ってみることにしましょう♪

PageTop

ヒナは何処に?

コチドリのヒナが孵った日のあと、2日間は来ることができなかったので、
果たして、ヒナの姿が見られるかどうか。。。
海岸をずいぶん探してみたけれど、、、小さいものが砂浜を走った!
もしやコチドリヒナ?とスコープを向ければシロチドリだったりで…(^_^;)

コチドリの声は聞こえてくるものの、
ついにヒナの姿もパパの姿も見ることができませんでした(;_;)

やたらと姿を現すママは、7メートルくらいまで近づいてもまったく動じなくて、
こちらにお尻を向けるポーズで、私の様子を窺っているみたい。
ちょうど一作年観察していたコチドリママも、そっくりのポーズをしていましたっけ。

思わず、あのときのようなディスプレイを見せてくれるのかと期待してしまったけれど、
翼を広げそうに体を傾けても、その先のポーズはとらないし、、、
うーん、なんだか余裕さえ感じられて。。。。(^_^;)

ママが私の気を引いているうちに、きっとパパはヒナを誘導しているのでしょうね。
さかんに鳴いて合図を送っているらしいのはわかるのですが・・・
『もうあきらめて帰りなさいよ!』と言われている気分でした。トホホ。。。

コチドリママ

コチドリママ

コチドリママ

PageTop

コチドリのヒナが孵りました♪

5月9日に抱卵を確認してからちょうど今日で24日になります。
コチドリの抱卵期間は22日~25日らしいので、期待満々♪

明日はどうしてもはずせない用事があってフィールドに出られないので、
今日こそは孵化して欲しいっ!
私の都合で孵化が早まるわけもないですけれど。。。(^^ゞ

とまれ、ヒナの姿をイメージしながら、ドキドキしながら車を止め・・・道路を渡る。
あっ、私の姿を認めてサッと巣から走り出したコチドリが見えたので、
急いで巣にスコープを向けると、やややっ!
もたげた頭をゆらゆら動かす1羽のヒナがいるではないですか~!
あと3個の卵はまだ孵ってはいませんでした。

パパとママは海岸を走り回りながら『ピッピッピッピッ!』と警戒して鳴いていましたが、
ちょっとごめんね~!と言いながら大急ぎで巣に駆け寄ると…
まだ濡れているようなすごくちっちゃなヒナ(孵った直後だったと思われる)が
ビターっと産座に張り付いてフリーズしていました。

生まれた直後のヒナ

写真を1枚撮って、すぐに観察位置に戻り、スコープでの観察を開始しました。
ママのお腹の下でヒナがもぞもぞ動くようで、
ママはヒナも卵もお腹の下に抱くのがたいへんそうです。

ヒナはまだ目が開いていないように見える

ちょうど引き上げてきた釣り人がすぐ近くを通って、ママが巣を離れたときに、
もう一度巣に駆け寄ってみると・・・ヒナの隣りの卵に小さな穴が開いているのが見えました。
間もなく2羽めのヒナが孵りそうな気配ですが…

殻に小さな穴が…

卵の殻がそのままになっているので、どうするのかなぁと思っていたら、
ひょいと咥えて捨てに行くのを確認することができました♪

殻を咥えて

捨てに行くママ

最初のヒナが孵ってから1時間半ほどたって、間もなく時間切れになりそう~(^_^;)
液晶画面を見ながら、ママが腰を上げたり姿勢を変える度にシャッターを押し、
ついに時間切れです。(;゜゜)(。。;)..

★2羽めのヒナも孵っていました♪

現場では見えなかったけれど、帰ってから画像を確認してみたら、
どうも2羽目のヒナが孵ったところらしき画像を見つけたのでアップしてみました。
見難いので拡大してあります。

殻の中から頭が見えた

2羽のヒナ

全部のヒナを見ることができなかったのが残念だったけれど、、、
明後日、またヒナに会えることを期待して。。。。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。