鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タシギ

川沿いの農道を歩いていたら、対岸の休耕田でタシギが休んでいました。
稲刈りが終わった頃に見つけて、あら、こんなに早く来てたのね~!
ということはままありましたが・・・

7月に見つけたのは初めてのことでした♪ 

気付かれないように、、、しゃがんだまま、少~しずつ距離を詰めていきましたが・・・
最後にはやっぱり 『ジェッ!』 とひと声残して飛ばれてしまいました(^_^;)

タシギ

タシギ

タシギ  

スポンサーサイト

PageTop

巣立ち間近のコシアカツバメ

そろそろコシアカツバメが巣立つ頃ではないかと行ってみると・・・
電線や、巣のすぐ下に止まった親鳥がさかんに鳴いているところでした。

コシアカツバメ

巣の入り口からはヒナの姿も見えていて、
親鳥の声につられたのか、体を半分乗り出したりしていました。
今にも巣立ってしまいそうに思えて、しばらく守っていたのですが・・・

いまいち決心がつかなかったのか、また奥に引っ込んでしまいました(^_^;)

コシアカツバメ

コシアカツバメ

しばらくしたら、ママが餌を運んできました。
結局時間切れで今朝は引き上げてきましたが・・・
あとほんのひと息だったのに残念無念。

コシアカツバメ  

PageTop

メダイチドリ

海岸にメダイチドリが到着しています。

毎年7月の末にメダイチドリの群れが姿を見せ、秋の渡りが始まっているのを実感するのですが…
今シーズンはすでに20日にも、30羽以上の群れを確認しているので、、、
いつもよりだいぶ早かったみたいです。。。。

メダイチドリ


ハマオモトの群生地では、純白の花が咲き競っていました♪

ハマオモト

PageTop

ボロボロウグイス

藪の脇で、独り立ちしたばかりと思われるウグイスの幼鳥(2羽一緒にいた)を、
スコープでゆっくりと観察できたのですが、、、
胸からお腹にかけては黄色みがかっており、背の色も明るい色をしていて、
とてもきれいなので、それがウグイスの幼鳥だとわかるまでしばらくかかってしまいました(^_^;)

この季節、よく藪の中からしわがれた『ゲゲゲゲッ』というようなヘンテコな声が聞こえてくるのですが、
あぁ、あれはウグイスのヒナだったのねぇ~、と納得できたのでした。

それにひきかえ、ここの畑で見かけたパパウグイスの、
囀る姿が、あまりにボロボロになっているのにちょっとびっくり。
子育てで大忙しなのでしょうか。。。もしかしてホトトギスのヒナを育てていて、
その大いなる食欲を満たすためにちょっと過労気味とか??

いつも、すぐ近くにホトトギスが止まるし、姿は見えないけれど、すぐそばでホトトギスの♀が鳴いているし・・・前から怪しんでいたのだけど。。。
なんども通いつめていても、藪の中はさっぱり把握できないのがもどかしい。。。(^_^;)

ウグイス

ウグイス

ウグイス


★おまけ★
やっぱり近くに止まったホトトギス(今日は光線がよくてラッキーでした)

ホトトギス""

ホトトギス""

PageTop

ハスの花とカワセミ

堰に続く坂を登りながら、奥のハスの葉にカワセミの幼鳥が止まっているのを見つけました。
昨日見たのと同じ子かな・・・?

スコープを向けてみると、実のほうにも別の幼鳥が止まっていました。
しめた、ツーショットが撮れる~♪と思っていたら・・・
思いがけずパパの飛び入りでスリーショットが撮れちゃったヽ(^。^)ノ

カワセミパパと子供たち

1羽が別の実に止まってくれたので、花と一緒に撮ることもできました♪
花にはなかなか止まってくれないですね・・・(^_^;)

このあと水に飛び込んだ幼鳥は、奥の竹やぶに。。。
ザリガニのようなものを枝に叩きつけて食べていました。

カワセミ幼鳥

PageTop

アカイロトリノフンダマシ

見つけてうれしいアカイロトリノフンダマシ。
今年もなんとか見つけることができました♪

毎年ほぼ同じ場所で、
ぜーったいいるはずだー、と目を皿のようにしてススキの葉裏を探してみると、
なぜかお約束のように付近にいるのです。
すっかり恒例になってしまいましたが。。。(^^ゞ

5ミリほどしかない、お気に入りの、小さな美しい蜘蛛♪

アカイロトリノフンダマシ

アカイロトリノフンダマシ

PageTop

カワセミ幼鳥

草むらにいたホオジロの幼鳥とホオジロパパを眺めていたら、
すぐわきの水路に植えられたハスにカワセミが止まった♪

どうせなら、実ではなく花に止まってくれたらいいのに。。。
なんてつい欲張ったことを考えてしまいました(^^ゞ

カワセミ♂幼鳥

カワセミ♂幼鳥

PageTop

ホトトギス

あっ、ホトトギスがいる~!
とっさに足を止めて・・・
手前の枝が風に揺れて姿を隠してしまうので立ち位置に苦労していると・・・

ホトトギス

ひらりと飛んでしまいました。
うーん、残念。。。と10メートルほど歩いたら、あら、いきなりこんなに近くに止まってるし~~^_^;
さすがに近すぎたのかすぐに飛ばれてしまい。。。

ホトトギス

こんどは少し先に止まっていたのです♪

ホトトギス

ラッキーだったのはここまで。。。
その次には近くの木に入ったところまでは見ていたのですが・・・
すぐそばで鳴いているのに・・・いくら目を凝らしても見つからなかったのでした(>_<)

まったくホトトギスってやつは。。。。。。

PageTop

孵化後1カ月のコチドリ幼鳥

帰りがけに、6月8日にコチドリが孵化していた海岸に立ち寄ってみました。
孵化してから1カ月経ったので、もうすっかり翼も伸びて飛べるようになっていると思いますが、、、
うまい具合に見つかるでしょうか。。。

果たして・・・

車を止め、海岸に向かって立つと、、、ありゃ、なんとすぐ目の前に立ちはだかるチドリパパ。
とりたててなにか行動をするわけではないけれど、
なんだか私を監視しているような雰囲気です、、、?
『ピオッピオッ』と鳴いているのは子供たちに呼びかけているのでしょうか。

コチドリパパ

しばらくその場にいたコチドリパパは、やがてどこかに飛んでしまいましたが、断続的に鳴き続けていました。(やっぱり子供に合図しているみたい)
独り立ちするまではちゃんと見守っているのですね~

スコープで丁寧に砂浜や波打ち際を探してみたら、あ!幼鳥2羽見つけた~~~♪

コチドリ幼鳥その1


コチドリ幼鳥その2

タイミングよく2羽並んだところ、飛んでいるのはスズメです。
2羽の幼鳥

あのときは3羽のヒナしか確認できなかったけれど、(4羽とも孵ったらしい)
今朝確認できた幼鳥は2羽だけです。
他にもいるのか、2羽だけ残ったのかもちろん定かではありませんが、、、

カラスが隣に来たときに幼鳥が飛ぶのを見たので、
独り立ちするのも、もう間もなく、、というところでしょうか。

PageTop

コシアカツバメ(繁殖に再挑戦)

6月10日に繁殖中のコシアカツバメを確認したまま、その後の様子を見に行っていなかったことに、夕べ突然気がついて,焦ってしまいました。
順調に育てばそろそろヒナが巣立つころかもしれないです。
もしかしたら遅すぎたかも~?と思いつつ今朝行ってみると。。。

あっ、巣が、、、ないーーーっ!
あのときの巣は完全に壊されてしまって、壁にわずかに土がこびりついているだけでした。


ちょうど機械の操作をしていた方が、エンジンを止めて教えてくれたところによると、
巣はカラスに落とされてしまったそうです。
『ほんとかわいそうだよねー。カラスがヒナを狙って巣を落としちゃうんだよ』

近くを探してみると、新たにふたつの巣が作られており、やはりコシアカツバメが頻繁に出入りを繰り返していました。
先月見た夫婦がどちらだか区別することはできないけれど、
今、二番いのコシアカツバメが抱雛中と思われます。

巣のすぐ下に止まるコシアカツバメ♂
巣の近くに止まるコシアカツバメ♂

巣に入ろうとしている♀
巣に入るコシアカツバメ♀


巣から出ようとするコシアカツバメ

もうひとつの巣のコシアカツバメ。ヒナのフンを咥えて顔を出した。
ヒナのフンを咥えて捨てにいくところらしい

ヒナがどれくらいまで育っているのかさっぱりわからないけれど、なんとか無事に巣立ってほしいものですね。タイミングよく見られたらうれしいのだけど。。。(^_^;)

PageTop

トラツグミの声

一昨日にはまだ見られたサンコウチョウの家族でしたが、
さすがに移動してしまったのか、、、1時間以上粘っても声は聞こえてきません。
立ち止まって耳を澄ませていると・・・
『ヒィ~~~~~ヒィ~~~~』と、トラツグミの声が聞こえてきました。

いったいどこで鳴いているのか・・・
ふた声三声ないては、しばらく途絶え、また鳴きだす、というふうにして4~5回は鳴いていましたが、
最後に聞いた声がやけに近かったので、思わずあたりを見回してしまった。。。
見つかるわけないですけどね、、

去年この林道でトラツグミの囀りを聞いたのは5月28日で、かなり驚いたものでしたが、
まさか7月になって声を聞けるとは思ってもみなかったことでした♪


いつものオオルリパパがすぐ近くの枝に止まっていました。
口はあまり開けず、喉を膨らませてさかんにぐぜっていました。

オオルリ♂


★おまけ★
ウバユリが咲き始めています。

ウバユリ

PageTop

サンコウチョウの巣立ちビナ

昨日は、まったくサンコウチョウの声を聞くことはできませんでしたが・・・
まだあきらめないで同じフィールドへ行ってみました。
うーん。。。今日もだめかな?。。。と思いつつオオルリのぐぜりに耳を傾けていました。

オオルリの姿は確認できないまま、声のするほうを見上げていると・・・
遠くから『ホイホイ!』とサンコウチョウの囀りが聞こえてきたので、その場に立ち止まり、
耳をダンボにして気配が近づいてくるのを待ってみました。

やがて、、、『ギッ!ギッ!・・・・・・ホイホイホイ!』という囀りと一緒に、
ときどき『ピッピッ!』という声も聞こえてくるのです。
あれ、、、?この声は。。。?もしかしてヒナが出てる??
薄暗い沢沿いの林道なので、はっきりと確認することはできないけれど、
どうやら巣立ちビナがあっちこっちの枝に飛び移っているようです。

少なくとも3羽はいそうですが・・・
たまたま1羽のヒナが細枝に止まっているのを見つけました、ラッキ~♪
スコープではしっかり確認できたけれど・・・ひどいブレボケなのでこれ以上大きくできません^_^;

サンコウチョウ巣立ちビナ

そういえば、3日の朝、サンコウチョウに囲まれたとき、あたりには聞きなれない声がしていたのを思い出し、そうそうこんな声だったっけ。。。
確かに、あの時は、あたりを小さい小鳥が飛んでいたのだけど、、、
まさか、ヒナが出ているとは夢にも思わなかったので、状況がさっぱりわかりませんでしたが・・・

もしかしたら、巣立ちほやほやのヒナたちに親鳥が呼びかけていたんだろうか。。。??
そう考えると、あれほど賑やかだったことにも合点が行くような気がします。
しからば、なんとかヒナたちの姿をはっきりと確認したいもの。

いったんは遠ざかって声も聞こえなくなっていたのが、
10分ほどしてまたまたホイホイと囀りが近づいてきました。
しばらくヒナたちの動きを目で追いかけているうちに、
同じ杉の、梢近くの枝にいったん止まってから、その奥の木に入るように見え、
次のヒナも同じあたりに入るように見えたので、、、

スコープでその付近をじっくりと探してみたら・・・いたーっ!
3羽のヒナが止まっているのが見えました。
さんざん飛び回って疲れたのか、休憩モードに入ったようで・・・
初めは押し合うようにくっついて止まっていましたが、
ママがそばに来たときにばらけてしまいました。

かろうじて2羽のヒナが撮れたのですが、、、、うーん。。。。わかりにくいですね~^_^;


PageTop

オオルリ夫婦

今朝は、まずオオルリのパパに会えました♪
が・・・すぐ近くでぐぜっていて、虫を咥えている姿も見たのに、撮りそこなってしまいました。。。^_^;
ここと思えばまたあちら・・・かろうじてボケ画像が1枚だけです~

オオルリパパ

パパとママとが並んだ瞬間もあったのですが、やっぱり間に合いません。

オオルリママ

オオルリママ

今朝は1時間、あたりをうろうろしていましたが、ついにサンコウチョウは現れず。。。
うーん、なかなか思うようには会えないです。^_^;

PageTop

子育て中のオオルリ♀

今朝もまたいつものサンコウチョウポイントへ行ってみました。
断続的に声が聞こえてくるので・・・その場で待っていると・・・
やがて頭の上のほうで『ギギッともゲゲッ』とも聞こえるいつもの声で鳴きながらあたりを飛び回る♀。

大きく枝を広げた大木の枝に止まるも、仰角が大きすぎてスコープを使うことができません。
双眼鏡で捉えても、すぐに次の枝に移ってしまうし、いいかげん首が疲れてきたころ・・・

いきなり近くの枝にオオルリの♀が飛び込んできたではないですかー♪
しかも、嘴にはケムシを咥えているし。。。うひょっ、ラッキーヽ(^o^)丿
すぐ下を流れる沢あたりに巣があると思われますが、、、、
私に気付いたオオルリママは、警戒して枝に止まったままフリーズしてしまいました。
やがて、、、、限りなく囀りに近い美しい声でぐぜり始めました。

歌いながら、ときどき『カッカッ』という火打ち音が入るのは、
きっと私に『早くあっち行きなさいよ!』とでも言ってるのでしょうね。ごめんよー!

もちろん、写真を撮ったあとはすぐにその場を離れたので、
オオルリママは、巣で待つヒナに無事給餌できたことと思います。

オオルリ♀

オオルリ♀

さかんにあたりを飛び回っているサンコウチョウは、ときどきは見えるのですが。。。
いつものことながら、なかなか撮ることができず、かろうじてシルエットが1枚だけです~(^^ゞ

サンコウチョウ♀

やがて声も聞こえなくなってしまい、(遠くから一度だけホイホイの囀りが聞こえてきたけれど・・・)
今朝は30分ほどサンコウチョウを楽しむことができました♪

サンコウチョウの気配が消えたあと、ちょっと欲を出してみる。。。
しばらく待ったらオオルリパパも現れるかも?と期待してみたたけれど。。。
結局時間切れになってしまいました~(:_;)

PageTop

サンコウチョウに囲まれちゃった♪

雨ばかりで、朝のお散歩もままならない日が続いています。

目が覚めたら降っていなかったもので、しばらくご無沙汰だったサンコウチョウのポイントへ行ってみました。
ところが、フィールドに着いてみたら、なんとなく細か~~い雨が降っているような・・・

でもなぁ、、、せっかく出かけてきたのだから、あたりをお散歩してみようかなと
スコープは持たずに、傘をさして、沢沿いをうろうろしていました。
10分ほど歩いたところで折り返してきたのですが、、、
ふいに前方から『ギッ!ギッ!』とサンコウチョウの声が聞こえてきました。

わぉっ!ヽ(^o^)丿

ただし、今朝は囀りではなくて、、、ほとんど『ギッ!ギッ!』という声ばかりでした。
複数のサンコウチョウが、10メートルくらいの距離のところを『ギッ!』と鋭く鳴きながら飛び回るので、
初めのうちは私に対してあっちへ行けと威嚇しているのかと思ったのですが、

なんだか様子が違うような気が。。。
1羽のオスと2羽のメスが、それぞれに鳴きながら枝移りしているのを見ていると、
なんだか牽制し合っているような雰囲気にも見えるのですが、いまいち状況が理解できません・・・(汗)

それでも、サンコウチョウに囲まれて、至福の時間が流れていきました。

やたらに近いところに止まったりするので、ダメ元でえいやっとデジしてみましたが、
光学3.6倍では、証拠写真にもならないですねぇ~。。。(^^ゞ

サンコウチョウ

サンコウチョウ

サンコウチョウ

15分ほど経って、やがてサンコウチョウはどこかに行ってしまい、
私の耳には、再び沢の流れとカジカガエルの声が聞こえてきたのでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。