鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シメのペリット吐き

シメがペリットを吐きだす瞬間が・・・撮れていました。

小鳥がよくペリットを吐きだすのを見るのですが・・・
もっとも・・・
スコープでその瞬間を見ているということは・・・

撮れるわけないってことなので・・・(^_^;)


これはほんの偶然だったんですけれど・・・(^^ゞ
木の実を食べている鳥が吐きだすペリットは・・・種なんだろうか・・・?

シメ

もうツグミも到着しているようす。
『ケケケッ!』という声を聞いたので、姿を現すのを待ってみましたが・・・

残念ながら今朝は声だけでした。

待ち鳥のアリスイも声だけで・・・
オオタカは頭の上を飛んでいっただけ・・・・・・ちょっぴり欲求不満なのです。

スポンサーサイト

PageTop

シメ

先週、鳴きながら飛んでいたシメを見ていたので、来ているのはわかっていましたが・・・
今朝になって、やっとご対面~♪

シメ

冬鳥がだんだん増えてくるので楽しみ楽しみ!


帰り道の林道で・・・
道路脇の落ち葉だまりの間を歩いてくる鳥に気が付いたので、
減速して徐行運転・・・

薄暗い林道で、完全に姿が見えるわけではないものの、
てっきりコジュケイだとばかり思いこんでいたのですが・・・

その鳥が、目前に迫ってきて・・・
ふっと向きを変えて脇の斜面を登りかけた瞬間、


あっ、ヤマシギ! ・・・・思わずブレーキを踏む私。


あの、特徴のある頭の上の横縞がやけにくっきりと見えたのです。
目も見たような気がする・・・・でも嘴はまったく見えなかった。。。(^_^;)


急いで車を降りてみたけれど、すでにその姿は確認できず、
バサバサと派手な羽音を残して、森の奥に入ってしまいました。

たった数秒間の出会いだったけれど、、、
マイフィールドにも来ていることが確認できただけでも大収穫でした。


PageTop

アサギマダラ

このところ、鳥を見ているときによくアサギマダラが飛んでいましたが…

どこに渡ってゆくのかなぁと思いつつ・・・いつもその姿を見送るばかりでした。


たまたま今朝は、アザミの花に止まって吸蜜しているのを見つけたので、
そーっと近付いて撮ることができました♪

アサギマダラ♂

後ろ翅の後方に黒い斑があるのを見て、
以前撮ったアサギマダラにはなかったような気がしたので、雌雄を調べてみたら…

これは “性票” というもので、このアサギマダラは♂だということがわかりました。

アサギマダラ♂

PageTop

とりあえずジョウビタキ…(^_^;)

今シーズンのジョウビタキ初認日は24日だったのですが…

やっと今朝になってたっぷりその姿を堪能できました♪
♂だったので、遠くてしょぼい画像でも証拠写真にはなりそうです。。。(^_^;)

ジョウビタキ♂


声はすれども草むらのアオジはなかなか見えないのですが、
たまたま枝に止まってくれたアオジの♀がいました♪

アオジ♀

ツグミもぼちぼち渡ってくる頃ですね。
去年の初認日は11月13日でしたが・・・果たして今年は・・・?

PageTop

誰の羽でしょう?⇒アオバトでした

夕べの風で吹き飛ばされてきた落ち葉を片づけているときに、鳥の羽を見つけました。
7枚ほどがくっついていて・・・いかにも猛禽にむしられた感じが・・(^_^;)

風切羽や尾羽ではないので、どの部分かもいまいちわからず・・・
羽図鑑をざっと見ても該当するようなものが見当たらなくて…

原寸大の羽

一番大きいのが5.5センチほどなのですが・・・
(黄色つながりで)手元にあったカワラヒワやアオジの羽と比べてみると、

もっと大きなサイズの鳥らしいことだけはわかります。

羽

いったいこの羽はだれのものなのか、悩みに悩んでいます。

誰か教えてくださーい!

★追記

この羽はアオバトの下尾筒部分であることがわかりました。
教えてくださったakaitoriさんに感謝~♪

PageTop

ノゴマに遭っちゃった♪

ノゴマといえば北海道へ渡ってくる夏鳥で・・・
繁殖を終えて南へ帰る途中に本州を通るのだから、
渡りの季節に出会う可能性がなきにしもあらず…

とはいえ・・・

可能性は限りなくゼロに近いと思っていました。
そのノゴマに、まさかマイフィールドで遭ってしまうとはー!

24日にオオタカが止まっていたアンテナを、確認に行ったら空振りだったのですが…
引き返す道すがら、桜の枝にカワラヒワの群れが止まっているのを見かけて、
もしかしたら違う鳥がいるかもー、となんの気なしに1羽ずつスコープで確認していたのです。


何羽めかのカワラヒワを確認したあと、
スコープを動かしたらいきなり真っ赤な喉が目に飛び込んできたのでびっくり。

うわっ! ノゴマがいるー!


急いでポケットからカメラを取りだし、電源を入れて、
もう一度スコープを確認したら・・・・・すでに姿はありません(>_<)

くぅ~~~っ! 飛び去ってしまったのか?

千載一遇のチャンスだと思ったのに。。。。残念無念・・・(T_T)

いかにももったいなくて・・・諦めきれずに同じ木の中を探していたら・・・
やややっ、左側の奥の方に赤い喉が見えたのです♪
枝移りしただけだったのね。 ラッキ~!!

かろうじて1枚だけ証拠写真を撮ったところで・・・飛び去ってしまいましたが。。。

滑り込みセーフでしたね♪ ヽ(^。^)ノ

ノゴマ♂

たまたま♂だったからすぐにわかったけれど…
(仮に♀だったとしたら・・・たぶんわからなくて見逃してしまったと思うのです。)

鳥見の神様に感謝しつつ・・・ちょっと拡大した画像もアップしてみました。

ノゴマ♂

PageTop

オオタカ

林道を歩いていて、見通しのよいところで立ち止まり・・・
遠くに見えるアンテナに何気なく目をやったとき、
なんとなく鳥が止まっているようなボッチが見えたので・・・

もしかしてオオタカだったりして~、と何気なくスコープを向けてみたら・・・
ほんとにオオタカ(成鳥)が止まっていたので思わずにんまり♪

でもでも、あまりに遠いのです。(^_^;)
そこへ到着するまで、止まっていてくれるかどうか定かではないけれど・・・

せっかく見つけたのだから、ままよ、とばかりに行ってみることにしました。
10分ほどで、別の道からアンテナの見えるところまでたどり着き・・・
ああ、よかった!まだ止まっていた~~♪ とりあえず保険に1枚撮り。

さらに歩いたところでそろそろ証拠写真を撮って・・・

オオタカ成鳥

今度は慎重に隠れながら・・・と歩き始めたら・・・翼を・・・

あっ、やばっ!


一瞬飛んで飛んでしまったのかと思ったら、
水平に数メートル移動しただけでした。  ホッ。。。


見れば、止まっている横棒のずっと左側に、ハシボソガラスが止まっていて・・・
オオタカはそちらをしきりに気にしているようでした。

オオタカ成鳥

オオタカ成鳥

オオタカ成鳥


いやーな予感は的中して・・・
やっぱりハシボソガラスはオオタカを追い払ってしまいました。

まったくふんとにボソってやつは・・・
飛ばしただけじゃなく、 “その場所” に自分が止まらなければ気が済まないのね~。。。(`´)
 

オオタカを追い払ったハシボソガラス

PageTop

枝に噛みつく(…??)ミサゴ

東側に1キロほど離れたところに止まっていたミサゴ、
そのうがぷっくりふくらんでいたのでお食事は済んだと思うのですが…

いったいなにやってんだかー?な、わけのわからない行動を見せてくれたので・・・
かなり遠くて画像はいまいちなのですけどアップしてみました。


いきなり、目の前に伸びる枝をがしっと咥えたと思ったら
左右にはげしく頭を振るのです。

まるで・・・捕えた獲物を振り回す哺乳類みたいに。 思わず『ええーーっ?!』とびっくり。

枝の上で安定が悪いので、翼を広げてバランスを取っています。
・・・枝を齧ってどうするんだー?

ミサゴ

わかりにくいのでちょっと拡大

ミサゴ

はじめは、やけに羽をばたつかせるけど、どうしたのかな?ぐらいに思っていたけれど・・・
まるで枝に八つ当たりしているみたい・・・

ミサゴ

これもちょっと拡大

ミサゴ

こんなことを延々と繰り返すミサゴ。
いったいなにやってんだか。。。??

ミサゴ

ボケるのを承知でこれも拡大・・・(^_^;)

ミサゴ



10分以上もこんなことを繰り返していたのですが・・・
いったいなにしてるんでしょうね~~?

ミサゴ

ミサゴ

PageTop

ノスリ

農道を歩いていると…
前方行く手の疎林の中に猛禽らしい茶色の鳥が飛び込むのが見えました。
追いかけてきたカラスも2羽・・・

スコープで確かめると、どうやらノスリのようで・・・
近くの枝から枝へと飛び回るしつこいカラスを、首を回して見ていましたが、
いやがって飛んでしまうようにも見えないので、少し近づいてみることに。。。

ノスリ


まだちょっと遠いなぁ~~
どこにも隠れるところがないので、覚悟を決めてだるまさんが転んだ作戦開始です。


ノスリ

だいぶ近づいてきたけれど・・・どうかな・・・?
このあたりが限界か・・・? と思いつつ・・・さらに数メートル・・・

ここで2回シャッターを押してところで、ついに飛んでしまった。。。(^_^;)

ノスリ

PageTop

仲睦まじいメジロ♪

ぴったり寄り添ったメジロが・・・うふふ♪

仲がいいなぁ~~~♪  

右側のメジロ・・・気持よさそう~~~♪

メジロ

メジロ

メジロ

PageTop

キビタキ

去年のジョウビタキの初認日は18日だったのですが、、、
待ち遠しいけれど今年はまだ会えていません。

そんなことを思いながら展望台に立っていると・・・
すぐ近くから『カタカタ・・・』と声が聞こえてきました。

あっ、どこかにジョウビタキがいるのかも?と思い、
声のする方を注目していると、、、


ひょいとすぐ前のカラスザンショウに飛んできたのは、
ジョウビタキではなくて、なんと、、、キビタキだったのです♪(嬉)

そのときには、てっきり♀だと思っていたのですが・・・
帰ってから画像を確認してみると、
♀とはちょっと色合いが違うような気がするし・・・
喉から胸のあたりに黄色が見えるし・・・

もしかしたら、このキビタキは♂の幼鳥なのでしょうか。。。?

誰か教えてくださーい!

キビタキ


数秒間しか見ていないし、腰の色も確認できていないけれど・・・(^_^;)
キビタキに会えるかもしれないと思って、何度も通い詰めた甲斐がありました♪

PageTop

くつろぐハヤブサ

鉄塔の上のほうに鳥が止まっているように見えたので、
車を止めて双眼鏡で確認したらハヤブサ(成鳥)でした♪


あまりに仰角が大きすぎるので尾羽よりも翼のほうが長く見えてしまいます。
それにしても、爪の鋭いこと~!

ハヤブサ成鳥

尾羽を広げたところ、、真ん中の尾羽が何枚か抜けているみたいです。

尾羽を広げるハヤブサ


そのうが膨らんでいるようには見えないのですが、さほど空腹ではないようで・・・
獲物を狙っている様子もなく、なんとなくくつろぎモードなのでした♪

ハヤブサ


まったく動かないと、しまいには退屈してしまうけれど・・・
じっくりと眺めていたらいろいろなポーズを見せてくれました♪

ハヤブサの伸び~~ ハヤブサ
尾羽が抜けているのが目立ちます 脚が痒かった?
ハヤブサのカキカキ ハヤブサのブルブル
ハヤブサ ハヤブサ

PageTop

羽コレ

信じられないようなことだけど・・・


我が家の前の道路や、塀の際に、鳥の羽が落ちていた。
それが、ただものじゃなかったものだから・・・


びっくり!・・・そして、にんまり♪


最初に縁石の脇で2枚だけ見つけたときには、
てっきりどこかから飛ばされてきたのかと思ったけれど・・・

あっちに1枚、そっちにも1枚と・・・
集めてみたらこんなにありました。

ツツドリ(赤色型)の羽

最初に初列風切を拾ったときはホトトギスかと思ったのですが、
羽図鑑で大きさを確認したら・・・ツツドリでした♪

しかも・・・赤色型!(嬉)
久々に羽コレ追加です♪  ヽ(^。^)ノ

PageTop

黒いハクセキレイ

海岸に下りたところで、遠くの岩場でなにか白いものが動くのが見えました。
双眼鏡を向けてみると、ミサゴがカラスを威嚇して翼を広げたところだったのがわかりました。

カラスが狙っているということは、きっと魚を掴んでいるのだろうな。

スコープで確認してみると、かなり大きな魚を掴んでいるのでした♪
ここからではあまりにも遠いので、もう少し近づこうと砂浜を歩きだしたところで・・・
飛んでしまった。。。がっくし。。。(;一_一)

ミサゴが掴んだ魚をカラスが狙っている


せっかく見つけたミサゴが飛んでいってしまったので、
駐車場に引き返したのですが・・・
前方の草の間を歩いていたハクセキレイを見て、あれ??


左側は普通のハクセキレイなのに、向きが変わるたびにやけに真っ黒に見える・・・
じっくりとながめてみれば・・・


左側から見ると普通のハクセキレイ。
外側尾羽は白いものの、
後ろ側や、右側から見ると、全体的にすすけたように黒くなっていました。

部分白化した個体はときどき見かけるけれど、
黒くなった個体を見たのは、数年前のホオジロ以来二度目のことです。

ボケた画像しか撮れなかったですが・・・(^_^;)

黒いハクセキレイ

黒いハクセキレイ

黒いハクセキレイ


★追記★

すっかり忘れていたのですが・・・
黒いキジを見たことがあったのを思い出しました。

http://blogs.dion.ne.jp/akasyo/archives/1896326.html(2005年9月16日)

黒いホオジロの記事はこちらに(無関係なタイトルですが、ホオジロの画像は最後にあります)

http://blogs.dion.ne.jp/akasyo/archives/1780318.html(2005年8月30日)

PageTop

飾り棚のムクドリ

あらまっ!


あと1羽止まってくれたら・・・面白い絵になるじゃん♪。。。なーんて思っていたら・・・

ムクドリ



以心伝心・・・・・・・なわけないか・・・・(笑)


ムクドリ


さんざん探しまわって収穫がなかった朝でも、
こんなシーンを見つけると、、、思わずにんまりしてしまいます♪

PageTop

エゾビタキ幼鳥

昨日の続きになります。

ミズキの実を食べるエゾビタキの幼鳥。
もしかしたら4日に見たのと同じ個体かもしれません。

エゾビタキ幼鳥


敷石の上に下りてしばしポーズをとるエゾビタキ。
そのあと、草の上をさかんにホッピングしてなにかをついばんでいました。

木の実でも落ちていたのでしょうが、
けっこう長いこと地面にいたのは意外な気がしました。

エゾビタキ幼鳥

エゾビタキ幼鳥


★おまけ★

私に気付いていなかったのか、すぐ近くにキジバトが・・♪

キジバト

PageTop

5羽のアトリ♪

2か所ほどフィールドをチェックして、さしたる収穫もないまま、
先週5羽のサシバを見送ったフィールドへ・・・

いつもキビタキを期待してここに来ているのに、、、
姿を見せるのはエゾビタキばっかりなのよね~などとバチあたりなことを考えていると・・・

やっぱりいました、エゾビタキ。
と、すぐ近くから『ジュィ~~!ジュィ~!』と尻あがりの大声が聞こえます。

はて・・・? あの声は。。。? 聞いたような気がしないでもないけれど…誰だっけ??
ん~~~。。。考え付かないまま、声は聞こえなくなってしまいました。

ややしばらくして、、、再びさっきの『ジュィ~~!』

近くの枝に、さっきのエゾビタキが戻ってきて・・・
その奥の枝にも、小鳥が止まるのが見えたのですが・・・

オレンジ色がちらりと見えたような気がして必至で探したら、アトリがいました♪(嬉)

大声の主はアトリだったのね~

アトリ

そういえば、カワラヒワやマヒワの『ジュイーン』とか『チュィ~ン』という声によく似ていたのでした。
アトリの尻あがりの『ジュィ~!』はもっと大きな声でしたが、
やはり親戚同士、似た声で鳴くものですね(笑)

1羽が飛んで・・・また1羽、あとからもう1羽・・・と続き、全部で5羽でした。


『ジュジュジュ。。。』とつぶやくように鳴きながら付近の木を移動するアトリは、
30分あまり、私を楽しませてくれたあと、展望台から隣の山の方へ移動していきました。

アトリ

アトリ

アトリ

アトリ

アトリが飛んでいくのを見送っていると、目の前をオオタカが横切り、
上空には3羽のアマツバメが白い腰を見せて飛び、
前方には2羽のミサゴが鳴き交わしながら飛んでいます。

さらにこのあとには、地面に下りたエゾビタキの幼鳥が
たっぷり楽しませてくれるというおまけつきでした♪

おまけについては、、、明日書くことにしますので・・・お待ちください。m(__)m

PageTop

まだ残っていたアマサギ

農道を歩いていたら、鳴きながら頭の上をムナグロの群れが飛びました。
20±というところでしょうか。

このあたりでは毎年ムナグロが越冬しており、
そろそろいるかなぁと思っていたところだったので、双眼鏡で行く手を確かめ・・・
下りたと思われるあたりを目指して行ってみたけれど・・・
なかなかムナグロの群れを見つけることはできません。。。(^_^;)


そのとき、前方に見える休耕田に白いサギが20羽ほど集合しているのが見えました。
スコープで数羽を確認すると、チュウサギだったので、
てっきり全部がチュウサギだとばかり思い、写真を撮りながら少しずつ近づいてみると…

その中に5羽ほどアマサギが入っていました。
真っ白な冬羽になっているから、今まで見落としていただけかも・・・?
ちゃんと見ていなかったのだなぁ、とちょっと反省(^_^;)

アマサギ

アマサギに気付いたので、丁寧に1羽ずつ確認していったら、コサギも混じっていました。
せっかくなのでスリーショットのチャンスを待ってみた♪


左から、アマサギ、チュウサギ、コサギ
アマサギ、チュウサギ、コサギ



★おまけ★
途中で見かけたセッカ

アマサギ


同じ畑にノビタキが3羽。
200メートルほど先で、鋭く鳴きながら7羽のケリが飛ぶのが見えました♪
冬の小鳥たちはまだ到着していないようです。。。

PageTop

ツツドリ

入り江でアリスイに遭ったあと、
飛んで行った左手の岩場の奥のほうからずっと鳴き声が聞こえているので、
また戻ってくるのを期待してそのまま15分ほど待ってみましたが・・・

声が遠ざかってしまったので、あたりをひとまわりしてから
またさっきの畑の方に行ってみることにしました。

畑への道を曲がったところで、、、
ふと、電線に止まっていた鳥に気付いて足を止めました・・・・・


えっ?・・・まじ?・・・うっひょ~~!♪ヽ(^。^)ノ


そこにはやけに黒く見えるハトサイズの鳥が止まっていて、、、
『キョッ。・・・キョッ。・・・キョッ。』
とゆっくり一声ずつ鳴いていて・・・

胸にはくっきりと横縞があって、ホトトギス科の鳥だったのですから~♪


ホトトギスはヒヨドリサイズなので、大きさから考えるとツツドリのようです(嬉)
やけに黒っぽいのは幼鳥だからでしょうか?

ツツドリといえば、森の奥から聞こえてくる
『ポポ、ポポ、ポポ・・・』と方向のつかめない声ばかりで、、、

その姿をはっきりと見たことは一度もありませんでした。
(8月の末にホトトギス科の鳥を見て、もしや?と思ったけれど遠かったので同定できず)

そんなわけで、このツツドリが成鳥なのか幼鳥なのかいまいちよくわかりません(^_^;)


誰が教えてくださーい!


ツツドリ

ツツドリ

ツツドリ

ツツドリ

PageTop

アリスイ

そろそろアリスイが渡ってくるころと思い、探しに行ってみました。
鳴き声が頼りなので、畑の間の狭い道をうろうろしていると・・・
モズの声に混じって確かにアリスイの声が聞こえました♪

が、声の聞こえてくる木は、畑の脇の荒れ地を通らないと見ることができません。

その荒れ地は去年よりもさらに丈高く雑草がはびこっていて、
どうしても奥まで入ることができず・・・
もたもたしているうちに声が聞こえなくなってしまいました(>_<)


仕方なく別のところを探すつもりで海岸の方へ回り、
途中の竹やぶの間から小さな入り江を覗いてみると・・・

そこはいつもゴミやら海藻やらで砂浜が埋め尽くされている場所なのですが、
台風のときの波がそれらを竹やぶの間にぎっちりと押し込んでしまったようで、
いつもは足の踏み場のない砂浜が見違えるようにすっきりしていたのでちょっとびっくり。

何気なしに砂浜に下りたら・・・
1羽の鳥が右手の竹やぶに飛んでゆくのが見えたのです。
竹の途中に止まった鳥にスコープを向けたら、わぉっ!アリスイではないですかー♪

鳴き声は聞こえていなかったので、すごく得した気分。

しかも、、、、そこから3メートルほど離れた竹にも同じサイズの鳥が・・・
もしや(!)と確認してみれば、これもまたアリスイではないですか♪

アリスイ

数年前にアリスイが鳴き交わしているのを聞いたことがありましたが、
このときはもう1羽の姿が確認できなくて・・・

この季節複数のアリスイがいるらしいとは思っていましたが、
同時に2羽見たのは初めてだったので、ラッキーでした♪



エゾビタキやノビタキも見かけたし、コムクドリの群れもまだ見られました。

初めてツツドリを見た話は次の記事に書くことにします。

やっぱり、岬はエキサイティングですね~♪


ツツドリを初めて見つけてすっかり気分をよくし、車へ戻る途中のこと・・・
ラッキーなことに再びアリスイに遭うことができました。
電柱の脇の低い電話柱(?)の上部に縦に止まっていたので、

たまにはキツツキの仲間らしい止まり方もするのね……と思いつつスコープを覗けば、
腐食して開いた穴の中にいる虫を引っ張り出して食べていたのでした(^_^;)

アリスイ

アリスイ

すぐ下の電線に下りたアリスイ

アリスイ

別の電線に止まったのを撮ろうとしたところで・・・飛んでしまいました(^_^;)

アリスイ

PageTop

にらめっこ♪

思いがけず7羽のタマシギが一緒にいるのを見つけてしまいました♪
スコープの視界には5羽しか入りませんでしたが・・・
見つけたのは7羽とも♂、先月見た2羽の♀もどこかにいるはずなので・・・

全部見られたら、なんとも豪勢な鳥見になるところなのですが・・・

タマシギ

成鳥♂と幼鳥の羽色の違いをじっくり確かめようと一生懸命見るのですが・・・
見ればみるほどいまいちよくわからなくなってしまうのでした(^_^;)

一番手前は幼鳥で、すぐ後ろにいるのは成鳥♂
並んでいるとわかるのですが・・・後ろの2羽はいまいちはっきりと確認できません。

タマシギ

30分もフリーズしているのはさすがに疲れたのか
幼鳥が逃げだしてしまいました。

タマシギ

1羽が逃げ出すと、触発されたように次々に葦の後ろ側へ入ってしまうタマシギたち。
やっと緊張を解いた幼鳥たちがお尻を振り振り採餌するのが葦の隙間から見えました。

最後までじーっと私を睨んで(?)いた♂
なんだかにらめっこをしている気分になってしまいました(笑)

タマシギ


白い腰を見せて目の前をクサシギが飛んでいきました。
今シーズン初だったし、2羽いたのでとりあえず証拠写真だけ撮って。。。(^_^;)

クサシギ

PageTop

サシバの渡り

台風一過の朝、5羽のサシバが海を渡っていくのを見送りました♪

月曜から雨天が続き、台風がきて・・・
今年はもうサシバが渡るのを見るチャンスはないかと思っていましたが、
そろそろ引き上げようかと思い始めた時間に、タイミングよく3羽のサシバが姿を現しました。

おっ!と注目していると、後ろにさらに2羽。
5羽のサシバは頭の上を大きく旋回しながら上昇気流に乗って、徐々に高度を上げていきました。
豆粒にしか撮れないのはわかっていてもついついデジしてまいます。。。(^_^;)

サシバ

サシバ

サシバ

時間限定ウォッチャーは、このあとに続くサシバがいたかどうかわからないのが残念ですが・・・


ヒヨドリも徐々に集合しているようです、50羽ほどの群れがあたりを飛び回っていました。
この群れが次第に大きくなって、彼らもまた海を渡っていくのですが・・・

ときにはこんなに大きな群れになることも。

渡りの季節は楽しみがいっぱいですね♪



コオロギのような虫を咥えたエゾビタキを見つけました。

虫を捕えたエゾビタキ

あたりをひとまわり飛んでから、ちょうど見やすい枝に 止まってくれました♪

エゾビタキ

カワラヒワもポーズをとってくれました♪ 

 カワラヒワ

PageTop

逆さ徳利

夫が、『車庫の裏にハチの巣があるぞー!』と言います。
えぇ~~!と見にいってみると、
あらまぁ、なんと、見事な芸術作品ができているではありませんか。

ネットでいろいろ調べてみたら、どうやらこれはコガタスズメバチの巣らしいのですが・・・

コガタスズメバチの巣

そのサイトによると・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++

コガタスズメバチの女王蜂が作った巣は
逆とっくり型なので他種と容易に区別がつきます。

コガタスズメバチの巣がとっくり型であれば、
巣にいる成虫は攻撃性がほとんどない女王蜂だけ


ところが、コガタスズメバチの働き蜂が羽化してくると、
とっくり型の先端部がかじりとられて球状になります。
このように巣が球状になっていたら事情は一変し、
働き蜂は攻撃性がありますから危険度は一気に上がります。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ということなので、とりあえず徳利型をしている間は安心のようです。
しかも、写真を撮るために脚立に乗って近くで見てみると、

小さな穴がいくつもあるし、入口がボロボロになっているみたいだし・・・
もしかしたらすでに放棄されてしまったものかもしれません。

とりあえず、このまま様子を見ることに・・・(^_^;)

何年か前にも、庭木にこんな逆さ徳利がくっついていたことがあって、
珍しい形だったので、取ってしまうのもためらわれ、
そのうちに記念にはずしておこうかと思っているうちに、
うっかりホースの水で壊してしまったのです。

その巣は放棄されたものだったらしくて、水圧でもろくも崩れてしまったのでした。

PageTop

エゾビタキと遊ぶ♪

久しぶりに晴れそうだし、休みだし、たぶん今日はサシバが渡るはず♪
と張り切っていたのに・・・寝坊したために予定が狂ってしまいました。。。(^_^;)

フィールドに到着したのが遅かったのでサシバはまったく見られませんでしたが、
エゾビタキをたっぷりと楽しむことができました♪
何度も出現するのが同じ個体か別の個体なのかいまいちわからないものの、
少なくとも3羽はいたようです。

エゾビタキ

エゾビタキ

エゾビタキ

背中に白い幼羽が残る若鳥も見かけました。

エゾビタキ



♀のモズが頻繁に姿を見せましたが、すでにこのあたりに縄張りが確定したらしく
まったく高鳴きをすることはありませんでした。

エゾビタキ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。