鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カニを食べるチュウシャクシギ

川下海岸


今朝の海岸はかなり潮が引いていて、露出した岩の間を歩きながら採餌中のチュウシャクシギが数羽見つかりました。
オオソリハシシギが1羽いたので、たぶん24日に見たのと同じ群れだと思いますが、岩の間では完全に保護色、しかも分散しているので、確認できたのは6羽程度でした。

岩の隙間にくっついている小さな巻貝でも食べているらしく、
嘴をツンツン差し込みながら、もう入れ食い状態で食べ続けていました。
ただし、カニを捕まえたときだけは別…
嘴でカニを挟んだまま、安全な場所(逃げられないように平らな場所を探すのかも?)に移動するようです。
一旦カニを置いてハサミを切り落としたり、何回かにわけて飲み込んでいました。

チュウシャクシギ


チュウシャクシギ


チュウシャクシギ


バケツと銛を持ったおじさんが潮溜まりに近づくとシギたちはみんな港の方に飛び去ってしまったので、私も川沿いの散歩コースに移動しました。
対岸の竹やぶからオオヨシキリの声。
『ギョギョシ・・・ゲッ・・・・ギョギョ・・・ゲチゲチ・・・』と途切れ途切れの、まだ囀りとも言えない声です。

数回で鳴きやんでしまったので姿は確認できませんでした。
大きめの魚を咥えたカワセミが上流に向かって飛んでいくのを確認。
どうやら、今年は繁殖に成功したようですね。楽しみ楽しみ♪

3月10日に、嘴に泥をつけた♀のカワセミを確認しているので
おおよその計算では5月初旬ころには巣立ちビナが見られるだろうと予想しているのですが…果たして…?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。