鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イソヒヨドリ

よく猛禽が止まるアンテナの、一番てっぺんの部分に止まったイソヒヨドリ
♀ならパスの場所ですけど、きれいな♂だったので撮らせてもらいました。

イソヒヨドリ♂

イソヒヨドリ♂

イソヒヨドリ♂

海に目をやればミサゴが3羽、ゆったりと羽ばたきながら魚を探して飛んでおり…
鉄塔のはるか上空をハヤブサが1羽。
すばやい羽ばたきで海に向かって飛んでゆくのが見えました。

下の道路まで降りて、海岸沿いをぶらぶらしていると
アリスイの声が聞こえてきました。
声のするほうに吸い寄せられて、その姿を探したけれど…
やっぱり声はすれども。。。。でした(^_^;)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

akaitoriさん

『大陸では内陸の岩の多い地域にもすみ、生息地が海岸に限られているのは日本だけのようである』と識別ハンドブックにもありましたが・・
面白いものですね~

けっこう海岸から離れた地域でも見られたり、
ビルの屋上やアンテナでよく囀っていたりするのは、
ある意味、先祖がえりとでも言えるのかも……??

あかしょうびん | URL | 2007年11月10日(Sat)00:37 [EDIT]


イソヒヨドリの学名は『山に棲む者』
英名は『岩のヒタキ』

日本に進出してきたのは比較的最近で、
本来山の岩場に生息するイソヒヨドリが、
分布を拡大する過程で海岸にも生息するようになったようです。

kaitori | URL | 2007年11月09日(Fri)21:20 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。