鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

巣立ち

観察ポイントに着き、その場で待つか、それとも歩くか迷っていると…
対岸の巣のあたりで『チッピーチッピー!』とカワセミの声が聞こえました。
あれれ?いつの間に来たんだろうと対岸に目を向けてみたら…
崖の手前に垂れ下がったダンチクの枝が揺れて、そこに1羽のカワセミが止まっていました。親ではなくてヒナでした。
あらら…なんともあっけない巣立ちでしたが、このヒナは男の子です。

巣立ち直後のカワセミ

数分間ここにとまって、例のしゃっくりのような動作を繰り返し…
やがて少し下の、護岸に生えた潅木の枝に入ります。
次に、10メートルほど左に飛んで護岸のコンクリートの窪みに入り込み、少し登るような動作をしましたが、登れるわけもなく羽ばたいて着地。
そして…数分後には川面を飛んで見えなくなってしまいました。



他の兄弟たちは先に巣立ってしまったのかしら?
もしかしたら途中で会えるかもしれないと、河口まで行ってみましたが…
ママは見かけたけれどヒナには会えません(^_^;)
どこかに止まっているはずなのでもう一度引き返しながらゆっくり対岸の護岸をチェック(…いない)

もしかしたら、こっち側にいるのかもー、と思いついて
遊歩道の偽木につかまり身を乗り出して下を覗いたら…あはは、見っけ~~♪

兄弟たちがいれば一緒にいるはずなのに、一人きりで護岸に止まっていました。どうやら、この子は一人っ子のようです。
ずっと下の段になったところでしばらくきょろきょろしていたヒナは、今度はひょいっと飛び上がって偽木の外側に止まりました。

私もまさに、その偽木の外側50センチほどのスペースにしゃがんでいたのでほとんど目の高さ。



数十秒後には偽木に止まり、次に何を思ったか歩道の反対側の繁みに入り込んでしまいました。
偽木を乗り越えて歩道に戻り、ヒナが飛び込んだあたりまで歩いてみると、
竹やぶの中に止まっていた巣立ちビナは、コバルトブルーの背中を見せて再び川の上を河口方面に飛んでしまいました。

これ以上追いかけるのも無理そうだし、もうじゅうぶん満足です。
まだ時間に余裕があったのでちょっと別のフィールドに寄り道するつもりで引き上げることにしました。
車に戻る途中、上流から弾丸のように飛んできたカワセミの嘴の先には、魚が見えたような気がしました。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

MGさん

まだ嘴が短くて、いかにも幼い感じが可愛いですね。
自力で餌が捕れるようになるまでは、パパやママと一緒に行動するのでしょうが…

当分の間は、この幼鳥から目が離せませんね(笑)


あかしょうびん | URL | 2007年05月11日(Fri)00:23 [EDIT]


Aprilfoolsさん

去年は繁殖に失敗していたので、今年はぜひとも確認したかったのです。
たった1羽だけでしたが、元気で生き延びるられるといいですね。

>デジスコの環境を整えることにしました。
そうなんですかー!また楽しみにしておりますね♪


あかしょうびん | URL | 2007年05月11日(Fri)00:12 [EDIT]


お早うございます。
やはり頭でっかちですがもう立派な姿をしていますね。完全に巣立っているようです。

MG | URL | 2007年05月10日(Thu)09:18 [EDIT]


ヒナ可愛いですね。
ヒナはいろいろなものに狙われているのでしょうね。
デジスコの環境を整えることにしました。

Aprilfools | URL | 2007年05月10日(Thu)05:18 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。