鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヒメアマツバメに乗っ取られたコシアカツバメの巣

コシアカツバメの巣に白いものが見えたので近づいてみると…
入り口にはたくさんの羽毛がつけられていました。
これはヒメアマツバメが巣を使ったという印。







この巣を占領したヒメアマツバメは、すでに繁殖を終えたはずで、現在は空家ですが…
壊れた別の巣ではスズメが繁殖中で、さかんに餌を運んでいました。

残念ながらあたりにコシアカツバメの姿は見えませんでした。。。(>_<)
去年の8月に見にきたときの様子は、、、

http://akasyo.blog101.fc2.com/blog-entry-137.html

今日見つけたのは、↑のときにはなかった(気づかなかった?)巣のような気が…
ヒメアマツバメのコロニーもすでに消滅してしまったので、羽毛つきの巣はなかったと思うのです。

この春に、新たにヒメアマツバメが利用したのかもしれません。
だとすると、今年コシアカツバメが渡ってきたときには…
またもや巣は占領されてしまっていて、(;゜゜)(。。;)..まったく気の毒なことですね~(T_T)


残念なので、以前にここで繁殖したコシアカツバメの画像をアップしてみました。

細々と繁殖していたころ
2005年7月

巣立ちビナ
翼を震わせて餌をねだる巣立ちビナ(2005年8月)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

えむはんさん

たぶん、そういうことだと思っているのですが・・
どこまで正解なのかはわからないです~(^_^;)

あかしょうびん | URL | 2008年08月07日(Thu)01:08 [EDIT]


あかしょうさん、すみません(^_^;)。
なるほどそういうことなんですね(^-^)。
丁寧に説明していただいて恐縮ですm(__)m。
ありがとうございます(^O^)。
メモメモφ(.. )…

えむはん | URL | 2008年08月06日(Wed)07:51 [EDIT]


えむはんさん

>アマツバメ類は、攻撃的なんですかね~。
ヒメアマしか知りませんが…攻撃的というのではなくて…
コシアカツバメが渡ってきたころには(ツバメよりもずっと遅いです)すでにヒメアマが巣を占領してしまっているわけで…

普通なら前年の巣を補修してすぐに繁殖準備にかかれるのに、一から巣を作らなければならないわけで…
結果的に繁殖妨害(?)になるということなのだと思います。

あかしょうびん | URL | 2008年08月06日(Wed)00:06 [EDIT]


はぁ…そうなんですか。ツバメの勢力図が塗り変えられていくのを、目の当たりにしてきたのですね~(TT)。アマツバメ類は、攻撃的なんですかね~。

えむはん | URL | 2008年08月05日(Tue)22:03 [EDIT]


えむはんさん

ヒメアマが来る前は、ここにはコシアカツバメの平和なコロニーがあったんですよ。
1991年ころからヒメアマがコシアカの巣を利用するようになりました。
初めはコロニーの一番端っこの列だけに羽毛がついている巣を見つけ、へぇー、ヒメアマツバメがいるんだー!と珍しがっていたのですけれど…

年々ヒメアマは増え続け、コシアカが少数派になってしまって…
ほんとにヒメアマときたら!ですよね。
いつもコシアカにエールを送っていたのですが…今年はまだ見ていないです~(T_T)

あかしょうびん | URL | 2008年08月05日(Tue)00:30 [EDIT]


コシアカ、何日もかけてせっかく作ったのに、ヒメアマと来たら! ですね~。それでも種を存続させるコシアカは、たくましいですね!

えむはん | URL | 2008年08月04日(Mon)20:14 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。