鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドロタ島のミサゴ

海岸から1キロほど沖合いに浮かぶ岩に、いつも釣り人がいるのは把握していました。
こんなに小さな岩に、多いときには5~6人もの人が釣竿を垂らしているのです。
きっとよいポイントなんだろうなぁ・・・と思っていたのですが・・・

今朝は、その遠くの岩に立つ棒のようなものの先にミサゴが止まっているのを見つけました。
で、ミサゴの写真を撮ろうと、スコープで真剣に見てみると…
ただの棒のように見えたものは、ちゃんと土台ごと岩に取り付けてあり、
なにやらコンクリートの杭のようなものも見えていて、思わず『へぇ~~~!』

で、この岩のことがあらためて気になってきたのです。
調べてみると、25000分の1の地形図に、ちゃんとこの島は出ていて、
名前は『ドロタ島』とありました。

ミサゴが止まっている棒は『チャランボ』というらしいです。『荷かけ棒』のことみたい。。。
釣りをする方にはおなじみなのでしょうが、まったく知りませんでした(^_^;)


私『ミサゴが止まっているこの棒はなにかしらね?』
夫『避雷針じゃないの?』
私『ふーん、雷が鳴っているようなときにここで釣りする人もいないと思うけどねぇ…?』

などと朝食後の間抜けな会話があったのでした。。。ははは。。。(^^ゞ



ミサゴ

ミサゴの後ろのほうにはミズナギドリの仲間がけっこう飛び交っていました。

ミサゴ

ミサゴ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Aprilfoolsさん

ほんとですね~
越夏していたものか、それとも早くに渡ってきたものか、わからないのですが…
8月にミサゴを見たのは初めてのような気がします。

あかしょうびん | URL | 2008年08月25日(Mon)00:16 [EDIT]


先日、野鳥の森の近くでもミサゴを見かけましたが、夏でもいるのですね。

Aprilfools | URL | 2008年08月24日(Sun)00:38 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。