鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トゲツノ仮面

大きなイタドリの葉っぱの裏に、ツノが生えた幼虫がくっついていました。
大きさは1.5センチほど。



イラガの仲間の幼虫だと思いますが…
画像を拡大してみたら、なんとびっくり!
顔が見えるではないですか~(笑)

それにしても…ツノがあるだけでもじゅうぶん面白いと思うのに、こんなにトゲがいっぱい!
おまけに背中には恐ろしげな顔をつけて(サルの顔に見える)…いったい何のため?
どうしてこんなにも摩訶不思議な姿をしているのでしょうね。
鳥が見たらびっくりするのかしらん(^m^)



★追記★
この幼虫は、クロシタアオイラガの幼虫だそうです。
教えてくださったakaitoriさん、感謝!


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

akaitoriさん

>クロシタアオイラガ
いつも助かります、ありがとうございました!! 

幼虫図鑑をチェックしても、いまいち種類が特定できなくて
途中で断念していました。(^_^;) 

あかしょうびん | URL | 2007年07月09日(Mon)00:22 [EDIT]


イラガはクロシタアオイラガみたいですね。

akaitori | URL | 2007年07月08日(Sun)07:16 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。