鳥日和

館山市とその周辺で見られる野鳥たち&やじうま自然観察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

波と戯れるミユビシギ♪

波打ち際近くの細い杭でミサゴが魚を食べていました。
もう残りも少なくなっていたので、飛ばれてしまうのを覚悟で少しずつ距離を詰めていたら…

ミサゴ

やはり100メートルほどで飛ばれてしまいました。


どこかにミユビシギの群れでもいないかと、スコープで海岸線をチェックしてみたら……ビンゴ。

30羽ほどのミユビシギの群れが
波と戯れるように走り回っているのを見つけました。ラッキー♪

ミユビシギ


少しでも近付こうとするのですが…
群れは波間を縫うように駆ける駆ける。
とてもじゃないけど追いつけません(^_^;)


ミユビシギ

群れは見る間に遠ざかってしまって…

ミユビシギ

数分後には、一斉に飛びたち、そのまま沖へ飛んでしまったようです。
うーん、、、ちょっと残念。。。

PageTop

シロチドリの群れ

魚を探して海岸線に沿って飛んでいるミサゴを眺めていました。
同時に3羽も飛んでいると、あっちこっちへ目が行くし、
飛び込む態勢をとるミサゴがいれば、そちらに集中するのですが…

今朝のミサゴは海面寸前で飛び込むのをやめたり、飛び込んでも空振りだったりと成果はいまいち。
結局そのまま1羽は沖合に、あとの2羽は北と南へ飛び去ってしまい…

一応見える範囲の海岸ををチェックしてからフィールドを変えることにして…
スコープで丁寧に砂浜を探してみました。

と、70メートルほど先にシロチドリを1羽発見。数メートル離れたところにもう1羽♪
だいたいの位置を頭に入れて砂浜を歩き、
目印にした防砂ネットの先まで歩いてみたら、体を丸めた片足立ちのシロチドリを見つけました♪

砂浜を目でたどれば…今歩いてきた途中にも点々と片足立ちのシロチドリが。。。
まったく見えてなかった(^_^;)

数えてみたら全部で11羽の群れでした。

みんなが片足ケンケンで一斉に動きだしたり、
翼を伸ばしてくつろいだ様子の子が、突進してきた別のシロチドリをぴょんとジャンプしてやりすごしたり、
小さなつぶやき声で鳴き交わしていたり、とびっきりにキュートです♪

シロチドリ♂

シロチドリ♀

あんまり可愛いので、そのまましばらく眺めていたのですが…
そのとき、沖合から1羽のミサゴが近づいてきたのです。

どうやら餌場を変えるつもりらしく、砂浜に向かって飛んできたのですが…
ミサゴが砂浜の上にさしかかったと思った瞬間に、シロチドリの群れは、
パニックを起こしたように左右にに分かれて慌ただしく飛び去ってしまいました(^_^;)

相手が魚しか食べないミサゴでも…やはり、猛禽にはすばやく反応するのですね~

PageTop

整列したトビ

当地は海に近いので、群れになったトビを見かけることはよくあるのですが…

こんなふうに整然と並んでいるってのは…(?_?)


トビ


確かに壮観ではあるのだけど…

なんだかねぇ~~~(;一_一)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。